HOME 国内

2024.05.19

男子100mは栁田大輝が制す!Vタイム10秒21も「絶好調でなくても勝ち切れて良かった」次戦はDL参戦予定/セイコーGGP
男子100mは栁田大輝が制す!Vタイム10秒21も「絶好調でなくても勝ち切れて良かった」次戦はDL参戦予定/セイコーGGP

セイコーGGP男子100mで優勝を飾った栁田大輝

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mは栁田大輝(東洋大)が10秒21(-0.1)で制した。

1時間45分前の予選は1着通過ながら10秒31(-0.7)を要した栁田。だが、決勝のウォーミングアップで動きをしっかりと修正してきたのは、20歳ながら大舞台を数多く踏んで培った底力の証だろう。

決勝は右隣の5レーンに入った坂井隆一郎(大阪ガス)、さらに7レーンのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が脚のケイレンでスピードを緩める中でも、「そこで動揺しなくて良かった」と冷静に100mを駆け抜けた。

記録としては満足はいかないものだが、前日までの夏を思わせるような暑さから一転して湿気を含んだ重苦しい曇り空のコンディションとなり、「条件が良い時にもう1回良い走りができればいい」と切り替える。何よりも、「そんな中でも勝ち切れたことが良かった」と笑顔で振り返った。

5月上旬の世界リレーに向けて、4月後半から渡米。4月27日のルイジアナ州立大招待で臨んだ今季初戦でいきなり自己タイの10秒02(+1.7)をマークし、総合3位に入った。世界リレーでも2走を務め、予選突破で五輪出場権獲得。さらには決勝の4位に大きく貢献している。

その疲労があったことは否めず、「アメリカではウォーミングアップの段階から本当に調子がいいと感じていた」のだが、この日は「絶好調という感覚ではなかった」という。それでも、国内トップスプリンターがそろったレースを制したことで、改めて「万全な準備ができれば五輪参加標準記録(10秒00)は見えてくるかなと思います」。

この後は5月25日のダイヤモンドリーグ・ユージン大会出場が決まり、再び渡米する。世界最高峰リーグへの初参戦に、気合十分だ。

昨年はアジア選手権を制し、ブダペスト世界陸上はセミファイナリストになった。3年前は4×100mリレーのリザーブとして、スタンドからレースを眺めた五輪の舞台。今度はトラックの上で、成長した自分のスプリントをぶつける。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mは栁田大輝(東洋大)が10秒21(-0.1)で制した。 1時間45分前の予選は1着通過ながら10秒31(-0.7)を要した栁田。だが、決勝のウォーミングアップで動きをしっかりと修正してきたのは、20歳ながら大舞台を数多く踏んで培った底力の証だろう。 決勝は右隣の5レーンに入った坂井隆一郎(大阪ガス)、さらに7レーンのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が脚のケイレンでスピードを緩める中でも、「そこで動揺しなくて良かった」と冷静に100mを駆け抜けた。 記録としては満足はいかないものだが、前日までの夏を思わせるような暑さから一転して湿気を含んだ重苦しい曇り空のコンディションとなり、「条件が良い時にもう1回良い走りができればいい」と切り替える。何よりも、「そんな中でも勝ち切れたことが良かった」と笑顔で振り返った。 5月上旬の世界リレーに向けて、4月後半から渡米。4月27日のルイジアナ州立大招待で臨んだ今季初戦でいきなり自己タイの10秒02(+1.7)をマークし、総合3位に入った。世界リレーでも2走を務め、予選突破で五輪出場権獲得。さらには決勝の4位に大きく貢献している。 その疲労があったことは否めず、「アメリカではウォーミングアップの段階から本当に調子がいいと感じていた」のだが、この日は「絶好調という感覚ではなかった」という。それでも、国内トップスプリンターがそろったレースを制したことで、改めて「万全な準備ができれば五輪参加標準記録(10秒00)は見えてくるかなと思います」。 この後は5月25日のダイヤモンドリーグ・ユージン大会出場が決まり、再び渡米する。世界最高峰リーグへの初参戦に、気合十分だ。 昨年はアジア選手権を制し、ブダペスト世界陸上はセミファイナリストになった。3年前は4×100mリレーのリザーブとして、スタンドからレースを眺めた五輪の舞台。今度はトラックの上で、成長した自分のスプリントをぶつける。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top