HOME 特集

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足
サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

サニブラウン・アハキーム・ハキーム(東レ)

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、パリ五輪イヤーに新たなチャレンジをスタートさせた。

小学生、中学生、高校生を対象とした競技会を“主宰”。『DAWN GAMES(ドーンゲームス=夜明け)』と名付けた大会は、6月に大阪、東京を舞台に東西の予選会を実施する。秋に開催する決勝大会ではサニブラウンも登壇するという。この大会を通し、どんなことを伝えたいのか。その思いを語った。

――5月19日のセイコーゴールデングランプリ、お疲れさまでした。予選は10秒07、決勝は脚のケイレンで8位でした。

「予選はめちゃくちゃ悔しかったです。スタートのやり直しがあり、集中力が切れてしまいました。練習通りの走りができず、全然ダメでした。決勝は、まだ2本目を走るトレーニングができていないことが影響しました。そのあたりはこれから増えていくと思います」

――昨年、構想を掲げた主宰大会『DAWN GAMES』がいよいよ始まります。あらためて思いをお聞かせください。

「日本の短距離の層を厚くしたい、そして陸上の人気を増やしたいと思った時に、まずは陸上人口を増やさないといけない。そのためにはやっぱり子どもたちの力が必要だと感じたんです。小中高にもっといろいろな機会、チャンスを作りたいという思いで大会をやろうと考えました」

――自身もいろいろな“チャンス”をつかんできました。

「僕は高校を卒業してからアメリカを拠点としてきました。そのため、今の高校生や中学生、大学生まで含めて、『どんな感じだろう』と思ったところもあります。日本の短距離は、今でもレベルは高いと思います。ただ、アメリカくらい熾烈であってほしいなって思っていて。僕が15歳で世界選手権に出てから、トップの層の顔ぶれがあまり変わっていないのも事実。栁田大輝選手(東洋大)など徐々に若い選手も育っていますが、まだまだ足りないなって思っています」

――昨年は試験的に東京で競技会を開かれました。また、各地で陸上教室も開かれています。何か感じたことはありますか。

「みんなすごく真面目なんです。僕の高校生の時は違いますね(笑)。すごく真面目な質問が飛んできたり、正解がないような質問が来たりする。どう返そうか、と考えることもあり、子どもたちから学ぶことも多かったです。最終的には、やっぱり自分の目で見て、肌で感じてもらうのが一番だろうなって感じます」

――現役選手、しかも世界トップスプリンターが、今やることの意義とは。

「現役でいるからこそ、影響力があると思っています。最前線で戦っている今だから伝えられるものがある。そうすることで子どもたちにとってもモチベーションになれればと思います」

――DAWN GAMESの今年の流れを教えてください。

「今回は小4~高校生の男女100mが対象です。6月9日に大阪で西日本予選、29日に東京で東日本予選を行い、秋に決勝大会を東京で開きます。6月の予選はうかがえないのですが、僕が普段お世話になっている栄養士さんやトレーナーさんにも参加してもらって、レースだけではなく講習会も開く予定です。秋の決勝には僕も行きます」

――大会を考えるにあたって一番大切にしたことは。

「所属チームやレベルに関係なく、というところです。僕のキャリアも東京の本当に小さな大会から始まりました。みんなに平等にチャンスが与えられればいいなって思っていて。タイムが速い、遅いはもちろんありますが、結果にこだわらずに挑戦してほしい。そのマインドや大会・練習に臨むメンタル、そういう機会が得られれば。参加した経験だけでなく、それこそ一緒に走った選手同士でつながりもできますし、何か一つでも“お土産”を持って帰ってほしいです」

――将来的な展望はありますか。

「例えば、サッカー部など他競技の選手が参加できるのもいいなと思っています。やっぱり小学生、中学生くらいまではいろいろなスポーツをしてほしいですし、その中で才能がある選手もいる。アメリカでも高校までアメリカンフットボールをしていたという選手もいっぱいいます。将来的には、決勝の上位選手を対象に『TEAM Hakim』として、自分が拠点としているチームや、海外遠征、ダイヤモンドリーグ観戦など、そういう体験ができるような機会を作れればと思っています」

――こうした機会で陸上界がさらに盛り上がるといいですね。

「来年は東京で世界選手権もあります。サッカーのワールドカップや野球のWBCに比べるとまだまだ国民全体で応援する雰囲気はないと思うので、国立競技場を埋めて、パブリックビューイングするくらいまでになるといいですね。そのためには、こうした小さな大会もそうですし、今行われている日本グランプリシリーズなど、各地の大会でもっと観客が入るようにしていかないと」

――いよいよ『DAWN GAMES』が始まります。参加する子どもたちへのメッセージをお願いします。

「そんなに堅苦しい大会ではないので、気軽に応募してください!競技力に関係なく、本当にいろいろな人に参加してほしいと思っています」

『DAWN Games』開催概要
対象:小4〜高校生(参加費無料)

6/9西日本エリア予選(大阪・ヤンマースタジアム長居)
申し込み
6/29東日本エリア予選(東京・大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森)
申し込み

◎サニブラウン・アブデル・ハキーム/1999年3月6日生まれ、25歳。東京・城西中、城西高時代から全国トップで活躍。高2の世界ユース選手権では100mと200mを大会新で2冠した。昨年の東京五輪には200mで出場。世界選手権には15、17、19、22、23年と5大会で代表入りし、100mでは22年オレゴン(7位)、23年オレゴン(6位)と2大会連続でファイナリストとなった。21年東京五輪200m代表。100mで10秒00を突破すればパリ五輪代表に内定する。自己ベストは100m9秒97、200m20秒08(いずれも日本歴代2位)

構成/向永拓史 撮影/船越陽一郎

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、パリ五輪イヤーに新たなチャレンジをスタートさせた。 小学生、中学生、高校生を対象とした競技会を“主宰”。『DAWN GAMES(ドーンゲームス=夜明け)』と名付けた大会は、6月に大阪、東京を舞台に東西の予選会を実施する。秋に開催する決勝大会ではサニブラウンも登壇するという。この大会を通し、どんなことを伝えたいのか。その思いを語った。 ――5月19日のセイコーゴールデングランプリ、お疲れさまでした。予選は10秒07、決勝は脚のケイレンで8位でした。 「予選はめちゃくちゃ悔しかったです。スタートのやり直しがあり、集中力が切れてしまいました。練習通りの走りができず、全然ダメでした。決勝は、まだ2本目を走るトレーニングができていないことが影響しました。そのあたりはこれから増えていくと思います」 ――昨年、構想を掲げた主宰大会『DAWN GAMES』がいよいよ始まります。あらためて思いをお聞かせください。 「日本の短距離の層を厚くしたい、そして陸上の人気を増やしたいと思った時に、まずは陸上人口を増やさないといけない。そのためにはやっぱり子どもたちの力が必要だと感じたんです。小中高にもっといろいろな機会、チャンスを作りたいという思いで大会をやろうと考えました」 ――自身もいろいろな“チャンス”をつかんできました。 「僕は高校を卒業してからアメリカを拠点としてきました。そのため、今の高校生や中学生、大学生まで含めて、『どんな感じだろう』と思ったところもあります。日本の短距離は、今でもレベルは高いと思います。ただ、アメリカくらい熾烈であってほしいなって思っていて。僕が15歳で世界選手権に出てから、トップの層の顔ぶれがあまり変わっていないのも事実。栁田大輝選手(東洋大)など徐々に若い選手も育っていますが、まだまだ足りないなって思っています」 ――昨年は試験的に東京で競技会を開かれました。また、各地で陸上教室も開かれています。何か感じたことはありますか。 「みんなすごく真面目なんです。僕の高校生の時は違いますね(笑)。すごく真面目な質問が飛んできたり、正解がないような質問が来たりする。どう返そうか、と考えることもあり、子どもたちから学ぶことも多かったです。最終的には、やっぱり自分の目で見て、肌で感じてもらうのが一番だろうなって感じます」 ――現役選手、しかも世界トップスプリンターが、今やることの意義とは。 「現役でいるからこそ、影響力があると思っています。最前線で戦っている今だから伝えられるものがある。そうすることで子どもたちにとってもモチベーションになれればと思います」 ――DAWN GAMESの今年の流れを教えてください。 「今回は小4~高校生の男女100mが対象です。6月9日に大阪で西日本予選、29日に東京で東日本予選を行い、秋に決勝大会を東京で開きます。6月の予選はうかがえないのですが、僕が普段お世話になっている栄養士さんやトレーナーさんにも参加してもらって、レースだけではなく講習会も開く予定です。秋の決勝には僕も行きます」 ――大会を考えるにあたって一番大切にしたことは。 「所属チームやレベルに関係なく、というところです。僕のキャリアも東京の本当に小さな大会から始まりました。みんなに平等にチャンスが与えられればいいなって思っていて。タイムが速い、遅いはもちろんありますが、結果にこだわらずに挑戦してほしい。そのマインドや大会・練習に臨むメンタル、そういう機会が得られれば。参加した経験だけでなく、それこそ一緒に走った選手同士でつながりもできますし、何か一つでも“お土産”を持って帰ってほしいです」 ――将来的な展望はありますか。 「例えば、サッカー部など他競技の選手が参加できるのもいいなと思っています。やっぱり小学生、中学生くらいまではいろいろなスポーツをしてほしいですし、その中で才能がある選手もいる。アメリカでも高校までアメリカンフットボールをしていたという選手もいっぱいいます。将来的には、決勝の上位選手を対象に『TEAM Hakim』として、自分が拠点としているチームや、海外遠征、ダイヤモンドリーグ観戦など、そういう体験ができるような機会を作れればと思っています」 ――こうした機会で陸上界がさらに盛り上がるといいですね。 「来年は東京で世界選手権もあります。サッカーのワールドカップや野球のWBCに比べるとまだまだ国民全体で応援する雰囲気はないと思うので、国立競技場を埋めて、パブリックビューイングするくらいまでになるといいですね。そのためには、こうした小さな大会もそうですし、今行われている日本グランプリシリーズなど、各地の大会でもっと観客が入るようにしていかないと」 ――いよいよ『DAWN GAMES』が始まります。参加する子どもたちへのメッセージをお願いします。 「そんなに堅苦しい大会ではないので、気軽に応募してください!競技力に関係なく、本当にいろいろな人に参加してほしいと思っています」 『DAWN Games』開催概要 対象:小4〜高校生(参加費無料) 6/9西日本エリア予選(大阪・ヤンマースタジアム長居) 申し込み 6/29東日本エリア予選(東京・大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森) 申し込み ◎サニブラウン・アブデル・ハキーム/1999年3月6日生まれ、25歳。東京・城西中、城西高時代から全国トップで活躍。高2の世界ユース選手権では100mと200mを大会新で2冠した。昨年の東京五輪には200mで出場。世界選手権には15、17、19、22、23年と5大会で代表入りし、100mでは22年オレゴン(7位)、23年オレゴン(6位)と2大会連続でファイナリストとなった。21年東京五輪200m代表。100mで10秒00を突破すればパリ五輪代表に内定する。自己ベストは100m9秒97、200m20秒08(いずれも日本歴代2位) 構成/向永拓史 撮影/船越陽一郎

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top