HOME 国内、大学

2024.04.30

5000mは中大・吉居駿恭が優勝!自己記録に迫る13分24秒06「最低限の結果」/織田記念
5000mは中大・吉居駿恭が優勝!自己記録に迫る13分24秒06「最低限の結果」/織田記念

24年織田記念の男子5000mを制した吉居

◇第58回織田幹雄記念(4月29日/ホットスタッフフィールド広島)

日本グランプリシリーズG1の織田記念が行われ、男子5000mは中大3年の吉居駿恭(中大)が制した。

最終種目で大学生ランナーが躍動した。コスマス・ムワンギ(中国電力)を先頭に6人が縦長の隊列を作り、ラスト1周の鐘が鳴り、ラストスパート勝負へ。残り300mを切って、満を持して勝負に出たのが、2番手につけていた吉居だった。

最後の400mを57秒台で駆け抜け、コスマスらを突き放して優勝を飾った。記録は、昨年9月にマークした自己ベスト(13分22秒01)には惜しくも届かなかったものの、13分24秒06という好タイムだった。

ただ、フィニッシュ後の吉居が喜びを爆発させることはなかった。

ケガや体調不調はなかったというが、「あまり良くない状況が続いていた。うまく走れていない。(練習は)量自体はしっかりとこなしているんですけど、まだまだというか、弱い練習しかできていない。去年よりも良い日もあれば悪い日もあり、苦しい練習しかできていない」と、苦しい胸の内を明かした。

昨年9月に自己ベストをマークしてからは、パリ五輪を目標に据えて取り組んできた。しかし、2月のアジア室内選手権では日本代表として3000mに出場し、積極的なレースを見せたものの5位に終わった。

新年度を迎え勢いづきたいところだったが、4月13日の金栗記念の5000mでは21位、記録も13分58秒58と振るわなかった。なかなか納得のいくレースができずにいただけに、「本当に苦しいシーズンになっている」と話す。

そんななか、織田記念では「13分40秒を切りたい、ぐらいに思っていた」。それを大きく上回る好走。もちろん決して会心のレースだったわけではない。

「日本人とペースメーカーとの差が開いた時に、出るタイミングでちょっと緊張してしまった。本来であれば出るべきだったし、振り返ってみれば、出ることができたと思う」と、反省点が口をついて出た。

それでも、「スタートラインに戻してこられた」「今回は最低限の結果は出せた」などと言う言葉も口にしたように、吉居にとって復調のきっかけをつかんだレースにはなったようだ。

「今日を機に、もう一度立て直して、パリを目指して強くなりたいと思います」

可能性がゼロではない限り、吉居はパリ五輪を諦めることはない。

文/和田悟志

◇第58回織田幹雄記念(4月29日/ホットスタッフフィールド広島) 日本グランプリシリーズG1の織田記念が行われ、男子5000mは中大3年の吉居駿恭(中大)が制した。 最終種目で大学生ランナーが躍動した。コスマス・ムワンギ(中国電力)を先頭に6人が縦長の隊列を作り、ラスト1周の鐘が鳴り、ラストスパート勝負へ。残り300mを切って、満を持して勝負に出たのが、2番手につけていた吉居だった。 最後の400mを57秒台で駆け抜け、コスマスらを突き放して優勝を飾った。記録は、昨年9月にマークした自己ベスト(13分22秒01)には惜しくも届かなかったものの、13分24秒06という好タイムだった。 ただ、フィニッシュ後の吉居が喜びを爆発させることはなかった。 ケガや体調不調はなかったというが、「あまり良くない状況が続いていた。うまく走れていない。(練習は)量自体はしっかりとこなしているんですけど、まだまだというか、弱い練習しかできていない。去年よりも良い日もあれば悪い日もあり、苦しい練習しかできていない」と、苦しい胸の内を明かした。 昨年9月に自己ベストをマークしてからは、パリ五輪を目標に据えて取り組んできた。しかし、2月のアジア室内選手権では日本代表として3000mに出場し、積極的なレースを見せたものの5位に終わった。 新年度を迎え勢いづきたいところだったが、4月13日の金栗記念の5000mでは21位、記録も13分58秒58と振るわなかった。なかなか納得のいくレースができずにいただけに、「本当に苦しいシーズンになっている」と話す。 そんななか、織田記念では「13分40秒を切りたい、ぐらいに思っていた」。それを大きく上回る好走。もちろん決して会心のレースだったわけではない。 「日本人とペースメーカーとの差が開いた時に、出るタイミングでちょっと緊張してしまった。本来であれば出るべきだったし、振り返ってみれば、出ることができたと思う」と、反省点が口をついて出た。 それでも、「スタートラインに戻してこられた」「今回は最低限の結果は出せた」などと言う言葉も口にしたように、吉居にとって復調のきっかけをつかんだレースにはなったようだ。 「今日を機に、もう一度立て直して、パリを目指して強くなりたいと思います」 可能性がゼロではない限り、吉居はパリ五輪を諦めることはない。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top