月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【イベント】桐生、山縣、飯塚、多田が集結! 親子向けオンライントークイベント「スポーツの楽しさ」伝える


日本を代表する豪華スプリンターたちが久しぶりに集結。11月28日、オンラインで公開されるトークイベントに、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)、山縣亮太(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)、多田修平(住友電工)が参加した。

「DREAM AS ONE. × 父子チャレンジアカデミーSPECIAL FES.」と題したイベントで、NPO法人幼児教育従事者研究開発機構が主催となり、400mハードル日本記録保持者の為末大氏がアンバサダーを務めている。スポーツの楽しさを知ったり、障がいのあるなしに関係なくスポーツを体験したりすることを目的に、毎年、親子で参加できるスポーツイベントとして実施。今年はコロナ禍のため、オンラインで公開されるトークイベントとして行われ、定員500人が無料でライブ配信を視聴した。

トークイベントでは、オープニングで室伏広治スポーツ庁長官からのビデオメッセージが流され、「小さい頃からいろいろなスポーツを楽しんでほしい」と言葉を寄せた。アスリートが日々トレーニングを積む「味の素ナショナルトレーニングセンター」と「国立スポーツ科学センター」の紹介VTRでは貴重な内観を紹介。その後は為末氏とゲストアスリートたちによるトークセッションが繰り広げられた。

「こんなふうに集まるのは久しぶりで珍しい」と選手たち。親子向けのイベントということもあり、「小さい頃はどんな子供だったか」「親の教育方針は」といったテーマから、走り方のアドバイスなどが展開。各選手とも「小さい頃は活発で外で遊び回る子供だった」と口をそろえ、両親からも「あまりうるさく言われずに育った」と、自身の幼少期を振り返る。また、共通点としてサッカーや野球、水泳などさまざまなスポーツに親しんでいたという。

ゲストアスリートとして、アテネ・パラリンピックのマラソン金メダリストである高橋勇市(三菱商事)も参加。視覚障がいを持つ高橋は、「どうしても東京大会に出たいという思いから、マラソンで勝てなくなったなら別の種目で」と3年前からトライアスロンを始め、東京大会を目指している。実際に、短距離陣がアイマスクをしてスタート姿勢を体験するなどし、「こうしたイベントを通じて、障がい者に対する知識や対応などを小さい頃から知ってもらえれば」と語る。

アンバサダーを務めた為末氏は、「スポーツは楽しむのが大切。自分のためにやることがみんなのためになるということを忘れずにいてほしい」と、後輩や視聴者にメッセージを送った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com