HOME 国内、大学

2024.05.04

200mは鵜澤飛羽がセカンドベストの20秒26でV2!400mHは筒江が豊田ら抑える ハンマー投・福田が73m00/静岡国際
200mは鵜澤飛羽がセカンドベストの20秒26でV2!400mHは筒江が豊田ら抑える ハンマー投・福田が73m00/静岡国際

向かい風のなか男子200mでセカンドベストを出した鵜澤飛羽

◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われた。注目を集めた男子200mはブダペスト世界選手権代表の鵜澤飛羽(筑波大)が連覇。セカンドベストとなる20秒26(-0.4)をマークした。

鵜澤は「向かい風がきつかった。こんなものかな」と淡々と振り返り、パリ五輪参加標準記録の20秒16について「準備が整えば出る」と手応えをつかんでいた。

2位には飯塚翔太(ミズノ)が入った。予選を20秒48(+0.2)で突破すると、「20秒2から3を狙っていた」決勝は「残っていなかった」と20秒46にとどまった。それでも、五輪シーズンが「始まったなという感じ」とベテランになってもワクワク感を感じているようだった。

男子400mハードルはパリ五輪参加標準記録を突破している黒川和樹(法大)と豊田兼(慶大)が出場。だが、ラスト勝負で豊田を抑えた筒江海斗(スポーツテクノ和広)が48秒92で制し、豊田は48秒96の2位だった。

タイムレース2組で48秒97の自己新を出した出口晴翔(ゼンリン)が総合3位。ブダペスト世界選手権代表の児玉悠作(ノジマ)が49秒36だった。

黒川は昨年秋の国体(110mハードル)での転倒により左足首を骨折。「練習が積めていなかった」影響とし、「日本選手権に向けて状態を上げていく」と焦りはなかった。

男子400mは小渕瑞樹(登利平AC)が46秒14で優勝。女子400mは海外勢に続き、飯田景子(中大)が54秒57で日本人トップだった。

女子400mハードルはブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)が海外勢2人続いて57秒16で3位に入った。

男子ハンマー投は福田翔大(住友電工)が日本歴代4位の73m00を投げて優勝。女子ハンマー投は学生記録保持者の村上来花(九州共立大)が64m51で完勝している。

◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われた。注目を集めた男子200mはブダペスト世界選手権代表の鵜澤飛羽(筑波大)が連覇。セカンドベストとなる20秒26(-0.4)をマークした。 鵜澤は「向かい風がきつかった。こんなものかな」と淡々と振り返り、パリ五輪参加標準記録の20秒16について「準備が整えば出る」と手応えをつかんでいた。 2位には飯塚翔太(ミズノ)が入った。予選を20秒48(+0.2)で突破すると、「20秒2から3を狙っていた」決勝は「残っていなかった」と20秒46にとどまった。それでも、五輪シーズンが「始まったなという感じ」とベテランになってもワクワク感を感じているようだった。 男子400mハードルはパリ五輪参加標準記録を突破している黒川和樹(法大)と豊田兼(慶大)が出場。だが、ラスト勝負で豊田を抑えた筒江海斗(スポーツテクノ和広)が48秒92で制し、豊田は48秒96の2位だった。 タイムレース2組で48秒97の自己新を出した出口晴翔(ゼンリン)が総合3位。ブダペスト世界選手権代表の児玉悠作(ノジマ)が49秒36だった。 黒川は昨年秋の国体(110mハードル)での転倒により左足首を骨折。「練習が積めていなかった」影響とし、「日本選手権に向けて状態を上げていく」と焦りはなかった。 男子400mは小渕瑞樹(登利平AC)が46秒14で優勝。女子400mは海外勢に続き、飯田景子(中大)が54秒57で日本人トップだった。 女子400mハードルはブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)が海外勢2人続いて57秒16で3位に入った。 男子ハンマー投は福田翔大(住友電工)が日本歴代4位の73m00を投げて優勝。女子ハンマー投は学生記録保持者の村上来花(九州共立大)が64m51で完勝している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top