月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】駒大13年ぶりV!10区で創価大を大逆転


◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km)

優勝候補が次々と脱落する戦国駅伝となった第97回大会の箱根駅伝は、往路を制した創価大を10区で駒大が逆転し、10時間56分05秒で13年ぶり7回目の総合優勝を飾った。

1月2日の往路で初優勝を果たした創価大が“逃げる”強みを最大限に生かす。トップでスタートした6区の濱野将基(2年)が区間7位でつなぐと、7区の原富慶季(4年)が区間2位と追う駒大をさらに突き放す快走。8区の永井大育(3年)も大崩れせず、9区・石津佳晃(4年)が区間歴代4位となる1時間8分14秒の区間賞でさらに後続を突き放した。

それを懸命に追っていたのが往路3位の駒大。6区の花崎悠紀(3年)が57分36秒の区間賞を獲得して2番手に上がると、創価大アンカーの小野寺勇樹(3年)が失速するなか、10区で駒大・石川拓慎(3年)が大逆転し、大手町で歓喜のフィニッシュを飾った。

■駒大のメンバー 監督:大八木弘明
1区 白鳥 哲汰(1年)1.03.47(区間16位/通過16位)
2区 田澤  廉(2年)1.07.27(区間7位/通過8位)
3区 小林  歩(4年)1.02.22(区間2位/通過3位)
4区 酒井 亮太(2年)1.04.09(区間11位/通過2位)
5区 鈴木 芽吹(1年)1.12.44(区間4位/通過3位)
6区 花崎 悠紀(3年)57.36(区間1位/通過2位)
7区 花尾 恭輔(1年)1.03.55(区間2位/通過2位)
8区 佃  康平(3年)1.04.48(区間4位/通過2位)
9区 山野  力(2年)1.10.04(区間6位/通過2位)
10区 石川 拓慎(3年)1.09.12(区間1位/通過1位)
補欠 
加藤淳(4年)、青柿響(1年)、円健介(2年)、伊東颯汰(4年)、神戸駿介(4年)、唐澤拓海(1年)


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com