HOME バックナンバー
ALL for TOKYO2020+1 前田穂南 チーム初の 「五輪メダリスト」へ準備着々
ALL for TOKYO2020+1 前田穂南 チーム初の 「五輪メダリスト」へ準備着々

 2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し、東京五輪の女子マラソン代表に決まった前田穂南(天満屋)。2000年のシドニー五輪から4大会連続で同種目のオリンピック代表を輩出している名門チームが、満を持して送り出す日本の「メダル候補」の1人だ。

 2020年は2月の青梅マラソンで30㎞の日本新記録を樹立したのを手始めに、トラックでは5000m、10000mの自己ベストを更新。その流れから「予定通りに東京五輪が開かれていれば……」という思いは誰もが抱くが、1年延期されてもまだ伸びしろのある24歳。コロナ禍で米国での高地トレーニングがままならないなか、五輪前のマラソンレースを1月31日の大阪国際と決め、前田は2時間20分突破の自己ベストを狙う。

◎文/小森貞子
◎撮影/米岡伸剛(写真ナガセ)

〝2度目の五輪イヤー〟を迎えて

 12月20日に、天満屋の本拠地・岡山市で行われた山陽女子ロードレース(ハーフ)で2020年を締めくくった前田穂南(天満屋)。年末年始は山口・周防大島で合宿し、1月6日からは宮崎・青島へ移動して、この雑誌が発売される頃には、大阪国際女子マラソンに向けての練習が佳境を迎えていることだろう。

 1年前の正月は、米国ニューメキシコ州のアルバカーキにいた。チームが長年、高地トレーニングの拠点にしている合宿地だ。本来の東京五輪イヤーが明け、帰国後、実家に寄った前田は、近くの神社へ初詣に出掛けて「金メダルが取れますように」と手を合わせた。翌年また、2度目のお願いをすることになるとは想像もしていなかった。

「大阪(国際女子マラソン)が終わったら少しお休みがもらえると思うので、また実家に帰って、お参りをして来ようと思います」

 前田はこの1年で起きた社会情勢の変化を心静かに受け入れ、仕切り直しのオリンピック・イヤーを迎えた。

 2000年のシドニー大会に山口衛里を出場させて以降、天満屋の武冨豊監督は04年のアテネに坂本直子、08年の北京に中村友梨香、そして12年のロンドンには重友梨佐と、4大会連続でオリンピックの女子マラソン代表を育て上げた。その間、高地トレーニングのノウハウやオリンピックに臨むコンディション作りなど指導者としての経験を蓄積させていき、5人目の前田にはすべての引き出しから必要なものをチョイスして準備を進めた。

 昨年2月の青梅マラソンで、初めて30㎞レースに出場させたのもその一つ。パリ世界選手権(2003年)で代表を決めたアテネ五輪の金メダリスト・野口みずきは、五輪年に入ると青梅マラソンに出場して、1時間39分09秒の大会記録を作った。野口と同様、オリンピックの約1年前に代表を決めた前田も、野口の〝金メダル・ロード〟にあやかって青梅マラソンに出場し、その大会記録を破れば自信につながるはず……。そんな監督の思惑をはるかに超え、前田は大会記録どころか、やはり野口が持っていた日本記録(1時間38分49秒)を破る1時間38分35秒で優勝した。

「あとは、いつも通り米国で練習をやっていけばいい」

 手応えを得た武冨監督はオリンピック本番から逆算してトレーニングメニューを組み、あっけらかんと「金メダルを狙いたいです」とメディアに語る前田に苦笑いを見せながらも、その目標を実現するためのサポート態勢を整えていった。ところが、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で、オリンピックの1年延期が決定。出鼻をくじかれた武冨監督の心中は、いかばかりだったか。監督も選手も人前でむやみに感情を吐露するタイプではないが、前田は「先のレースが見えない状態だったので、どうやっていったらいいのか不安はあった」とだけ明かした。

スピード強化を図った2020年

 オリンピックの1年延期は受け止めるしかないとして、コロナ禍で一番の痛手は渡米できないことだった。大きな大会の前には必ず米国で高地トレーニングを組んできた天満屋だけに、国内でも似たような練習環境を求めたが、なかなか難しい。

「アルバカーキでの日課は、午前中に本練習、午後はフィットネスクラブで身体作り。そして、夕方には起伏のある山道でトレイルラン。前田はその流れでやってきたんです」

 武冨監督は、アルバカーキの生活が「練習の柱だった」と言う。ところが、その柱を欠いた2020年。否応なく国内でのスピード強化にシフトし、確かに前田は試合が再開された7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで、5000m(15分31秒51 /千歳)、10000m(31分34秒94 /深川)ともに自己ベストをマーク。青梅マラソンからの好調を維持し、五輪代表としての健在ぶりを示すのに十分な成績を残した。

この続きは2021年1月14日発売の『月刊陸上競技2月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

 2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し、東京五輪の女子マラソン代表に決まった前田穂南(天満屋)。2000年のシドニー五輪から4大会連続で同種目のオリンピック代表を輩出している名門チームが、満を持して送り出す日本の「メダル候補」の1人だ。  2020年は2月の青梅マラソンで30㎞の日本新記録を樹立したのを手始めに、トラックでは5000m、10000mの自己ベストを更新。その流れから「予定通りに東京五輪が開かれていれば……」という思いは誰もが抱くが、1年延期されてもまだ伸びしろのある24歳。コロナ禍で米国での高地トレーニングがままならないなか、五輪前のマラソンレースを1月31日の大阪国際と決め、前田は2時間20分突破の自己ベストを狙う。 ◎文/小森貞子 ◎撮影/米岡伸剛(写真ナガセ)

〝2度目の五輪イヤー〟を迎えて

 12月20日に、天満屋の本拠地・岡山市で行われた山陽女子ロードレース(ハーフ)で2020年を締めくくった前田穂南(天満屋)。年末年始は山口・周防大島で合宿し、1月6日からは宮崎・青島へ移動して、この雑誌が発売される頃には、大阪国際女子マラソンに向けての練習が佳境を迎えていることだろう。  1年前の正月は、米国ニューメキシコ州のアルバカーキにいた。チームが長年、高地トレーニングの拠点にしている合宿地だ。本来の東京五輪イヤーが明け、帰国後、実家に寄った前田は、近くの神社へ初詣に出掛けて「金メダルが取れますように」と手を合わせた。翌年また、2度目のお願いをすることになるとは想像もしていなかった。 「大阪(国際女子マラソン)が終わったら少しお休みがもらえると思うので、また実家に帰って、お参りをして来ようと思います」  前田はこの1年で起きた社会情勢の変化を心静かに受け入れ、仕切り直しのオリンピック・イヤーを迎えた。  2000年のシドニー大会に山口衛里を出場させて以降、天満屋の武冨豊監督は04年のアテネに坂本直子、08年の北京に中村友梨香、そして12年のロンドンには重友梨佐と、4大会連続でオリンピックの女子マラソン代表を育て上げた。その間、高地トレーニングのノウハウやオリンピックに臨むコンディション作りなど指導者としての経験を蓄積させていき、5人目の前田にはすべての引き出しから必要なものをチョイスして準備を進めた。  昨年2月の青梅マラソンで、初めて30㎞レースに出場させたのもその一つ。パリ世界選手権(2003年)で代表を決めたアテネ五輪の金メダリスト・野口みずきは、五輪年に入ると青梅マラソンに出場して、1時間39分09秒の大会記録を作った。野口と同様、オリンピックの約1年前に代表を決めた前田も、野口の〝金メダル・ロード〟にあやかって青梅マラソンに出場し、その大会記録を破れば自信につながるはず……。そんな監督の思惑をはるかに超え、前田は大会記録どころか、やはり野口が持っていた日本記録(1時間38分49秒)を破る1時間38分35秒で優勝した。 「あとは、いつも通り米国で練習をやっていけばいい」  手応えを得た武冨監督はオリンピック本番から逆算してトレーニングメニューを組み、あっけらかんと「金メダルを狙いたいです」とメディアに語る前田に苦笑いを見せながらも、その目標を実現するためのサポート態勢を整えていった。ところが、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で、オリンピックの1年延期が決定。出鼻をくじかれた武冨監督の心中は、いかばかりだったか。監督も選手も人前でむやみに感情を吐露するタイプではないが、前田は「先のレースが見えない状態だったので、どうやっていったらいいのか不安はあった」とだけ明かした。

スピード強化を図った2020年

 オリンピックの1年延期は受け止めるしかないとして、コロナ禍で一番の痛手は渡米できないことだった。大きな大会の前には必ず米国で高地トレーニングを組んできた天満屋だけに、国内でも似たような練習環境を求めたが、なかなか難しい。 「アルバカーキでの日課は、午前中に本練習、午後はフィットネスクラブで身体作り。そして、夕方には起伏のある山道でトレイルラン。前田はその流れでやってきたんです」  武冨監督は、アルバカーキの生活が「練習の柱だった」と言う。ところが、その柱を欠いた2020年。否応なく国内でのスピード強化にシフトし、確かに前田は試合が再開された7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで、5000m(15分31秒51 /千歳)、10000m(31分34秒94 /深川)ともに自己ベストをマーク。青梅マラソンからの好調を維持し、五輪代表としての健在ぶりを示すのに十分な成績を残した。 この続きは2021年1月14日発売の『月刊陸上競技2月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top