月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】相澤、新谷、田中3人が東京五輪決定 マラソン・競歩合わせて内定16人に


東京五輪の代表選考会を兼ねて12月4日に行われた日本選手権・長距離で、男子10000mの相澤晃(旭化成)、女子10000mの新谷仁美(積水化学)、同5000mの田中希実(豊田自動織機TC)の3人が新たに東京五輪代表に内定した。

新型コロナウイルスの影響により東京五輪が1年延期。世界陸連(WA)はパンデミックの状況から、五輪の参加標準記録およびワールドランキングのポイント対象を、2020年4月6日から11月末まで有効期間外と決めた(マラソン・競歩については9月1日から有効)。そのため、10月に新潟で行われた日本選手権を含め五輪選考の対象とはならず、今回の日本選手権・長距離が競技会再開後初めての五輪選考会となった。

日本陸連は12月1日から有効となることが決まってから、長距離種目(5000m、10000m、3000m障害)を12月に開催することを決め、フィニッシュ時点で参加標準記録を突破した優勝者に五輪内定を1枠与えることとした。今回、男女10000mで日本記録を更新して制した相澤、新谷、そして昨年参加標準記録を突破していた女子5000mの田中が代表に内定した。

これにより、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)と付随するMGCシリーズで内定済みのマラソン代表男女3名ずつと、競歩の男子5人・女子2人に、今大会での3人を加え、16人が東京五輪代表に決まった。なお、昨年のドーハ世界選手権で決勝に進出した男子4×100mリレーも出場権を得ている。

■東京五輪 陸上の代表内定者(2020年12月時点、所属右は最終学歴)
●男子
10000m 相澤晃(旭化成/東洋大卒)
マラソン 中村匠吾(富士通/駒大卒)、服部勇馬(トヨタ自動車/東洋大卒)、大迫傑(Nike/早大卒)
20km競歩 山西利和(愛知製鋼/京大卒)、池田向希(東洋大)、高橋英輝(富士通/岩手大卒)
50km競歩 鈴木雄介(富士通/順大卒)、川野将虎(東洋大)
●女子
5000m 田中希実(豊田自動織機TC/西脇工高卒、同志社大在学中)
10000m 新谷仁美(積水化学/興譲館高卒)
マラソン 前田穂南(天満屋/大阪薫英女学院高卒)、鈴木亜由子(日本郵政グループ/名古屋大卒)、一山麻緒(ワコール/出水中央高卒)
20km競歩 岡田久美子(ビックカメラ/立教大卒)、藤井菜々子(エディオン/北九州市立高卒)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com