HOME 国内、日本代表

2024.05.06

世界リレーで初の頂点なるか!? 男子4×100m、4×400mが強豪に挑む 女子4×100m、混合4×400mはパリ五輪に向け正念場
世界リレーで初の頂点なるか!? 男子4×100m、4×400mが強豪に挑む 女子4×100m、混合4×400mはパリ五輪に向け正念場

世界リレーで1走を務めたサニブラウン(写真は23年ブダペスト世界選手権)

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)

パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われる。

日本は初日の予選で男子の4×100mと4×400mがともに組1着で決勝進出を決め、パリ五輪の出場権を手にしている。

男子4×100mは予選でエースのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)を1走に起用。先手を奪うと、2走の栁田大輝(東洋大)が中国の謝震業に差を詰められたもののトップをキープした。3走の上山紘輝(住友電工)から4走の三輪颯太(慶大)へのパスが間延びしたが、38秒10と米国(37秒49)に次ぐ、全体2番目のタイムで決勝に駒を進めた。

日本は決勝で4レーンに入り、優勝候補で7レーンに入った米国、東京五輪金で8レーンのイタリアを追いかけるかたちに。7レーンだった予選よりもコーナーがきつくなるだけに、1走を務めるサニブラウンの走りがカギを握る。日本は前大会でも2位(大会実施時は3位。後に1位の南アフリカがドーピングで失格し繰り上がり)。安定したバトンパスで2大会連続の表彰台を目指す。

男子4×400mは同組を走った米国の失格もあって、3分00秒98と組1着、総合4位のタイムで予選を突破した。佐藤拳太郎(富士通)、西裕大(MINTO TOKYO)、佐藤風雅(ミズノ)、川端魁人(中京大クラブ)のオーダーを組んだが、45秒04のベストを持つ中島佑気ジョセフ(富士通)の投入があれば、さらにタイムを短縮する可能性も秘める。すでに一番の目標としてきた五輪出場権を確保し、無理をする必要はないが、五輪本番に向けてひとつでも上の順位を狙っていく。

一方、決勝に進めなかった女子4×100mと男女混合4×400mはラウンド2で、五輪出場権を目指す戦いに挑む。いずれも組2着以内に入ればパリ切符を手にする。

女子4×100mは予選で44秒16の7着と苦戦。バトンワークはスムーズにいったものの、個々の走力で差を広げられてしまった。ラウンド2では大外の8レーンとなり、他国を気にせず走ることができる。同じ組には予選で42秒台をマークしたスペインとコートジボワールがいるが、最後までくらいつきたい。

男女混合4×400mも、予選で接触があり本領を発揮できずラウンド2に回った。有力チームが決勝に進んでおり、予選よりも実力が伯仲して混戦が予想されるだけに、1走から先手を奪ってレースの流れに乗れればチャンスは巡ってくるだろう。

2日目は日本時間8時05分から始まる男女混合マイルリレーの1組目に日本がスタート。女子4×100mは8時40分から。男子4×100は11時、同4×400mは11時20分にそれぞれ号砲が鳴る。

大会の模様はその様子はU-NEXTで生配信するほか、関東地方ではTBSで10時25分から生中継される。

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー) パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われる。 日本は初日の予選で男子の4×100mと4×400mがともに組1着で決勝進出を決め、パリ五輪の出場権を手にしている。 男子4×100mは予選でエースのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)を1走に起用。先手を奪うと、2走の栁田大輝(東洋大)が中国の謝震業に差を詰められたもののトップをキープした。3走の上山紘輝(住友電工)から4走の三輪颯太(慶大)へのパスが間延びしたが、38秒10と米国(37秒49)に次ぐ、全体2番目のタイムで決勝に駒を進めた。 日本は決勝で4レーンに入り、優勝候補で7レーンに入った米国、東京五輪金で8レーンのイタリアを追いかけるかたちに。7レーンだった予選よりもコーナーがきつくなるだけに、1走を務めるサニブラウンの走りがカギを握る。日本は前大会でも2位(大会実施時は3位。後に1位の南アフリカがドーピングで失格し繰り上がり)。安定したバトンパスで2大会連続の表彰台を目指す。 男子4×400mは同組を走った米国の失格もあって、3分00秒98と組1着、総合4位のタイムで予選を突破した。佐藤拳太郎(富士通)、西裕大(MINTO TOKYO)、佐藤風雅(ミズノ)、川端魁人(中京大クラブ)のオーダーを組んだが、45秒04のベストを持つ中島佑気ジョセフ(富士通)の投入があれば、さらにタイムを短縮する可能性も秘める。すでに一番の目標としてきた五輪出場権を確保し、無理をする必要はないが、五輪本番に向けてひとつでも上の順位を狙っていく。 一方、決勝に進めなかった女子4×100mと男女混合4×400mはラウンド2で、五輪出場権を目指す戦いに挑む。いずれも組2着以内に入ればパリ切符を手にする。 女子4×100mは予選で44秒16の7着と苦戦。バトンワークはスムーズにいったものの、個々の走力で差を広げられてしまった。ラウンド2では大外の8レーンとなり、他国を気にせず走ることができる。同じ組には予選で42秒台をマークしたスペインとコートジボワールがいるが、最後までくらいつきたい。 男女混合4×400mも、予選で接触があり本領を発揮できずラウンド2に回った。有力チームが決勝に進んでおり、予選よりも実力が伯仲して混戦が予想されるだけに、1走から先手を奪ってレースの流れに乗れればチャンスは巡ってくるだろう。 2日目は日本時間8時05分から始まる男女混合マイルリレーの1組目に日本がスタート。女子4×100mは8時40分から。男子4×100は11時、同4×400mは11時20分にそれぞれ号砲が鳴る。 大会の模様はその様子はU-NEXTで生配信するほか、関東地方ではTBSで10時25分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top