HOME 国内、大学、高校、日本代表
U20アジア選手権・女子100mの山形愛羽、女子400mHの瀧野未来が出場辞退
山形愛羽(左)と瀧野未来(写真は昨年のインターハイ)

日本陸連は4月18日、ドバイで行われるU20アジア選手権(4月24~27日)の日本代表で女子100mの山形愛羽(福岡大)、女子400mハードルの瀧野未来(立命大)が出場を辞退すると発表した。

昨年のインターハイの女子100mと200mで2冠を飾っていた山形は、今夏のパリ五輪の出場国選考を兼ねた世界リレー(5月4日、5日・バハマ)の代表に選ばれたため。昨年10月に400mハードルで56秒90の日本高校記録をマークし、4月6日の京都インカレで400mを54秒68の大会新記録で制していた瀧野は4月13日に左足を痛めた影響で辞退する。

今回の辞退による代表選手の入れ替えや追加はなく、日本代表は男子15人、女子14人の計29人となった。

日本陸連は4月18日、ドバイで行われるU20アジア選手権(4月24~27日)の日本代表で女子100mの山形愛羽(福岡大)、女子400mハードルの瀧野未来(立命大)が出場を辞退すると発表した。 昨年のインターハイの女子100mと200mで2冠を飾っていた山形は、今夏のパリ五輪の出場国選考を兼ねた世界リレー(5月4日、5日・バハマ)の代表に選ばれたため。昨年10月に400mハードルで56秒90の日本高校記録をマークし、4月6日の京都インカレで400mを54秒68の大会新記録で制していた瀧野は4月13日に左足を痛めた影響で辞退する。 今回の辞退による代表選手の入れ替えや追加はなく、日本代表は男子15人、女子14人の計29人となった。

ドバイU20アジア選手権の日本代表をチェック!

男子 ・100m 黒木海翔(中大)10秒19 平澤櫂(福岡大)10秒31 ・400m 庄籠大翔(中大)46秒98 ・800m 落合晃(滋賀学園高・滋賀)1分47秒92 立迫大徳(早大)1分47秒97 ・3000m 増子陽太(学法石川高・福島)8分05秒32 ・5000m 折田壮太(青学大)13分28秒78 飯田翔大(青学大)13分34秒20 ・110mH(U20規格) 山中恭介(法大)13秒48 (0.991m) 北條友葵(用賀陸上)13秒69 (0.991m) ・400mH 渕上翔太(早大)50秒47 ・10000m競歩 梅田和宏(日大)44分41秒86 ・走高跳 中谷魁聖(福岡一高・福岡)2m16 ・棒高跳 村社亮太(日体大)5m25 吉田陸哉(関大)5m20 女子 ・100m 森本海咲希(園田学園女大)11秒63 ・800m 西田有里(立命大)2分04秒15 亀井咲里(京教大)2分05秒96 ・1500m ドルーリー朱瑛里(津山高・岡山)4分15秒50 ・3000m 奥本菜瑠海(日立)9分05秒40 近藤希美(名城大)9分07秒59 ・100mH 松田晏奈(長崎日大高・長崎)13秒38 谷中天架(大分雄城台高・大分)13秒42 ・10000m競歩 大山藍(自衛隊体育学校)46分24秒44 ・棒高跳 柳川美空(群馬陸協)4m10 ・走幅跳 恒石望乃(福岡大)6m21 ・砲丸投 村瀬にこ(九州共立大)14m88 ・ハンマー投 嶋本美海(九州共立大)59m92 ・やり投 曽野雅(国士大)52m21

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top