HOME 国内、大学

2024.06.15

栁田大輝 決勝は10秒13でV「うまく組み立てができなかった」準決勝で追い風参考9秒97/日本学生個人
栁田大輝 決勝は10秒13でV「うまく組み立てができなかった」準決勝で追い風参考9秒97/日本学生個人

男子100mで優勝したものの、タイムが伸びず天を仰いだ栁田大輝

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)2日目

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の2日目が行われ、男子100m決勝は栁田大輝(東洋大)が10秒13(+1.4)をマークして優勝した。

準決勝で追い風参考ながら9秒97(+3.5)をマークしていた栁田。決勝は「記録を意識しないようにして、準決勝と同じ動きをする」ことに集中しようとしたが、「と言っても、無理なので」と苦笑い。

スタート直後に「少しつんのめってしまって、うまく組み立てができなかった」と悔やむ。タイムを見て笑いながら崩れ落ちた。

それでも、力が上がっていることは確認できた。特に、昨年まで課題だったラストで“暴れて”しまうところも、「準決勝はかなり追い風があっても、中盤以降のスピードに乗るところも悪くなかった。ラスト20mは崩れかけましたが、だいぶまとまったレースができました」と振り返る。

身体も二回りは大きくなり、「筋量も1年前から2kg増えました」。特に肩周りや臀部が発達し、力強い加速に磨きがかかった。

今季、噛み合っていなかったのがスタート。準決勝では、「ブロックの後ろ(右脚)を少し下げていたのですが、今回はアジア選手権(10秒02のベスト)と同じくらいに」と2メモリほど前に出し、左右の幅を縮めたところで「ポンっと出られた」という。

パリ五輪の参加標準記録(10秒00)には届かない状態で日本選手権を迎えるが、「スタートから準決勝と同じ感じで走れれば。スタートがカギになる。日本選手権で同じ動きをすればいいというのが明確になりました」と焦りはない。

ワールドランキング(Road to Paris)でも出場圏内につけており「しっかり2位以内に入ること」を最優先に臨む。

2位に入った守祐陽(大東大)も好走。予選で10秒13(1.9)の自己新、準決勝は10秒16(+0.7)、決勝も10秒19と3本10秒1台をそろえた。

「布勢スプリントを棄権して2週間ほど練習を積めました。パリのリレー候補になる10秒08を意識していましたが、今日は正直10秒1くらいかなと思っていました。日本選手権で決勝に残って、10秒08を出したい」と話した。

関口裕太(早大)も予選で10秒29(+1.1)、準決勝を10秒20(+3.5)、決勝で10秒27と力走した。

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)2日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の2日目が行われ、男子100m決勝は栁田大輝(東洋大)が10秒13(+1.4)をマークして優勝した。 準決勝で追い風参考ながら9秒97(+3.5)をマークしていた栁田。決勝は「記録を意識しないようにして、準決勝と同じ動きをする」ことに集中しようとしたが、「と言っても、無理なので」と苦笑い。 スタート直後に「少しつんのめってしまって、うまく組み立てができなかった」と悔やむ。タイムを見て笑いながら崩れ落ちた。 それでも、力が上がっていることは確認できた。特に、昨年まで課題だったラストで“暴れて”しまうところも、「準決勝はかなり追い風があっても、中盤以降のスピードに乗るところも悪くなかった。ラスト20mは崩れかけましたが、だいぶまとまったレースができました」と振り返る。 身体も二回りは大きくなり、「筋量も1年前から2kg増えました」。特に肩周りや臀部が発達し、力強い加速に磨きがかかった。 今季、噛み合っていなかったのがスタート。準決勝では、「ブロックの後ろ(右脚)を少し下げていたのですが、今回はアジア選手権(10秒02のベスト)と同じくらいに」と2メモリほど前に出し、左右の幅を縮めたところで「ポンっと出られた」という。 パリ五輪の参加標準記録(10秒00)には届かない状態で日本選手権を迎えるが、「スタートから準決勝と同じ感じで走れれば。スタートがカギになる。日本選手権で同じ動きをすればいいというのが明確になりました」と焦りはない。 ワールドランキング(Road to Paris)でも出場圏内につけており「しっかり2位以内に入ること」を最優先に臨む。 2位に入った守祐陽(大東大)も好走。予選で10秒13(1.9)の自己新、準決勝は10秒16(+0.7)、決勝も10秒19と3本10秒1台をそろえた。 「布勢スプリントを棄権して2週間ほど練習を積めました。パリのリレー候補になる10秒08を意識していましたが、今日は正直10秒1くらいかなと思っていました。日本選手権で決勝に残って、10秒08を出したい」と話した。 関口裕太(早大)も予選で10秒29(+1.1)、準決勝を10秒20(+3.5)、決勝で10秒27と力走した。

【動画】準決勝で9秒97w 栁田の走りをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top