HOME 国内

2024.05.05

やり投・北口榛花「納得はいかない」も61m83でV 世界一になって国内初試合飾る/水戸招待
やり投・北口榛花「納得はいかない」も61m83でV 世界一になって国内初試合飾る/水戸招待

24年水戸招待女子やり投を制した北口榛花(JAL)

◇水戸招待陸上(5月5日/茨城・ケーズデンキスタジアム水戸)

日本グランプリシリーズG2の水戸招待が行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が61m83をマークして優勝した。

昨年のブダペスト世界選手権で優勝した北口。今年は1週間前のダイヤモンドリーグ・蘇州大会で62m97を投げて初戦を飾っていたが、“世界一”になってから国内では初の試合だった。

1回目は60m98をマーク。DL蘇州では60mに届かず苦しい展開となっていただけに、「ダイヤモンドリーグよりは良かった」と言うも、「その後に記録が伸びなかったですし、自分の感覚的に合っていない部分が多かった」。

2回目に60m53、3回目も60m15と、60mオーバーは続いたが、なかなかビッグスローは出ない。最終6回目にようやく61m83を投げたが、「納得はいっていません」と頬を膨らませた。

この日は得意とする追い風基調だったが、途中からは「体感と吹き流しが違って、横風や向かい風になることも」あった。加えて海外の高反発ピットとは異なることにも苦戦したという。

それでも、「久しぶりの日本での試合。ピットも良い条件にしてくださいました。手拍子もしてくれていたので、少し盛り上がるきっかけになったと思うので、やっぱりもう少し投げたかった」と悔しがった。

冬季のウエイトトレーニングなどの成果で土台は上がりつつも、「身体が少し硬い」。その中で「投げる瞬間にもやりたいことが頭によぎってしまって、止まる感じになる。何も考えずに投げるというのができなかった」と、試行錯誤の最中だ。

内定しているパリ五輪に向けて「焦りはない」ものの「このままじゃダメというのもわかっています」。この日の試合で「課題も出たので、(セイコーゴールデングランプリまでの)2週間の間で、考え事をしないように投げる練習が必要かなと思います」と次を見据えている。

試合後は多くの子どもたちが北口を待っていたため急きょファンサービスで、サイン入りポストカードを配った。パリ五輪イヤーで多くの注目を集めるなか、しっかりと結果と姿勢で応える姿はスーパースターの証だ。

次戦はセイコーゴールデングランプリで、“世界一”の選手を見られる数少ない機会。「ぜひスタジアムに来て応援してください!」と呼びかけていた。この2戦以上のパフォーマンスを披露するつもりだ。

◇水戸招待陸上(5月5日/茨城・ケーズデンキスタジアム水戸) 日本グランプリシリーズG2の水戸招待が行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が61m83をマークして優勝した。 昨年のブダペスト世界選手権で優勝した北口。今年は1週間前のダイヤモンドリーグ・蘇州大会で62m97を投げて初戦を飾っていたが、“世界一”になってから国内では初の試合だった。 1回目は60m98をマーク。DL蘇州では60mに届かず苦しい展開となっていただけに、「ダイヤモンドリーグよりは良かった」と言うも、「その後に記録が伸びなかったですし、自分の感覚的に合っていない部分が多かった」。 2回目に60m53、3回目も60m15と、60mオーバーは続いたが、なかなかビッグスローは出ない。最終6回目にようやく61m83を投げたが、「納得はいっていません」と頬を膨らませた。 この日は得意とする追い風基調だったが、途中からは「体感と吹き流しが違って、横風や向かい風になることも」あった。加えて海外の高反発ピットとは異なることにも苦戦したという。 それでも、「久しぶりの日本での試合。ピットも良い条件にしてくださいました。手拍子もしてくれていたので、少し盛り上がるきっかけになったと思うので、やっぱりもう少し投げたかった」と悔しがった。 冬季のウエイトトレーニングなどの成果で土台は上がりつつも、「身体が少し硬い」。その中で「投げる瞬間にもやりたいことが頭によぎってしまって、止まる感じになる。何も考えずに投げるというのができなかった」と、試行錯誤の最中だ。 内定しているパリ五輪に向けて「焦りはない」ものの「このままじゃダメというのもわかっています」。この日の試合で「課題も出たので、(セイコーゴールデングランプリまでの)2週間の間で、考え事をしないように投げる練習が必要かなと思います」と次を見据えている。 試合後は多くの子どもたちが北口を待っていたため急きょファンサービスで、サイン入りポストカードを配った。パリ五輪イヤーで多くの注目を集めるなか、しっかりと結果と姿勢で応える姿はスーパースターの証だ。 次戦はセイコーゴールデングランプリで、“世界一”の選手を見られる数少ない機会。「ぜひスタジアムに来て応援してください!」と呼びかけていた。この2戦以上のパフォーマンスを披露するつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top