HOME 学生長距離

2020.12.19

【箱根駅伝特集】東洋大・酒井俊幸監督に聞く、トップ3に返り咲くための戦略とポイント
【箱根駅伝特集】東洋大・酒井俊幸監督に聞く、トップ3に返り咲くための戦略とポイント

箱根駅伝直前Special
学生長距離Interview

酒井俊幸監督
Sakai Toshiyuki(東洋大学)

広告の下にコンテンツが続きます

「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューを毎月お届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。12月は箱根駅伝直前Specialと題し、8チームの選手・監督のインタビュー記事を掲載していく。

第2回目は東洋大を指揮する酒井俊幸監督に、箱根駅伝に向けた戦略、目標について語ってもらった。

「まずはトップ3の返り咲きを」

──改めて全日本大学駅伝(6位)の感想と評価をお願いします。

広告の下にコンテンツが続きます

酒井監督 今季は出雲駅伝やロードレースがなく、経験値が少ない若手主体のメンバー構成で前半区間を組みました。十分に期待に応えてくれる走りをしたと思います。ただ7区西山和弥(4年)に関しては課題が残りましたね。そこをうまくまわせれば、3位以内は行けたんじゃないかなという手ごたえはあります。

──全日本は駒大が6年ぶりに勝ちましたが、上位5校をどう見ていますか?

酒井監督 駒大は1年生を2区と3区に並べましたが、中盤以降もうまくしのいで、アンカーの田澤廉君(2年)が学生代表のような走りをしました。非常にバランスのとれたチームだなと思います。一方で、青学大と東海大は取りこぼしがありました。明大、早大は力を発揮しましたし、箱根駅伝もミスのないところが上位に行くんじゃないでしょうか。

──箱根駅伝も混戦になりそうですね。

広告の下にコンテンツが続きます

酒井監督 選手層、エース力、山の特殊性。これらを考えると、優勝の可能性があるのは限られたチームです。コロナ禍のなかでいかにベストコンディションでのメンバーメンバーを組むことができるのか。そして、どの区間で抜き出るのか。勝負の区間に「エース力」を発揮できるかがポイントになると思います。

──箱根駅伝での目標を教えてください。

酒井監督 前回は11年続いていた3位以内が途絶えてしまったので、まずはトップ3の返り咲きを目標に掲げています。トラックの平均タイムは良くありませんし、ハーフの経験がない下級生も少なくありません。そのなかで上位校に戻れる力をつけて、優勝を狙えるような土台を作っていきたいと思います。

──前回の経験者もいますが、区間戦略はどう考えていますか?

広告の下にコンテンツが続きます

酒井監督 上位に来そうな大学は往路に主力を入れてくると思っています。往路優勝を狙っているチームが多いので、その流れに乗り遅れないように、往路からしっかり組んでいきたいです。

──前回は5区で宮下隼人選手(3年)が1時間10分25秒の区間新で区間賞を獲得しています。

酒井監督 宮下に関しては5区の起用を有力に考えています。その場合は、5区の連続区間賞が柏原竜二以来いないので、まずは山の代表格になってほしい。できれば、(山の神)4代目にも近づいてほしいなと思っています。

2年連続の5区区間賞へ準備を進める宮下隼人

広告の下にコンテンツが続きます

──気象条件やコンディションが整えば、どれぐらいのタイムを狙わせたいですか?

酒井監督 1時間10分切りはさせたいですね。ただ「山の神」と呼ばれた選手たちは、タイムだけでなく、往路優勝もしているんですよ。最低でも往路優勝しないと「神」とは呼ばれないんじゃないでしょうか。

──3年連続で1区を担ってきた西山和弥選手(4年)の起用はどのように考えていますか?

酒井監督 日本選手権10000mに向けてスピード強化をしてきました。そのスピードを生かした区間に配置できればなと考えています。1区以外の起用も十分に頭のなかに入れています。

広告の下にコンテンツが続きます

──2区についてはいかがでしょうか?

酒井監督 1年生の松山和希など下級生を思い切って起用して、エース候補として育成したいなという考えもありますし、吉川洋次(4年)が順調なので、最上級生にがんばってもらうという考えもあります。チーム状況を見て、決めていくことになると思います。

──2区はどれぐらいのタイムを想定しているのでしょうか?

酒井監督 前回は全体的にハイレベルでした。コンディションにもよりますが、1時間8分00秒前後です。

広告の下にコンテンツが続きます

──今西駿介選手(現・トヨタ自動車九州)が卒業した6区はどのように考えていますか?

酒井監督 今西が抜けたのは戦力的にもムードメーカー的にも大きい。人選は決めかねている状況ですが、59分30秒くらいでカバーできるようにはしていきたいなと思っています。

──総合3位以内に入るための戦略とポイントを教えてください。

酒井監督 前回のように2区で計算できる大黒柱がいません。宮下を5区に起用するときには、5区が最大の武器になってきます。そこを有効活用するために、1~4区をどのようにつないでいくかがポイントです。5区で勢いに乗り、その流れで復路に入っていきたいです。

構成/酒井政人

箱根駅伝直前Special 学生長距離Interview 酒井俊幸監督 Sakai Toshiyuki(東洋大学) 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューを毎月お届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。12月は箱根駅伝直前Specialと題し、8チームの選手・監督のインタビュー記事を掲載していく。 第2回目は東洋大を指揮する酒井俊幸監督に、箱根駅伝に向けた戦略、目標について語ってもらった。

「まずはトップ3の返り咲きを」

──改めて全日本大学駅伝(6位)の感想と評価をお願いします。 酒井監督 今季は出雲駅伝やロードレースがなく、経験値が少ない若手主体のメンバー構成で前半区間を組みました。十分に期待に応えてくれる走りをしたと思います。ただ7区西山和弥(4年)に関しては課題が残りましたね。そこをうまくまわせれば、3位以内は行けたんじゃないかなという手ごたえはあります。 ──全日本は駒大が6年ぶりに勝ちましたが、上位5校をどう見ていますか? 酒井監督 駒大は1年生を2区と3区に並べましたが、中盤以降もうまくしのいで、アンカーの田澤廉君(2年)が学生代表のような走りをしました。非常にバランスのとれたチームだなと思います。一方で、青学大と東海大は取りこぼしがありました。明大、早大は力を発揮しましたし、箱根駅伝もミスのないところが上位に行くんじゃないでしょうか。 ──箱根駅伝も混戦になりそうですね。 酒井監督 選手層、エース力、山の特殊性。これらを考えると、優勝の可能性があるのは限られたチームです。コロナ禍のなかでいかにベストコンディションでのメンバーメンバーを組むことができるのか。そして、どの区間で抜き出るのか。勝負の区間に「エース力」を発揮できるかがポイントになると思います。 ──箱根駅伝での目標を教えてください。 酒井監督 前回は11年続いていた3位以内が途絶えてしまったので、まずはトップ3の返り咲きを目標に掲げています。トラックの平均タイムは良くありませんし、ハーフの経験がない下級生も少なくありません。そのなかで上位校に戻れる力をつけて、優勝を狙えるような土台を作っていきたいと思います。 ──前回の経験者もいますが、区間戦略はどう考えていますか? 酒井監督 上位に来そうな大学は往路に主力を入れてくると思っています。往路優勝を狙っているチームが多いので、その流れに乗り遅れないように、往路からしっかり組んでいきたいです。 ──前回は5区で宮下隼人選手(3年)が1時間10分25秒の区間新で区間賞を獲得しています。 酒井監督 宮下に関しては5区の起用を有力に考えています。その場合は、5区の連続区間賞が柏原竜二以来いないので、まずは山の代表格になってほしい。できれば、(山の神)4代目にも近づいてほしいなと思っています。 2年連続の5区区間賞へ準備を進める宮下隼人 ──気象条件やコンディションが整えば、どれぐらいのタイムを狙わせたいですか? 酒井監督 1時間10分切りはさせたいですね。ただ「山の神」と呼ばれた選手たちは、タイムだけでなく、往路優勝もしているんですよ。最低でも往路優勝しないと「神」とは呼ばれないんじゃないでしょうか。 ──3年連続で1区を担ってきた西山和弥選手(4年)の起用はどのように考えていますか? 酒井監督 日本選手権10000mに向けてスピード強化をしてきました。そのスピードを生かした区間に配置できればなと考えています。1区以外の起用も十分に頭のなかに入れています。 ──2区についてはいかがでしょうか? 酒井監督 1年生の松山和希など下級生を思い切って起用して、エース候補として育成したいなという考えもありますし、吉川洋次(4年)が順調なので、最上級生にがんばってもらうという考えもあります。チーム状況を見て、決めていくことになると思います。 ──2区はどれぐらいのタイムを想定しているのでしょうか? 酒井監督 前回は全体的にハイレベルでした。コンディションにもよりますが、1時間8分00秒前後です。 ──今西駿介選手(現・トヨタ自動車九州)が卒業した6区はどのように考えていますか? 酒井監督 今西が抜けたのは戦力的にもムードメーカー的にも大きい。人選は決めかねている状況ですが、59分30秒くらいでカバーできるようにはしていきたいなと思っています。 ──総合3位以内に入るための戦略とポイントを教えてください。 酒井監督 前回のように2区で計算できる大黒柱がいません。宮下を5区に起用するときには、5区が最大の武器になってきます。そこを有効活用するために、1~4区をどのようにつないでいくかがポイントです。5区で勢いに乗り、その流れで復路に入っていきたいです。 構成/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top