月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

鈴木健吾が2時間4分56秒!! 大迫の記録超え、日本人初の2時間4分台/びわ湖毎日マラソン


◇びわ湖毎日マラソン(2月28日/滋賀県大津市・皇子山陸上競技場発着)

 第76回びわ湖毎日マラソンは2月28日、滋賀県大津市の皇子山陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われた。次回は大阪マラソンとの統合が決まっており、琵琶湖畔を舞台とするのは今大会が最後。その節目の大会を制したのは、鈴木健吾(富士通)。史上初の2時間4分台となる2時間4分56秒(速報値)でフィニッシュし、大迫傑(Nike)の持つ日本記録2時間5分29分を更新。神奈川大出身の25歳が快挙を成し遂げた。

「正直こんなタイムが出るとは思わなかったので、自分がびっくりしています」

 大迫の日本記録を上回る1km2分58秒ペースで進んだレースは、25km過ぎに井上大仁(三菱重工)が1人抜け出す展開にとなったが、28kmを過ぎて先頭集団に吸収されると、ペースメーカーが外れた30kmからは6人の優勝争いに。

 33kmからはサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、鈴木健吾(富士通)、土方英和(Honda)の3人に絞られる。そして36.2kmの給水所、給水を取れなかった鈴木がそれを機に一気にスパート。その後はほとんどの1kmごとのスプリットを2分55秒を切るスピードで突っ走った。

 神奈川大3年時の箱根駅伝で2区区間賞、大学卒業前の18年には初マラソンだった東京で2時間10分21秒と好走と、ロードで強さを発揮してきた。富士通入りしてからはケガなどで苦しい時期を過ごしたが、3年目の今季は10000mで27分台を連発、全日本実業団駅伝6区区間賞など活躍。その勢いをマラソンにつなげ、日本記録保持者の称号を手にした。

 2位は社会人ルーキーの土方英和(Honda)で2時間6分26秒、4位までが2時間6分台をマークする超高速レースとなった。

■びわ湖毎日マラソン
1位 鈴木健吾(富士通) 2時間4分56秒=日本新
2位 土方英和(Honda) 2時間6分26秒=日本歴代5位
3位 細谷恭平(黒崎播磨) 2時間6分35秒=日本歴代6位
4位 井上大仁(三菱重工) 2時間6分47秒=日本歴代8位
5位 小椋裕介(ヤクルト) 2時間6分51秒=日本歴代9位タイ
6位 大六野秀畝(旭化成) 2時間7分12秒=自己新
7位 S.カリウキ(戸上電機製作所) 2時間7分18秒=自己新
8位 菊地賢人(コニカミノルタ) 2時間7分20秒=自己新
9位 聞谷賢人(トヨタ紡織) 2時間7分26秒=自己新
10位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2時間7分27秒=自己新



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com