月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

瀬古リーダー周回コース&男子PM「海外では変わったことではない」世界と対峙するために記録必要/大阪国際女子マラソン

◇大阪国際女子マラソン(1月31日/大阪・長居公園内周回コース)

一山麻緒(ワコール)が自己2番目となる2時間21分11秒で制した大阪国際女子マラソンを終え、日本陸連の尾縣貢・専務理事と瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが会見を行い大会を総括した。

尾縣専務理事は「アスリートに活躍の場を提供したいことと、スポーツの火を絶やさないために、このレースをぜひ実施したいという強い気持ちがあった」と言い、「感染予防対策を含め、レースを開催していただいて感謝したい」と述べた。昨年、「最悪の場合を想定して(周回コースの)検定を受けた」ことも明かした。

長居公園内2.8kmの周回コース、日本記録を狙って男子選手がペースメーカーを務めたことに対して、「賛否あることは理解している」と言い、「今の状況で良い記録を出すためにはこの手段しかなかった」とコメントした。

瀬古リーダーは、「日本記録が出なかったのは残念だが、五輪代表としていろんなプレッシャーがある。楽しみは五輪にとっておくということで」と一山、前田穂南(天満屋)の2人に期待を込める。

また、周回コースと男子ペースメーカーについて問われ、「アフリカ勢と戦う上で記録を出して自信を持つことが大事。五輪ということでチームJAPANとして男子ペースメーカーを起用した。男子ペースメーカーにお礼を言いたい」と述べ、「周回コースは2.8kmは少し短いが海外では普通になっている。海外のマラソンは男女一緒に走るし、(野口みずきの)日本記録も男女混合レース。世界的には変わったことではありません」と説明した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com