HOME 国内

2024.05.19

サニブラウン予選で10秒07も決勝はケイレンで8位「今回は全然ダメ」/セイコーGGP
サニブラウン予選で10秒07も決勝はケイレンで8位「今回は全然ダメ」/セイコーGGP

サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mは栁田大輝(東洋大)が優勝した。

22年オレゴン、23年ブダペストと100mで世界選手権2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)は決勝を10秒97(-0.1)の8位だった。

昨年の日本選手権以来の国内レース、そして21年東京五輪200m以来の国立競技場のレースだったサニブラウン。その力を存分に見せたのが予選だった。中盤からグッと抜け出すと、10秒07(+1.0)をマークして1着。会場を沸かせた。

だが、決勝はスタート直後から出力を上げないままフィニッシュに。「右のふくらはぎと左ハムストリングスがつりました」と言い、「走る前からつりそうな予感があった」と明かす。それでも、今季3度目の10秒0台はベースが上がっている証だろう。

「まだ1本を走る練習しかしていないので、予選から思いっきり行こうと思っていました」。隣の海外選手がややスタートでバランスを崩してやり直しがあったこともあり、パリ五輪の内定条件である参加標準記録(10秒00)はお預けに。今季は良くなってきたというスタートからの加速も「今回は全然ダメ」と手厳しい。

ここから「少し長い距離の本数を重ねて耐えられるような身体を作っていく」とし、パリ五輪に向けて「ここから」を強調。ただ、「オリンピックの決勝で同じ場面があった時にしっかり出られないとダメ」と自らに言い聞かせていた。

無観客だった東京五輪。来年の世界選手権も控えるなか、「いろいろな方に来ていただいて陸上の人気になっている証拠だと思いますし、来年は3階席まで満員になるくらい(観客を)呼び寄せたいと思っています」と話す。

この後はタンブルウィードTCそろってイタリアを拠点に転戦していく構え。「毎週じゃないですが、レースに出ていくと思います。ダイヤモンドリーグにも出られたらいいなと思っています」と見据えるサニブラウン。パリ五輪でのメダルに向け、ここからギアをどんどん上げていく。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mは栁田大輝(東洋大)が優勝した。 22年オレゴン、23年ブダペストと100mで世界選手権2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)は決勝を10秒97(-0.1)の8位だった。 昨年の日本選手権以来の国内レース、そして21年東京五輪200m以来の国立競技場のレースだったサニブラウン。その力を存分に見せたのが予選だった。中盤からグッと抜け出すと、10秒07(+1.0)をマークして1着。会場を沸かせた。 だが、決勝はスタート直後から出力を上げないままフィニッシュに。「右のふくらはぎと左ハムストリングスがつりました」と言い、「走る前からつりそうな予感があった」と明かす。それでも、今季3度目の10秒0台はベースが上がっている証だろう。 「まだ1本を走る練習しかしていないので、予選から思いっきり行こうと思っていました」。隣の海外選手がややスタートでバランスを崩してやり直しがあったこともあり、パリ五輪の内定条件である参加標準記録(10秒00)はお預けに。今季は良くなってきたというスタートからの加速も「今回は全然ダメ」と手厳しい。 ここから「少し長い距離の本数を重ねて耐えられるような身体を作っていく」とし、パリ五輪に向けて「ここから」を強調。ただ、「オリンピックの決勝で同じ場面があった時にしっかり出られないとダメ」と自らに言い聞かせていた。 無観客だった東京五輪。来年の世界選手権も控えるなか、「いろいろな方に来ていただいて陸上の人気になっている証拠だと思いますし、来年は3階席まで満員になるくらい(観客を)呼び寄せたいと思っています」と話す。 この後はタンブルウィードTCそろってイタリアを拠点に転戦していく構え。「毎週じゃないですが、レースに出ていくと思います。ダイヤモンドリーグにも出られたらいいなと思っています」と見据えるサニブラウン。パリ五輪でのメダルに向け、ここからギアをどんどん上げていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top