HOME 国内

2024.04.23

競歩の酒井瑞穂コーチ ミズノスポーツメントール賞ゴールド受賞「学びの姿勢を持ちながら精進」
競歩の酒井瑞穂コーチ ミズノスポーツメントール賞ゴールド受賞「学びの姿勢を持ちながら精進」

ゴールドを受賞した競歩コーチ・酒井瑞穂氏(左)。夫である東洋大の酒井俊幸監督と受賞を喜んだ

ミズノスポーツ振興財団は、日本スポーツ協会および日本オリンピック委員会と共催で、「我が国の競技スポーツや地域スポーツにおいて選手の強化・育成、普及・振興に貢献した指導者を顕彰」する『ミズノ スポーツメントール賞』を1990年度から制定しており、2023年度の表彰式を4月23日に都内で開催。最優秀指導者賞となるゴールドは、東洋大学陸上競技部監督補佐兼競歩コーチである酒井瑞穂氏が受賞した。

これまで国際大会で活躍する競歩選手を数多く育成してきた酒井氏。特に2020東京五輪(2021年開催)では20km競歩の池田向希(旭化成)が銀メダルに輝き、2022オレゴン世界選手権では20km競歩の池田と35km競歩の川野将虎(旭化成)がいずれも銀メダルを獲得した。

さらに2023ブダペスト世界選手権でも川野が35km競歩で銅メダルを手にするなど、学生時代から中長期的に指導する選手を世界トップクラスに導き、日本の競歩が世界レベルであることを強く印象づけたことが評価された。

酒井氏は「大学の男子陸上競技部監督の夫のサポートをしながら大学生であるシニア期の選手と卒業生であるシニア選手の競歩指導をしてきましたが、各世代の選手たちが陸上競技を通じて自ら学び成長し、人生を切り拓いていく姿が一番の原動力になりました」と話す。

「この栄えある賞は、選手たちの努力と、日本陸連をはじめとする指導に関わってくださった多くの皆様のご助力の賜であり、日本陸上界と日本競歩界全体にご授与いただいたものと感じています。また、私自身をそばで支えてくれた夫である酒井俊幸と息子たち、学生たちのおかげでもある」と周囲に感謝。「この賞を励みとして、今後も指導者として学びの姿勢を持ちながら精進してまいります」とあいさつした。

ミズノスポーツメントール賞は各競技団体、都道府県スポーツ協会の推薦を基に選考されるもので、今年度で34回目。陸上競技の指導者がゴールドを受賞するのは2011年度の室伏重信氏(ハンマー投を中心とする投てき指導者)以来となった。

ミズノスポーツ振興財団は、日本スポーツ協会および日本オリンピック委員会と共催で、「我が国の競技スポーツや地域スポーツにおいて選手の強化・育成、普及・振興に貢献した指導者を顕彰」する『ミズノ スポーツメントール賞』を1990年度から制定しており、2023年度の表彰式を4月23日に都内で開催。最優秀指導者賞となるゴールドは、東洋大学陸上競技部監督補佐兼競歩コーチである酒井瑞穂氏が受賞した。 これまで国際大会で活躍する競歩選手を数多く育成してきた酒井氏。特に2020東京五輪(2021年開催)では20km競歩の池田向希(旭化成)が銀メダルに輝き、2022オレゴン世界選手権では20km競歩の池田と35km競歩の川野将虎(旭化成)がいずれも銀メダルを獲得した。 さらに2023ブダペスト世界選手権でも川野が35km競歩で銅メダルを手にするなど、学生時代から中長期的に指導する選手を世界トップクラスに導き、日本の競歩が世界レベルであることを強く印象づけたことが評価された。 酒井氏は「大学の男子陸上競技部監督の夫のサポートをしながら大学生であるシニア期の選手と卒業生であるシニア選手の競歩指導をしてきましたが、各世代の選手たちが陸上競技を通じて自ら学び成長し、人生を切り拓いていく姿が一番の原動力になりました」と話す。 「この栄えある賞は、選手たちの努力と、日本陸連をはじめとする指導に関わってくださった多くの皆様のご助力の賜であり、日本陸上界と日本競歩界全体にご授与いただいたものと感じています。また、私自身をそばで支えてくれた夫である酒井俊幸と息子たち、学生たちのおかげでもある」と周囲に感謝。「この賞を励みとして、今後も指導者として学びの姿勢を持ちながら精進してまいります」とあいさつした。 ミズノスポーツメントール賞は各競技団体、都道府県スポーツ協会の推薦を基に選考されるもので、今年度で34回目。陸上競技の指導者がゴールドを受賞するのは2011年度の室伏重信氏(ハンマー投を中心とする投てき指導者)以来となった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top