HOME 国内

2024.05.19

400mH豊田兼「周りに揺さぶられずに自分のレースができた」 日本歴代5位の48秒36で堂々V/セイコーGGP
400mH豊田兼「周りに揺さぶられずに自分のレースができた」 日本歴代5位の48秒36で堂々V/セイコーGGP

24年セイコーGGP男子400mHで優勝を飾った豊田兼

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子400mハードルは豊田兼(慶大)が自己記録(48秒47)を0.11秒更新する、日本歴代5位、学生歴代3位、今季世界7位の48秒36で優勝した。

「静岡国際、関東インカレと連戦が続いて、脚に不安な部分があったので、(48秒47をマークした昨年10月の)アスレチックスチャレンジカップのレースを再現したいなというぐらいの気持ちだった」と、前半はスピード感を出しながらも抑え気味に入った。

また、「静岡国際のように前半から突っ込むレースをすると、自分の脚ではまだ後半に耐えられない。タイムを出すには前半は余力を持って入らないといけない」という冷静な判断もあった。

バックストレートに入ってから内側のワイズマン・ワレ・ムホベ(ケニア)に迫られたものの、豊田の走りや心理面にほとんど影響はなかった。「周りに揺さぶられずに自分のレースができた」と振り返ったように、外から2番目の8レーンに入ったことも、自分の走りに集中するという点で奏功したようだ。

中盤から徐々に抜け出し、最後の直線に入ってからも力強さをキープしたまま、ライバルたちを引き離した。フィニッシュ後、タイムを確認した豊田は両手を軽く叩いた後、右腕を高く掲げて喜びを示した。

「まさか自己ベストが出るとは思っていませんでした。今後の日本選手権や夏のオリンピックに向けて、タイムを上げていける、良いレースになったと思います」

フランス人の父を持ち、パリには何度も訪れたことがあるという豊田。その地で行われる世界最高峰の舞台を見据え、豊田は日本人初となる110mハードルとのハードル2種目で五輪出場を目指して突き進む。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子400mハードルは豊田兼(慶大)が自己記録(48秒47)を0.11秒更新する、日本歴代5位、学生歴代3位、今季世界7位の48秒36で優勝した。 「静岡国際、関東インカレと連戦が続いて、脚に不安な部分があったので、(48秒47をマークした昨年10月の)アスレチックスチャレンジカップのレースを再現したいなというぐらいの気持ちだった」と、前半はスピード感を出しながらも抑え気味に入った。 また、「静岡国際のように前半から突っ込むレースをすると、自分の脚ではまだ後半に耐えられない。タイムを出すには前半は余力を持って入らないといけない」という冷静な判断もあった。 バックストレートに入ってから内側のワイズマン・ワレ・ムホベ(ケニア)に迫られたものの、豊田の走りや心理面にほとんど影響はなかった。「周りに揺さぶられずに自分のレースができた」と振り返ったように、外から2番目の8レーンに入ったことも、自分の走りに集中するという点で奏功したようだ。 中盤から徐々に抜け出し、最後の直線に入ってからも力強さをキープしたまま、ライバルたちを引き離した。フィニッシュ後、タイムを確認した豊田は両手を軽く叩いた後、右腕を高く掲げて喜びを示した。 「まさか自己ベストが出るとは思っていませんでした。今後の日本選手権や夏のオリンピックに向けて、タイムを上げていける、良いレースになったと思います」 フランス人の父を持ち、パリには何度も訪れたことがあるという豊田。その地で行われる世界最高峰の舞台を見据え、豊田は日本人初となる110mハードルとのハードル2種目で五輪出場を目指して突き進む。

男子400mH日本歴代10傑

47.89 為末大(法大4)     2001. 8.10 47.93 成迫健児(筑波大4)   2006. 5. 6 48.26 山崎一彦(デサントTC) 1999. 5. 8 48.34 苅部俊二(富士通)   1997.10. 5 48.36 豊田兼(慶大4)     2024. 5.19 48.41 岸本鷹幸(法大4)    2012. 6. 9 48.58 黒川和樹(法大4)    2023. 8.21 48.58 筒江海斗(スポーツテクノ和広)2024. 5.12 48.62 野澤啓佑(ミズノ)   2016. 8.15 48.64 齋藤嘉彦(群馬綜合ガードシステム) 1998.10. 4

男子400mH日本歴代10傑

47.89 為末大(法大4)  2001. 8.10 47.93 成迫健児(筑波大4)2006. 5. 6 48.36 豊田兼(慶大4)  2024. 5.19 48.41 岸本鷹幸(法大4) 2012. 6. 9 48.58 黒川和樹(法大4) 2023. 8.21 48.65 千葉佳裕(順大4) 2001. 5.20 48.68 齋藤嘉彦(法大4) 1993. 6.12 48.84 山内大夢(早大4) 2021. 5. 9 48.91 小川大輝(東洋大2) 2023. 9.17 48.95 庄形和也(筑波大4) 2005. 9.19

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top