HOME 高校

2024.06.03

七種競技・本多七 高2歴代3位の5214点! 1年生・梅田大陸が男子中距離2冠 男子100mは年綱晃広が快勝/IH兵庫県大会
七種競技・本多七 高2歴代3位の5214点! 1年生・梅田大陸が男子中距離2冠 男子100mは年綱晃広が快勝/IH兵庫県大会

IH兵庫県大会女子七種競技とやり投の2種目で優勝した本多七

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

兵庫県大会は5月31日~6月2日の3日間、神戸市のユニバー記念競技場で開催された。

女子七種競技では本多七(園田学園2)が高校歴代12位、高2歴代3位となる5214点の県高校新記録で連覇を達成。やり投(45m21)と合わせて2冠を達成した。

昨年に高1歴代最高の4991点を記録している本多は、「5000点を超えるのが目標。兵庫高校記録(5176点)は出せたら良いなと思っていました」と最初の100mハードルで14秒18(-1.3/953点)の好スタートを切る。得意の砲丸投とやり投でそれぞれ10m85(585点)、42m95(724点)と他を大きく突き放し、苦手の800mも2分29秒84(695点)でまとめた。

元日に震災のあった石川県出身の本多。「石川県出身としてこの結果を知ってもらって、少しでも元気になっていただけたらと思います」と地元にメッセージを送っていた。

女子では、仲埜心葉(市西宮3)が100m(11秒99/-1.0)と200m(23秒97/-0.9)の2冠に輝いた。さらに200mは県高校新記録の好タイム。24秒24の2位だった齋藤朱里(北摂三田3)も従来の大会記録(24秒50)を上回った。また、齋藤は400mを54秒93の好記録で制している。

100mハードルでは井上凪紗(滝川二2)が13秒70(+0.5)の大会新記録で優勝。七種競技でも4791点で2位に入っている。中長距離では池野絵莉(須磨学園)が1500m(4分23秒52)と3000m(9分14秒02)の2冠を果たした。

男子は3年前の全中100mチャンピオンの年綱晃広(滝川二3)が200mで21秒22(-0.5)の大会新で快勝。100mも10秒79(-1.1)で制して2冠を達成している。

中長距離では梅田大陸(須磨学園)が1年生ながら800m(1分54秒53)と1500m(3分52秒96)の2種目V。今年の都道府県対抗男子駅伝で2区2位の実力を発揮した。

110mハードルでは松前大雅(星陵3)が準決勝で14秒22(+1.9)の大会新記録をマーク。決勝でも14秒26(+1.3)の好タイムで優勝を飾った。

走幅跳で藤本涼哉(小野3)が7m40(+1.0)、三段跳で磯山福太郎(西宮東2)が14m75(+2.3)の好記録で制している。

学校対抗は男子が108点を獲得した社が3年連続12回目、女子は86点の園田学園が2年ぶり5回目の優勝をそれぞれ果たしている。

優秀選手には200mで大会新記録を樹立して100mとの2種目優勝を成し遂げた年綱と仲埜が選ばれた。

近畿大会は6月13日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居で行われる。

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 兵庫県大会は5月31日~6月2日の3日間、神戸市のユニバー記念競技場で開催された。 女子七種競技では本多七(園田学園2)が高校歴代12位、高2歴代3位となる5214点の県高校新記録で連覇を達成。やり投(45m21)と合わせて2冠を達成した。 昨年に高1歴代最高の4991点を記録している本多は、「5000点を超えるのが目標。兵庫高校記録(5176点)は出せたら良いなと思っていました」と最初の100mハードルで14秒18(-1.3/953点)の好スタートを切る。得意の砲丸投とやり投でそれぞれ10m85(585点)、42m95(724点)と他を大きく突き放し、苦手の800mも2分29秒84(695点)でまとめた。 元日に震災のあった石川県出身の本多。「石川県出身としてこの結果を知ってもらって、少しでも元気になっていただけたらと思います」と地元にメッセージを送っていた。 女子では、仲埜心葉(市西宮3)が100m(11秒99/-1.0)と200m(23秒97/-0.9)の2冠に輝いた。さらに200mは県高校新記録の好タイム。24秒24の2位だった齋藤朱里(北摂三田3)も従来の大会記録(24秒50)を上回った。また、齋藤は400mを54秒93の好記録で制している。 100mハードルでは井上凪紗(滝川二2)が13秒70(+0.5)の大会新記録で優勝。七種競技でも4791点で2位に入っている。中長距離では池野絵莉(須磨学園)が1500m(4分23秒52)と3000m(9分14秒02)の2冠を果たした。 男子は3年前の全中100mチャンピオンの年綱晃広(滝川二3)が200mで21秒22(-0.5)の大会新で快勝。100mも10秒79(-1.1)で制して2冠を達成している。 中長距離では梅田大陸(須磨学園)が1年生ながら800m(1分54秒53)と1500m(3分52秒96)の2種目V。今年の都道府県対抗男子駅伝で2区2位の実力を発揮した。 110mハードルでは松前大雅(星陵3)が準決勝で14秒22(+1.9)の大会新記録をマーク。決勝でも14秒26(+1.3)の好タイムで優勝を飾った。 走幅跳で藤本涼哉(小野3)が7m40(+1.0)、三段跳で磯山福太郎(西宮東2)が14m75(+2.3)の好記録で制している。 学校対抗は男子が108点を獲得した社が3年連続12回目、女子は86点の園田学園が2年ぶり5回目の優勝をそれぞれ果たしている。 優秀選手には200mで大会新記録を樹立して100mとの2種目優勝を成し遂げた年綱と仲埜が選ばれた。 近畿大会は6月13日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top