HOME ニュース、海外

2020.12.06

【海外】21歳のデュプランティス史上最年少で年間MVPに輝く/世界陸連アワード
【海外】21歳のデュプランティス史上最年少で年間MVPに輝く/世界陸連アワード


12月5日WA(世界陸連)のワールドアスレティックスアワード2020が発表された。
最優秀選手に贈られる「ワールドアスリートオブザイヤー」には、男女各1名が選出され、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)に贈られた。

デュプランティスは2月に室内で6m18の世界記録をマーク。屋外でも6m15を跳び、セルゲイ・ブブカの世界歴代最高記録を更新した。今年は16回の競技会に出場し無敗で終えている。先月21歳になったばかりで、史上最年少でワールドアスリートオブザイヤーに選ばれた。
女子三段跳のロハスは2月21日の世界室内ツアー・マドリード大会で15m43を跳び、室内世界記録を7cm更新した。屋外でも今季世界最高の14m71を記録している。

受賞者・受賞団体は以下のとおり。
■ワールドアスリートオブザイヤー2020
男子 A.デュプランティス(スウェーデン/棒高跳)
女子 Y.ロハス(ベネズエラ/三段跳)

■加盟国賞(Member Federation Award)
ポーランド陸上競技協会(Polish Athletics Association)
■Covidインスピレーション賞
アルティメットガーデンクラッシュ(R.ラヴィレニ/フランスのアイディアによる棒高跳オンライン競技会)
■会長賞
トミー・スミス、ピーター・ノーマン、ジョン・カルロス
(1968年メキシコシティ五輪の表彰式で黒い手袋をつきあげ人種差別についての抗議を表明した)
■コーチングアチーブメント賞
ヘレナ・デュプランティスとグレッグ・デュプランティス
(A.デュプランティスの両親でありコーチングチーム)
■アスリートコミュニティ賞
陸上のクラブ(※WAアスリート委員会が主導し、この困難な年におけるアスリートへの尽力に感謝の意を表すために創設された賞。「この賞は、パンデミック全体でアスリートにサポートを提供し、トレーニング施設へのアクセスの交渉、衛生の確保、地元の大会を開催した世界中のすべての陸上クラブに贈られます。アスリートは皆地元クラブの継続的なサポートにとても感謝しています」とR.ラヴィレニ委員長
■フォトオブザイヤー
マイケル・スティール(Michael Steele/ゲッティイメージズ)がケニア・エルドレッドでのディスカバリークロスカントリー選手権に参加する子供たちを撮影した写真

12月5日WA(世界陸連)のワールドアスレティックスアワード2020が発表された。 最優秀選手に贈られる「ワールドアスリートオブザイヤー」には、男女各1名が選出され、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)に贈られた。 デュプランティスは2月に室内で6m18の世界記録をマーク。屋外でも6m15を跳び、セルゲイ・ブブカの世界歴代最高記録を更新した。今年は16回の競技会に出場し無敗で終えている。先月21歳になったばかりで、史上最年少でワールドアスリートオブザイヤーに選ばれた。 女子三段跳のロハスは2月21日の世界室内ツアー・マドリード大会で15m43を跳び、室内世界記録を7cm更新した。屋外でも今季世界最高の14m71を記録している。 受賞者・受賞団体は以下のとおり。 ■ワールドアスリートオブザイヤー2020 男子 A.デュプランティス(スウェーデン/棒高跳) 女子 Y.ロハス(ベネズエラ/三段跳) ■加盟国賞(Member Federation Award) ポーランド陸上競技協会(Polish Athletics Association) ■Covidインスピレーション賞 アルティメットガーデンクラッシュ(R.ラヴィレニ/フランスのアイディアによる棒高跳オンライン競技会) ■会長賞 トミー・スミス、ピーター・ノーマン、ジョン・カルロス (1968年メキシコシティ五輪の表彰式で黒い手袋をつきあげ人種差別についての抗議を表明した) ■コーチングアチーブメント賞 ヘレナ・デュプランティスとグレッグ・デュプランティス (A.デュプランティスの両親でありコーチングチーム) ■アスリートコミュニティ賞 陸上のクラブ(※WAアスリート委員会が主導し、この困難な年におけるアスリートへの尽力に感謝の意を表すために創設された賞。「この賞は、パンデミック全体でアスリートにサポートを提供し、トレーニング施設へのアクセスの交渉、衛生の確保、地元の大会を開催した世界中のすべての陸上クラブに贈られます。アスリートは皆地元クラブの継続的なサポートにとても感謝しています」とR.ラヴィレニ委員長 ■フォトオブザイヤー マイケル・スティール(Michael Steele/ゲッティイメージズ)がケニア・エルドレッドでのディスカバリークロスカントリー選手権に参加する子供たちを撮影した写真

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top