HOME ニュース、国内

2021.02.28

鈴木健吾が2時間4分56秒!! 大迫の記録超え、日本人初の2時間4分台/びわ湖毎日マラソン
鈴木健吾が2時間4分56秒!! 大迫の記録超え、日本人初の2時間4分台/びわ湖毎日マラソン


◇びわ湖毎日マラソン(2月28日/滋賀県大津市・皇子山陸上競技場発着)

 第76回びわ湖毎日マラソンは2月28日、滋賀県大津市の皇子山陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われた。次回は大阪マラソンとの統合が決まっており、琵琶湖畔を舞台とするのは今大会が最後。その節目の大会を制したのは、鈴木健吾(富士通)。史上初の2時間4分台となる2時間4分56秒(速報値)でフィニッシュし、大迫傑(Nike)の持つ日本記録2時間5分29分を更新。神奈川大出身の25歳が快挙を成し遂げた。

「正直こんなタイムが出るとは思わなかったので、自分がびっくりしています」

 大迫の日本記録を上回る1km2分58秒ペースで進んだレースは、25km過ぎに井上大仁(三菱重工)が1人抜け出す展開にとなったが、28kmを過ぎて先頭集団に吸収されると、ペースメーカーが外れた30kmからは6人の優勝争いに。

 33kmからはサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、鈴木健吾(富士通)、土方英和(Honda)の3人に絞られる。そして36.2kmの給水所、給水を取れなかった鈴木がそれを機に一気にスパート。その後はほとんどの1kmごとのスプリットを2分55秒を切るスピードで突っ走った。

 神奈川大3年時の箱根駅伝で2区区間賞、大学卒業前の18年には初マラソンだった東京で2時間10分21秒と好走と、ロードで強さを発揮してきた。富士通入りしてからはケガなどで苦しい時期を過ごしたが、3年目の今季は10000mで27分台を連発、全日本実業団駅伝6区区間賞など活躍。その勢いをマラソンにつなげ、日本記録保持者の称号を手にした。

 2位は社会人ルーキーの土方英和(Honda)で2時間6分26秒、4位までが2時間6分台をマークする超高速レースとなった。

■びわ湖毎日マラソン
1位 鈴木健吾(富士通) 2時間4分56秒=日本新
2位 土方英和(Honda) 2時間6分26秒=日本歴代5位
3位 細谷恭平(黒崎播磨) 2時間6分35秒=日本歴代6位
4位 井上大仁(三菱重工) 2時間6分47秒=日本歴代8位
5位 小椋裕介(ヤクルト) 2時間6分51秒=日本歴代9位タイ
6位 大六野秀畝(旭化成) 2時間7分12秒=自己新
7位 S.カリウキ(戸上電機製作所) 2時間7分18秒=自己新
8位 菊地賢人(コニカミノルタ) 2時間7分20秒=自己新
9位 聞谷賢人(トヨタ紡織) 2時間7分26秒=自己新
10位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2時間7分27秒=自己新

◇びわ湖毎日マラソン(2月28日/滋賀県大津市・皇子山陸上競技場発着)  第76回びわ湖毎日マラソンは2月28日、滋賀県大津市の皇子山陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われた。次回は大阪マラソンとの統合が決まっており、琵琶湖畔を舞台とするのは今大会が最後。その節目の大会を制したのは、鈴木健吾(富士通)。史上初の2時間4分台となる2時間4分56秒(速報値)でフィニッシュし、大迫傑(Nike)の持つ日本記録2時間5分29分を更新。神奈川大出身の25歳が快挙を成し遂げた。 「正直こんなタイムが出るとは思わなかったので、自分がびっくりしています」  大迫の日本記録を上回る1km2分58秒ペースで進んだレースは、25km過ぎに井上大仁(三菱重工)が1人抜け出す展開にとなったが、28kmを過ぎて先頭集団に吸収されると、ペースメーカーが外れた30kmからは6人の優勝争いに。  33kmからはサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、鈴木健吾(富士通)、土方英和(Honda)の3人に絞られる。そして36.2kmの給水所、給水を取れなかった鈴木がそれを機に一気にスパート。その後はほとんどの1kmごとのスプリットを2分55秒を切るスピードで突っ走った。  神奈川大3年時の箱根駅伝で2区区間賞、大学卒業前の18年には初マラソンだった東京で2時間10分21秒と好走と、ロードで強さを発揮してきた。富士通入りしてからはケガなどで苦しい時期を過ごしたが、3年目の今季は10000mで27分台を連発、全日本実業団駅伝6区区間賞など活躍。その勢いをマラソンにつなげ、日本記録保持者の称号を手にした。  2位は社会人ルーキーの土方英和(Honda)で2時間6分26秒、4位までが2時間6分台をマークする超高速レースとなった。 ■びわ湖毎日マラソン 1位 鈴木健吾(富士通) 2時間4分56秒=日本新 2位 土方英和(Honda) 2時間6分26秒=日本歴代5位 3位 細谷恭平(黒崎播磨) 2時間6分35秒=日本歴代6位 4位 井上大仁(三菱重工) 2時間6分47秒=日本歴代8位 5位 小椋裕介(ヤクルト) 2時間6分51秒=日本歴代9位タイ 6位 大六野秀畝(旭化成) 2時間7分12秒=自己新 7位 S.カリウキ(戸上電機製作所) 2時間7分18秒=自己新 8位 菊地賢人(コニカミノルタ) 2時間7分20秒=自己新 9位 聞谷賢人(トヨタ紡織) 2時間7分26秒=自己新 10位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2時間7分27秒=自己新

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top