HOME 国内、日本代表

2024.05.05

男子4×400mR日本は組1着でパリ五輪へ! 「しっかりと勝ち切って、パリに臨みたい」/世界リレー
男子4×400mR日本は組1着でパリ五輪へ! 「しっかりと勝ち切って、パリに臨みたい」/世界リレー

1走を務めた佐藤拳太郎(写真は23年ブダペスト世界選手権)

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)1日目

パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの1日目が行われ、男子4×400mリレー予選1組で日本が3分00秒98で1着となり、今夏のパリ五輪出場権を獲得した。

積極的なレース運びが光った。1走・佐藤拳太郎(富士通)が序盤から上位に付け、得意の後半で順位を上げる。400m日本記録(44秒77)保持者の力を示してトップとほぼ並ぶ形で、2走の西裕大(MINT TOKYO)へ。西は「2人に抜かれて悔しさが残る」と米国、ドイツに抜かれながらも粘って佐藤風雅(ミズノ)へつないだ。

「上位で来ることはわかっていました。しっかり2着に入ることが仕事でした」と佐藤風。バックストレートでドイツをかわし、アンカーの川端魁人(中京大クラブ)へ。「前の3人が良い位置で来てくれた。それを守って帰ってくることを目指していました」と力走し、最後の直線では先行していた米国との差を詰めながら2着でフィニッシュラインを通過した。

レース後に米国の3走がテイクオーバーゾーンで1番内側に割り込んだことから失格となり、組1着での通過が決まった。

22年オレゴン世界選手権では2分59秒51の日本新記録をマークして4位入賞を果たしたが、期待された23年ブダペスト世界選手権では3分00秒39の5着で予選敗退。佐藤拳が400mで32年ぶりに日本記録を更新するなど地力は高まっているだけに、パリ五輪の出場権獲得だけでは誰も満足していない。

「足を止めている暇はありません。(決勝で)しっかりと勝ち切って、パリに臨みたいです」と佐藤拳。パリ五輪への弾みを付けられるか。

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)1日目 パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの1日目が行われ、男子4×400mリレー予選1組で日本が3分00秒98で1着となり、今夏のパリ五輪出場権を獲得した。 積極的なレース運びが光った。1走・佐藤拳太郎(富士通)が序盤から上位に付け、得意の後半で順位を上げる。400m日本記録(44秒77)保持者の力を示してトップとほぼ並ぶ形で、2走の西裕大(MINT TOKYO)へ。西は「2人に抜かれて悔しさが残る」と米国、ドイツに抜かれながらも粘って佐藤風雅(ミズノ)へつないだ。 「上位で来ることはわかっていました。しっかり2着に入ることが仕事でした」と佐藤風。バックストレートでドイツをかわし、アンカーの川端魁人(中京大クラブ)へ。「前の3人が良い位置で来てくれた。それを守って帰ってくることを目指していました」と力走し、最後の直線では先行していた米国との差を詰めながら2着でフィニッシュラインを通過した。 レース後に米国の3走がテイクオーバーゾーンで1番内側に割り込んだことから失格となり、組1着での通過が決まった。 22年オレゴン世界選手権では2分59秒51の日本新記録をマークして4位入賞を果たしたが、期待された23年ブダペスト世界選手権では3分00秒39の5着で予選敗退。佐藤拳が400mで32年ぶりに日本記録を更新するなど地力は高まっているだけに、パリ五輪の出場権獲得だけでは誰も満足していない。 「足を止めている暇はありません。(決勝で)しっかりと勝ち切って、パリに臨みたいです」と佐藤拳。パリ五輪への弾みを付けられるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top