HOME 国内、日本代表

2024.05.04

リレーのパリ五輪切符を懸けて!世界リレーが5/5朝8時05分に開幕 上位14ヵ国に出場権、初日予選突破でつかめるか?
リレーのパリ五輪切符を懸けて!世界リレーが5/5朝8時05分に開幕 上位14ヵ国に出場権、初日予選突破でつかめるか?

24年世界リレーに臨む男女4×100mR代表

8月のパリ五輪リレー種目の出場権を懸けた世界リレーが5月4、5日の2日間、バハマ・ナッソーで開催される。男女の4×100m、4×400mと男女混合4×400mの5種目が実施。上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。

日本は男子4×100m、4×400m、女子4×100m、男女混合4×400mの4種目に出場。

男子4×100mは世界選手権100m2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、昨年のアジア選手権100m王者・栁田大輝(東洋大)、アジア大会200m覇者の上山紘輝(住友電工)を軸に、木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)の学生3選手の陣容で挑む。

同4×400mは400m日本記録保持者の佐藤拳太郎(富士通)を筆頭に、佐藤風雅(ミズノ)、中島佑気ジョセフ(富士通)と昨年の世界選手権代表がそろい踏み。東京五輪代表の川端魁人(中京大クラブ)、ワールドユニバーシティゲームズ200m銀の西裕大(MINTO TOKYO)や同400m8位の今泉堅貴(Team SSP)、出雲陸上400mを45秒71の自己新で制した吉津拓歩(ジーケーライン)が男女混合4×400mを含めたメンバーとして選ばれている。

女子は4×100mは今季好調の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)のほか、選考会上位の三浦愛華(愛媛競技力本部)、山形愛羽(福岡大)、青野朱李(NDソフト)の布陣。ブダペスト世界選手権100mに出場した君嶋愛梨沙(土木管理総合)はケガのため辞退している。男女混合4×400mリレーは岩田優奈(スズキ)、東邦銀行の松本奈菜子、井戸アビゲイル風果が代表となった。

大会は5月5日午前8時05分(日本時間)の男女混合4×400m予選で開幕。初日は全種目の予選が行われ、決勝に進めば出場権獲得となる。予選で敗退しても、翌日のラウンド2で上位6ヵ国に入れば五輪切符を確保できる。

パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

8月のパリ五輪リレー種目の出場権を懸けた世界リレーが5月4、5日の2日間、バハマ・ナッソーで開催される。男女の4×100m、4×400mと男女混合4×400mの5種目が実施。上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。 日本は男子4×100m、4×400m、女子4×100m、男女混合4×400mの4種目に出場。 男子4×100mは世界選手権100m2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、昨年のアジア選手権100m王者・栁田大輝(東洋大)、アジア大会200m覇者の上山紘輝(住友電工)を軸に、木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)の学生3選手の陣容で挑む。 同4×400mは400m日本記録保持者の佐藤拳太郎(富士通)を筆頭に、佐藤風雅(ミズノ)、中島佑気ジョセフ(富士通)と昨年の世界選手権代表がそろい踏み。東京五輪代表の川端魁人(中京大クラブ)、ワールドユニバーシティゲームズ200m銀の西裕大(MINTO TOKYO)や同400m8位の今泉堅貴(Team SSP)、出雲陸上400mを45秒71の自己新で制した吉津拓歩(ジーケーライン)が男女混合4×400mを含めたメンバーとして選ばれている。 女子は4×100mは今季好調の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)のほか、選考会上位の三浦愛華(愛媛競技力本部)、山形愛羽(福岡大)、青野朱李(NDソフト)の布陣。ブダペスト世界選手権100mに出場した君嶋愛梨沙(土木管理総合)はケガのため辞退している。男女混合4×400mリレーは岩田優奈(スズキ)、東邦銀行の松本奈菜子、井戸アビゲイル風果が代表となった。 大会は5月5日午前8時05分(日本時間)の男女混合4×400m予選で開幕。初日は全種目の予選が行われ、決勝に進めば出場権獲得となる。予選で敗退しても、翌日のラウンド2で上位6ヵ国に入れば五輪切符を確保できる。 パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top