HOME 国内、大学

2024.06.15

100m山形愛羽が11秒41!!「二次加速が修正できた」土井杏南のU20日本記録を12年ぶりに更新/日本学生個人
100m山形愛羽が11秒41!!「二次加速が修正できた」土井杏南のU20日本記録を12年ぶりに更新/日本学生個人

24年日本学生個人選手権女子100mにU20日本新の11秒41で優勝した山形愛羽

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)2日目

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の2日目が行われ、女子100mで歴史が動いた。世界リレーの日本代表にも選ばれた大学ルーキーの山形愛羽(福岡大)が、決勝で11秒41(+1.7)をマーク。土井杏南(埼玉栄、現・JAL)が2012年に出した11秒43のU20日本記録を12年ぶりに塗り替えた。

「日本選手権までに出したいと思って意識していました」と笑顔を見せる山形。準決勝では追い風参考ながら11秒36(+3.4)をマークしていたため「絶対に自己ベスト(11秒46)は更新できると思っていました。U20日本記録は今年しかチャンスがないのでそのために頑張ってきました。うれしいです」。

昨年のインターハイ100m、200m2冠の“ゴールデン・ルーキー”。熊本から福岡大に進学したのは「強くなるなら行くしかない」と覚悟し、「信岡(沙希重)先生や、兒玉(芽生)さん、久保山(晴菜)さんらと練習できて、毎日日本選手権みたい」な環境で自らを高める。

今季課題だったのが「二次加速」だといい、「スタートして前傾するところからスムーズにつなげていきたかった。そこが勝負だと思っています」。この日のレースはまさに、その中盤までに抜け出して勝負を決めていた。

日本選手権では「絶対にメダルを取ると意識してやっています」と山形。大きな瞳を輝かせながら、2週間後の決戦に向けて闘志を燃やしていた。

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)2日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の2日目が行われ、女子100mで歴史が動いた。世界リレーの日本代表にも選ばれた大学ルーキーの山形愛羽(福岡大)が、決勝で11秒41(+1.7)をマーク。土井杏南(埼玉栄、現・JAL)が2012年に出した11秒43のU20日本記録を12年ぶりに塗り替えた。 「日本選手権までに出したいと思って意識していました」と笑顔を見せる山形。準決勝では追い風参考ながら11秒36(+3.4)をマークしていたため「絶対に自己ベスト(11秒46)は更新できると思っていました。U20日本記録は今年しかチャンスがないのでそのために頑張ってきました。うれしいです」。 昨年のインターハイ100m、200m2冠の“ゴールデン・ルーキー”。熊本から福岡大に進学したのは「強くなるなら行くしかない」と覚悟し、「信岡(沙希重)先生や、兒玉(芽生)さん、久保山(晴菜)さんらと練習できて、毎日日本選手権みたい」な環境で自らを高める。 今季課題だったのが「二次加速」だといい、「スタートして前傾するところからスムーズにつなげていきたかった。そこが勝負だと思っています」。この日のレースはまさに、その中盤までに抜け出して勝負を決めていた。 日本選手権では「絶対にメダルを取ると意識してやっています」と山形。大きな瞳を輝かせながら、2週間後の決戦に向けて闘志を燃やしていた。

【動画】山形愛羽が100m11秒41!U20日本新の走りをチェック!

女子100m学生歴代10傑

●100m 11.32 1.9 髙橋萌木子(平成国際大3) 2009. 6. 7 11.35 -0.2 兒玉芽生(福岡大3)    2020. 9.12 11.36 1.8 二瓶秀子(福島大M2)    2001. 7.14 11.41 1.7 山形愛羽(福岡大1)    2024. 6.15 11.43 2.0 市川華菜(中京大3)    2011. 4.29 11.47 2.0 青山華依(甲南大2)    2022. 4.16 11.48 1.5 石川優(青学大1)     2021. 6. 5 11.51 2.0 前山美優(新潟医療福祉大4)2017. 6.10 11.52 1.8 北風沙織(北翔大4)    2007. 4.30 11.53 1.3 広沢真愛(日体大3)    2018. 8. 4 11.53 1.5 青野朱李(山梨学大4)   2022. 4.16

女子100mU20日本歴代10傑

11.41 1.7 山形愛羽(福岡大1)     2024. 6.15 11.43 1.8 土井杏南(埼玉栄高2埼玉)  2012. 5.13 11.46 1.4 御家瀬緑(恵庭北高3北海道) 2019. 9. 8 11.48 1.5 石川優(青学大1)      2021. 6. 5 11.54 1.7 髙橋萌木子(埼玉栄高3埼玉) 2006. 9.10 11.56 -0.1 石堂陽奈(立命館慶祥高2北海道) 2019. 8. 5 11.56 -0.4 青山華依(大阪高3+大阪)   2021. 3.28 11.57 2.0 齋藤愛美(倉敷中央高2岡山) 2016.10. 7 11.58 1.7 藏重みう(中京大中京高2愛知)2021.10. 2 11.60 1.6 福島千里(北海道ハイテクAC) 2007. 6.29 11.60 1.1 三浦由奈(柴田高3宮城)   2019. 6.27

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top