HOME 国内

2024.05.19

110mH・村竹ラシッドが13秒22で快勝!出遅れても4度目の五輪標準突破に「出力が上がっている」/セイコーGGP
110mH・村竹ラシッドが13秒22で快勝!出遅れても4度目の五輪標準突破に「出力が上がっている」/セイコーGGP

13秒22でセイコーGGP110mHを制した村竹ラシッド

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子110mハードルは村竹ラシッド(JAL)が13秒22(-0.6)で快勝した。

「13秒1台後半ぐらいのつもりでいった」ものの、「スターティングブロックで前脚に力をかけ過ぎて」スタートの反応が遅れ、1台目の入りで左隣の高山峻野(ゼンリン)に先行された。

それでも、3台目あたりから立て直してトップに立つと、その後は力強く抜け出す。「後半は気持ち良く走れました」と、今年3月の全アフリカ大会王者であるルイ・フランソワ・メンディ(セネガル)に0.28秒差をつけてフィニッシュラインを駆け抜けた。

前半で「下手をしたら0.1秒ぐらいのロス」があっても、自身4度目となるパリ五輪参加標準記録(13秒27)突破。昨年は4月にケガがあってシーズン前半を棒に振ったため、比較は難しいが、「出力自体が上がっている感覚があります」。この日も、後半は「もう2、3台ぐらいあってもさらに加速できそう」と言うほどの身体の余裕があったという。

「課題が山積み」ながら、「これから暑くなってどんどん身体が動いてくるので、(動きを)合わせることができればもっともっとタイムは出せると思います」と手応えは十分。「日本選手権で1位を取って代表内定を決めるのは絶対」だが、あくまでも「ピークはパリ五輪」に置く。

3年前の東京五輪は、最終選考会の日本選手権の予選で参加標準記録を突破する13秒28をマークしながらも、準決勝で不正スタートのため失格となった。その悔しさを乗り越え、順大の先輩である泉谷駿介(住友電工)ともに13秒04の日本記録を持つまでになった社会人ルーキーは、「パリで最高のパフォーマンスを」と言葉に力を込めた。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子110mハードルは村竹ラシッド(JAL)が13秒22(-0.6)で快勝した。 「13秒1台後半ぐらいのつもりでいった」ものの、「スターティングブロックで前脚に力をかけ過ぎて」スタートの反応が遅れ、1台目の入りで左隣の高山峻野(ゼンリン)に先行された。 それでも、3台目あたりから立て直してトップに立つと、その後は力強く抜け出す。「後半は気持ち良く走れました」と、今年3月の全アフリカ大会王者であるルイ・フランソワ・メンディ(セネガル)に0.28秒差をつけてフィニッシュラインを駆け抜けた。 前半で「下手をしたら0.1秒ぐらいのロス」があっても、自身4度目となるパリ五輪参加標準記録(13秒27)突破。昨年は4月にケガがあってシーズン前半を棒に振ったため、比較は難しいが、「出力自体が上がっている感覚があります」。この日も、後半は「もう2、3台ぐらいあってもさらに加速できそう」と言うほどの身体の余裕があったという。 「課題が山積み」ながら、「これから暑くなってどんどん身体が動いてくるので、(動きを)合わせることができればもっともっとタイムは出せると思います」と手応えは十分。「日本選手権で1位を取って代表内定を決めるのは絶対」だが、あくまでも「ピークはパリ五輪」に置く。 3年前の東京五輪は、最終選考会の日本選手権の予選で参加標準記録を突破する13秒28をマークしながらも、準決勝で不正スタートのため失格となった。その悔しさを乗り越え、順大の先輩である泉谷駿介(住友電工)ともに13秒04の日本記録を持つまでになった社会人ルーキーは、「パリで最高のパフォーマンスを」と言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top