HOME シューズ

2024.04.18

ナイキが13人のトップアスリートと“未来のシューズ”を構想 A.I.Rプロジェクトが新たな可能性を拡大
ナイキが13人のトップアスリートと“未来のシューズ”を構想 A.I.Rプロジェクトが新たな可能性を拡大

シャカリ・リチャードソンが考案した未来のスパイク

ナイキは4月18日、同社のシューズを手がけるデザイナーと13人のトップアスリートがタッグを組み、未来の可能性を描くプロダクトを構想するプロジェクトを発表。アスリートたちの意見を盛り込んだ大胆なフットウェアを発表した。

ナイキは創業以来アスリートとの関係性を重視し、アスリートたちの意見をシューズに取り組み、これまで多くの画期的なデザインの開発に取り組んできた。

今回のプロジェクトではA.I.R.(Athlete Imagined Revolution)と名付けられ、アスリートの希望と夢をも表現することをコンセプトとし、ナイキを象徴する「ナイキ エア」を盛り込んだ13のシューズが誕生した。

ブダペスト世界選手権で女子100m、4×100mリレーの2冠に輝いたシャカリ・リチャードソン(米国)が手がけたスパイクは、アッパー部分がが脛部まで伸びる特徴的なデザインに。これは「自信、不屈、そして優美という3つの重要な特性を体現すること」を求めたリチャードソンの提案によるもので、足とスパイクの一体感を求める彼女の願望から着想を得て視覚的に表現したものとなっている。

男子マラソンで五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)は、これまでアルファフライ・シリーズに対しても多くの意見をナイキに伝え、夢のシューズの開発に貢献してきた。今回のプロジェクトでは「(エアクッショニングは)しっかりと踏み込めば、より多くの効果が得られる」と信頼を寄せる『ナイキ エア』を前足部に採用。踵部はゆりかごのような構造をデザインした。

このほか、女子100mハードルのディナ・アッシャー・スミス(英国)は機能性と美しさの両方を求め、エアユニットは、軽さと安定性を実現するために計算されたという。ベルトを思わせる踵のTPUのヒールクリップは、スタートラインに立つ時に簡単に取り外せる仕組みとなっている。

今回発表されたシューズは実際に発売されることはないものの、ナイキはアスリートの声に耳を傾け、最高のパフォーマンスを発揮するためのデザインのシューズを多く生み出してきた。今回のプロジェクトでは生成AIや3Dスケッチなどナイキが誇る高機能ツールをふんだんに取り入れ、これまでにないスピードでアスリートの要望に応えることができたという。

ナイキのチーフ・イノベーション・オフィサーであるジョン・ホーク氏は、「ナイキのデザイナーがアスリートとの関係に基づいて創造できるスピードと正確さはこれまでにないもので驚きを感じます。そのすべてが新しいテクノロジーによって増強されており、イノベーションのスーパーサイクルが始まっています」と話しており、今後は新しいテクノロジーとデジタル機能を掛け合わせたシューズを作り出していくとしている。

ナイキは4月18日、同社のシューズを手がけるデザイナーと13人のトップアスリートがタッグを組み、未来の可能性を描くプロダクトを構想するプロジェクトを発表。アスリートたちの意見を盛り込んだ大胆なフットウェアを発表した。 ナイキは創業以来アスリートとの関係性を重視し、アスリートたちの意見をシューズに取り組み、これまで多くの画期的なデザインの開発に取り組んできた。 今回のプロジェクトではA.I.R.(Athlete Imagined Revolution)と名付けられ、アスリートの希望と夢をも表現することをコンセプトとし、ナイキを象徴する「ナイキ エア」を盛り込んだ13のシューズが誕生した。 ブダペスト世界選手権で女子100m、4×100mリレーの2冠に輝いたシャカリ・リチャードソン(米国)が手がけたスパイクは、アッパー部分がが脛部まで伸びる特徴的なデザインに。これは「自信、不屈、そして優美という3つの重要な特性を体現すること」を求めたリチャードソンの提案によるもので、足とスパイクの一体感を求める彼女の願望から着想を得て視覚的に表現したものとなっている。 男子マラソンで五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)は、これまでアルファフライ・シリーズに対しても多くの意見をナイキに伝え、夢のシューズの開発に貢献してきた。今回のプロジェクトでは「(エアクッショニングは)しっかりと踏み込めば、より多くの効果が得られる」と信頼を寄せる『ナイキ エア』を前足部に採用。踵部はゆりかごのような構造をデザインした。 このほか、女子100mハードルのディナ・アッシャー・スミス(英国)は機能性と美しさの両方を求め、エアユニットは、軽さと安定性を実現するために計算されたという。ベルトを思わせる踵のTPUのヒールクリップは、スタートラインに立つ時に簡単に取り外せる仕組みとなっている。 今回発表されたシューズは実際に発売されることはないものの、ナイキはアスリートの声に耳を傾け、最高のパフォーマンスを発揮するためのデザインのシューズを多く生み出してきた。今回のプロジェクトでは生成AIや3Dスケッチなどナイキが誇る高機能ツールをふんだんに取り入れ、これまでにないスピードでアスリートの要望に応えることができたという。 ナイキのチーフ・イノベーション・オフィサーであるジョン・ホーク氏は、「ナイキのデザイナーがアスリートとの関係に基づいて創造できるスピードと正確さはこれまでにないもので驚きを感じます。そのすべてが新しいテクノロジーによって増強されており、イノベーションのスーパーサイクルが始まっています」と話しており、今後は新しいテクノロジーとデジタル機能を掛け合わせたシューズを作り出していくとしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top