月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本選手権クロカン前回V浦野雄平、1万m日本新の田村和希、女子は田中、廣中らエントリー


2月27日に行われる日本選手権クロスカントリー(福岡・海の中道海浜公園)の主催者がエントリー選手を発表した。

シニア男子10kmには、前回大会を制した浦野雄平(当時・國學院大、現・富士通)や、同2位の田村和希(住友電工)が登録。また、ベテランの今井正人(トヨタ自動車九州)や一色恭志(GMOインターネットグループ)もエントリーしている。

学生勢も有力選手が多数登録。箱根駅伝の2区で日本人トップだった日体大の池田耀平、東海大の塩澤稀夕、東洋大の宮下隼人、青学大の岸本大紀らが登録している。また、注目される1年生世代も勢ぞろい。箱根2区4位の松山和希(東洋大)、3000m障害で日本歴代2位を持つ三浦龍司(順大)、5000mU20日本記録の吉居大和(中大)がエントリーした。

シニア女子8kmは、1500m・3000m日本記録保持者で5000m東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)が出場予定。日本選手権で田中に次ぐ2位に入った廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、同3位の萩谷楓(エディオン)の名もあり、昨年12月の日本選手権5000mで激闘を繰り広げた上位3人がそろってエントリーした。また、大学女子駅伝2冠の名城大からは前回2位の和田有菜と高松智美ムセンビが登録している。

U20では、男子8kmに伊藤大志(佐久長聖高3長野)や吉岡大翔(佐久長聖高1長野)、全国高校駅伝Vの世羅高(広島)が37名エントリー。女子も同Vの世羅高校から加藤姉妹ら11名、神村学園高(鹿児島)の木之下沙椰らが登録した。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com