月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【短距離】山縣亮太 五輪へ向け「質を上げたい」膝の治療と並行してトレーニング再開


男子短距離で、16年リオ五輪4×100mリレー銀メダリストの山縣亮太(セイコー)がオンライントークイベント「DREAM AS ONE. × 父子チャレンジアカデミーSPECIAL FES.」にゲストとして参加。ライバルであり、リレーの仲間でもある桐生祥秀(日本生命)、飯塚翔太(ミズノ)、多田修平(住友電工)らとトークを繰り広げた。

昨シーズンは日本選手権直前に肺気胸を患い欠場。その後は回復に努めたものの、11月には足首を痛めた。冬季は米国に渡ってトレーニングを積んできたものの、今度はコロナ禍で実戦から遠ざかる。復帰戦となった8月23日のセイコー・ゴールデングランプリでは10秒42(-0.3)でまさかの予選敗退。さらに右膝を痛め、2年連続で日本選手権の舞台に立てなかった。

イベントのアンバサダーを務めた為末大氏(400m日本記録保持者)とのトークでは、「勉強の1年だった」と山縣。「練習の強弱のつけ方や身体の使い方を見直すきっかけになりました」と振り返る。それでも、ライブ配信を視聴する子供たちに向けて、「ケガやしんどい時期など、苦しいことはありましたが、それも楽しい」と言い、勝負強さの秘訣を聞かれ、「ギリギリまでネガティブなことを考えますが、スタートラインに立った時に『勝っても負けてもいいじゃん。頑張ったんだから』と開き直る」と明かした。

トークを終えた後の取材では「忘れかけていた陸上を楽しむということを思い出せた。それが伝わればいい」と山縣。コロナ禍にあって、「アスリート、スポーツの価値というものを改めて考えさせられた」とも。現在も膝の違和感は残っており、「治療をしながらトレーニングを並行して行っています。まだ走練習はしていません」と現状を明かす。東京五輪に向けて、「まずは参加標準記録(10秒05)を突破すること。焦らず身体作りをしてから質を上げていきたい。春は国内のグランプリからシーズンインできれば」と見据えている。

このイベントは、NPO法人幼児教育従事者研究開発機構が主催。為末氏がアンバサダーを務め、スポーツの楽しさを知ったり、障がいのあるなしに関係なくスポーツを体験したりすることを目的に、毎年、親子で参加できるスポーツイベントとして実施されている。今回は新型コロナウイルスの影響により、オンラインで公開され、500人の親子が視聴した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com