月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

追跡ニューイヤー駅伝 日立物流 別府監督就任1年目の「チーム改革」に着目

 1月1日に行われた第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)は富士通、トヨタ自動車、旭化成の強豪3チームが予想通り強さを発揮してトップスリーを占めたが、その次の4位に入ったのが東日本実業団対抗駅伝で5位だった日立物流。日立電線のチームを譲り受けるかたちで2012年4月に創部し、16年の9位がこれまでのチーム最高成績だった。昨年4月に就任したばかりの別府健至監督は、兵庫・西脇工高では全国高校駅伝で、進学した日体大では全日本大学駅伝で優勝メンバーに名を連ね、さらに1999年に母校・日体大の駅伝監督になってからは、2013年の箱根駅伝で指導者として優勝を経験している。そんな駅伝を知り尽くした男が、実業団の監督1年目に掲げた目標が「ニューイヤー駅伝8位入賞」。選手たちには何を伝え、どんなチーム作りをしてきたのだろうか。

◎文/小森貞子
◎撮影/奥井隆史

東日本も全日本も監督の読み通りの結果に

 これも縁だろう。山梨学院大4年の永戸聖が上田誠仁監督から「日清食品の内定、なくなった」と知らされたのが、2019年1月の箱根駅伝直後だった。就職先として内定をもらっていた日清食品グループが陸上部の規模を縮小することになり、進路が白紙
に。卒業間際の苦境に声をかけてくれたチームの1つが日立物流で、永戸は2月に入社が決まり、あれから2年が経とうとしている。

 入社1年目のニューイヤー駅伝に出番はなく、今年が初出場。1区を走るのは大学3年の箱根駅伝以来だが、「それほど緊張はなかった」と永戸。スタート前、別府監督には「前に出て行かなくていいから」と声をかけられたそうだ。

「1区の役目って自分が『区間賞を取りたい』というより、先頭といかに秒差を小さくするかだと思うんです。だから、スローペースの中で、『最後に出ればいいから』と後ろで我慢していました」

 永戸は高崎中継所を目前にしてのスパート合戦で、トップの富士通から6秒遅れの6位。自身「上出来」という走りで2区のリチャード・キムニャンにタスキをつなぐと、昨年の全日本実業団対抗選手権10000m優勝のキムニャンが5人抜きでトップに躍り出る快走。3区の栃木渡は「うれしい気持ちもありましたけど、まさかトップで来るとは……」と、想定外の驚きもあったようだ。

 栃木は順大3年時の箱根駅伝で4区の区間賞を取った、入社3年目の選手。松戸市に拠点を置く日立物流は大学と同じ千葉県内にあり、「江戸川沿いの堤防や21世紀の森など、練習環境がいいので決めた」と言う。入って1年目からニューイヤー駅伝で各チームのエースが集う最長4区(22.4㎞)を任されたのはいいが、区間29位の洗礼。「チームの中ではしっかり練習を積めていたと思ったんですけど、いざ走ってみて、実業団の厳しさを知りました」と、栃木は苦い思い出を振り返った。

 今回は「どの区間も走れるように準備をして」というコーチングスタッフからの指示を受けていた中での3区。11月末の八王子ロングディスタンス10000mで28分09秒05の自己ベストを出し、上り調子で迎えた元日の駅伝は区間13位。順位は5番手に下がったが、4区にエースの設楽啓太、7区に移籍1年目の服部翔大と経験豊富な29歳コンビを配した今回は、「4区以降に(順位を)上げることができると踏んでいた」(別府監督)。

 案の定、いったん7位まで下げた順位をアンカーの服部が4位へ引き上げてフィニッシュし、上には〝3強〟と言われたチームだけ。別府監督は「いきなり4位は出来すぎですね」と笑うが、内心「6位ぐらいを考えていた」とも。栃木は「東日本実業団対抗駅伝は5番を目指すと言って5番。全日本は入賞と言っていて4番ですから、監督の思惑通りなんです」と、今度の結果でまた選手たちの信頼感が高まった。

チームの目標が「駅伝入賞」で一つに

 別府監督が日立物流の関係者から「お会いしたい」と連絡を受けたのは、昨年のニューイヤー駅伝が終わってそれほど時間が経っていない時期だった。2015年に日体大の駅伝監督を退いてから同大学の教職に就いていたが、その間、指導者の話がまったくなかったわけではない。しかし、「まずは勧誘した学生が卒業するまでは」と次は考えていなかった。それでも会うことを承諾したのは、「5年経って、やはり現場でやりたいという思いが強くなったんでしょうね」。

 結論を出すのは早かった。「ぜひやらせてほしい」と返事をするまでに、1ヵ月はかかっていない。

 今年の4月で55歳。「陸上が好きだから」という別府監督の受託理由は、西脇工高時代の恩師・渡辺公二先生譲りかもしれない。渡辺監督率いる兵庫の西脇工高が、全国高校駅伝で初優勝を飾ったのが1982年(昭和57年)の第33回大会。その時のアンカーが1年生の別府健至だった。

 ちなみに、監督と同時期にHondaから移籍してきた服部は、2013年の箱根駅伝で優勝した時の日体大の5区を務め、ぶっちぎりの区間賞で30年ぶり栄冠の立役者となった。別府監督の教え子になるが、日立物流入りの話はまったく別に進行していたという。ここにも不思議な縁があった。

この続きは2021年2月13日発売の『月刊陸上競技3月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com