月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

3000m障害女王・チェプコエチが5kmロードレースで14分43秒の世界新


2月14日に開催されたモナコ・ランの女子5kmで、B.チェプコエチ(ケニア)が14分43秒の世界新記録で優勝した。「強風の中だったがなんとかペースを上げて走ることができた。この世界記録は本当にうれしい」と喜びを述べた。従来の世界記録はS.ハッサン(オランダ)が2017年に同じ大会で出した14分44秒で1秒更新。チェプコエチは女子3000m障害の世界記録保持者(8分44秒32、18年)で、19年には同種目でドーハ世界選手権に優勝している。

男子5kmはJ.チェプテゲイ(ウガンダ)が13分13秒で制覇。5000m、10000mの世界記録保持者でもあるチェプテゲイは昨年この大会で12分51秒の世界記録をマークしており、2大会連続での優勝となった。(※いずれの記録も公認は保留中)


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com