HOME 特集

2020.12.05

クローズアップ/ニッポン長距離「魂」の継承者10000m日本新・相澤晃の実績を振り返る
クローズアップ/ニッポン長距離「魂」の継承者10000m日本新・相澤晃の実績を振り返る

 12月4日の日本選手権・長距離。男子10000mで衝撃の快走を見せたのが相澤晃(旭化成)だった。

 序盤から先頭集団でレースを進めた相澤。その集団には、連覇を狙う田村和希(住友電工)、旭化成の大先輩・鎧坂哲哉に、生きるレジェンドとも言える佐藤悠基(SGホールディングスグループ)、さらにはマラソン日本記録保持者の大迫傑(Nike)もいた。そして、同世代のライバル・伊藤達彦(Honda)の姿も。

 だが、相澤は冷静なレース運びを見せると、6000m以降の田村、伊藤によるペースアップにも対応。8000mからは外国人との一騎打ちに。ラストまでリズムのいい走りは乱れることなく、27分18秒75の日本新記録を打ち立てて初優勝。2015年に村山紘太(旭化成)が作った日本記録27分29秒69を5年ぶりに10秒以上も更新し、条件を満たして東京五輪代表に内定した。

 相澤は東洋大をこの春に卒業した実業団ルーキー。大学時代は「学生長距離のエース」として輝きを放った。以下が三大駅伝の個人成績。

■三大駅伝成績
1年時(16年度)
出雲―/全日本3区4位/箱根―
2年時(17年度)
出雲2区6位/全日本1区区間賞/箱根2区3位
3年時(18年度)
出雲1区2位/全日本8区区間賞箱根4区区間賞
4年時(19年度)
出雲3区区間賞(新)全日本3区区間賞(新)箱根2区区間賞(新)

 4年時には学生駅伝すべてで区間新記録での区間賞。特に箱根駅伝では、“花の2区”と言われる23.1kmで史上初の1時間5分台となる1時間5分57秒をマークし、不滅と思われたメクボ・ジョブ・モグス(山梨学大)の区間記録1時間6分04秒を11年ぶりに更新した。MVPに当たる金栗四三杯を受賞。ちなみにこの賞には「箱根から世界へ」という創設者・金栗氏の思いが込められている。記録もさることながら、東京国際大の伊藤達彦との15kmにも及ぶ並走は大きな話題を呼んだ。

 福島県須賀川市出身。地元の英雄には、1964年京五輪マラソン・10000m代表の円谷幸吉がいる。その円谷の名を冠した「円谷ランナーズ」で陸上を始めた。地元・学法石川高では松田和宏先生の指導で成長。だが、同期に阿部弘輝(明大→住友電工)、田母神一喜(中大→阿見AC)らがおり、1学年下に遠藤日向(住友電工)と、豪華なメンバーがそろっていたため、全国高校駅伝には3年連続で出場し、5000m13分台を持っていながらも、どちらかと言えば陰に隠れた存在だった。

 東洋大では酒井俊幸監督の指導で力をつけた相澤は、トラック・ロードとも強さを発揮。19年度は駅伝以外にも、ユニバーシアード・ハーフマラソン優勝と実績を残している。

 そんな相澤だが、今年は1月の都道府県男子駅伝でふくらはぎに痛みを抱え(それでも7区区間賞!)、2月には胃腸炎、5月に右脚を痛めるなど、厳しい状況が続いた。「10000mで東京五輪に」を目標としていたが、この時点で参加標準記録さえ突破できていなかった。

 ところが、実業団デビュー戦となった10月の記録会で10000mに出場し、27分55秒76の自己新。この記録で日本選手権の出場権を得ると、11月の九州実業団駅伝で3区区間新の区間賞で優勝に貢献し、満を持して日本選手権を迎えた。

 日本選手権では、箱根2区を彷彿とさせる伊藤と競り合うシーンも。2位に敗れた伊藤も東京五輪の参加標準記録を突破し、来年の結果次第でそろって東京五輪代表に決まるかもしれない。今後、どこまで“一緒”に日本長距離界を牽引していくのだろうか。

 高校、大学、そして旭化成と数々の名ランナーを送り出してきたチームで成長し1964年東京五輪で国民の期待を一身に背負って駆け抜けた円谷幸吉の魂を継ぎ、1911年ストックホルム五輪に日本人第一号として出場し箱根駅伝創設に寄与した金栗四三の想い「箱根から世界へ」を体現する相澤晃。まるで、日本長距離の“DNA”をすべて継承しているようだ。学生長距離のエースから、日本のエースへ。その物語はまだ始まったばかりだ。

あいざわ・あきら/1997年7月18日生まれ。福島県出身。178cm、62kg。学法石川高(福島)→東洋大→旭化成。

■相澤晃の年次ベスト
・5000m
13年(高1) 14.26.39
14年(高2) 14.10.63
15年(高3) 13.54.75
16年(大1) 14.10.17
17年(大2) 13.48.73
18年(大3) 13.40.98
19年(大4) 13.34.94
・10000m
14年(高2) 30.48.17
15年(高3) ――
16年(大1) ――
17年(大2) 28.44.19
18年(大3) 28.17.81
19年(大4) 28.32.42
20年    27.18.75=日本記録

 12月4日の日本選手権・長距離。男子10000mで衝撃の快走を見せたのが相澤晃(旭化成)だった。  序盤から先頭集団でレースを進めた相澤。その集団には、連覇を狙う田村和希(住友電工)、旭化成の大先輩・鎧坂哲哉に、生きるレジェンドとも言える佐藤悠基(SGホールディングスグループ)、さらにはマラソン日本記録保持者の大迫傑(Nike)もいた。そして、同世代のライバル・伊藤達彦(Honda)の姿も。  だが、相澤は冷静なレース運びを見せると、6000m以降の田村、伊藤によるペースアップにも対応。8000mからは外国人との一騎打ちに。ラストまでリズムのいい走りは乱れることなく、27分18秒75の日本新記録を打ち立てて初優勝。2015年に村山紘太(旭化成)が作った日本記録27分29秒69を5年ぶりに10秒以上も更新し、条件を満たして東京五輪代表に内定した。  相澤は東洋大をこの春に卒業した実業団ルーキー。大学時代は「学生長距離のエース」として輝きを放った。以下が三大駅伝の個人成績。 ■三大駅伝成績 1年時(16年度) 出雲―/全日本3区4位/箱根― 2年時(17年度) 出雲2区6位/全日本1区区間賞/箱根2区3位 3年時(18年度) 出雲1区2位/全日本8区区間賞箱根4区区間賞 4年時(19年度) 出雲3区区間賞(新)全日本3区区間賞(新)箱根2区区間賞(新)  4年時には学生駅伝すべてで区間新記録での区間賞。特に箱根駅伝では、“花の2区”と言われる23.1kmで史上初の1時間5分台となる1時間5分57秒をマークし、不滅と思われたメクボ・ジョブ・モグス(山梨学大)の区間記録1時間6分04秒を11年ぶりに更新した。MVPに当たる金栗四三杯を受賞。ちなみにこの賞には「箱根から世界へ」という創設者・金栗氏の思いが込められている。記録もさることながら、東京国際大の伊藤達彦との15kmにも及ぶ並走は大きな話題を呼んだ。  福島県須賀川市出身。地元の英雄には、1964年京五輪マラソン・10000m代表の円谷幸吉がいる。その円谷の名を冠した「円谷ランナーズ」で陸上を始めた。地元・学法石川高では松田和宏先生の指導で成長。だが、同期に阿部弘輝(明大→住友電工)、田母神一喜(中大→阿見AC)らがおり、1学年下に遠藤日向(住友電工)と、豪華なメンバーがそろっていたため、全国高校駅伝には3年連続で出場し、5000m13分台を持っていながらも、どちらかと言えば陰に隠れた存在だった。  東洋大では酒井俊幸監督の指導で力をつけた相澤は、トラック・ロードとも強さを発揮。19年度は駅伝以外にも、ユニバーシアード・ハーフマラソン優勝と実績を残している。  そんな相澤だが、今年は1月の都道府県男子駅伝でふくらはぎに痛みを抱え(それでも7区区間賞!)、2月には胃腸炎、5月に右脚を痛めるなど、厳しい状況が続いた。「10000mで東京五輪に」を目標としていたが、この時点で参加標準記録さえ突破できていなかった。  ところが、実業団デビュー戦となった10月の記録会で10000mに出場し、27分55秒76の自己新。この記録で日本選手権の出場権を得ると、11月の九州実業団駅伝で3区区間新の区間賞で優勝に貢献し、満を持して日本選手権を迎えた。  日本選手権では、箱根2区を彷彿とさせる伊藤と競り合うシーンも。2位に敗れた伊藤も東京五輪の参加標準記録を突破し、来年の結果次第でそろって東京五輪代表に決まるかもしれない。今後、どこまで“一緒”に日本長距離界を牽引していくのだろうか。  高校、大学、そして旭化成と数々の名ランナーを送り出してきたチームで成長し1964年東京五輪で国民の期待を一身に背負って駆け抜けた円谷幸吉の魂を継ぎ、1911年ストックホルム五輪に日本人第一号として出場し箱根駅伝創設に寄与した金栗四三の想い「箱根から世界へ」を体現する相澤晃。まるで、日本長距離の“DNA”をすべて継承しているようだ。学生長距離のエースから、日本のエースへ。その物語はまだ始まったばかりだ。 あいざわ・あきら/1997年7月18日生まれ。福島県出身。178cm、62kg。学法石川高(福島)→東洋大→旭化成。 ■相澤晃の年次ベスト ・5000m 13年(高1) 14.26.39 14年(高2) 14.10.63 15年(高3) 13.54.75 16年(大1) 14.10.17 17年(大2) 13.48.73 18年(大3) 13.40.98 19年(大4) 13.34.94 ・10000m 14年(高2) 30.48.17 15年(高3) ―― 16年(大1) ―― 17年(大2) 28.44.19 18年(大3) 28.17.81 19年(大4) 28.32.42 20年    27.18.75=日本記録 [gallery columns="4" link="file" ids="18757,18759,18705,8142,18758,7999,7998,8000"]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top