HOME ニュース、国内、大学
【競歩】東京五輪内定 東洋大・池田向希、川野将虎が来春から旭化成へ 拠点は変わらず
【競歩】東京五輪内定 東洋大・池田向希、川野将虎が来春から旭化成へ 拠点は変わらず


競歩の男子20kmと50kmでそれぞれ東京五輪代表に内定している東洋大の池田向希と川野将虎が来春、旭化成に入社することが決まった。2人は卒業後も東洋大を練習拠点とし、酒井瑞穂コーチに師事しながら東京五輪へと向かう。

池田は昨年のドーハ世界選手権20km競歩で6位、今年3月の全日本能美競歩で優勝して東京五輪に内定。川野は昨年の全日本50km競歩高畠を日本新記録で制して五輪代表に内定している。9月の日本インカレ10000m競歩では、池田が大会新で制して川野が3位と表彰台に上った。東洋大はオリンピック競歩代表に12年ロンドン、16年リオと2大会連続で選手を送り込んでいる。

広告の下にコンテンツが続きます

旭化成は陸上界屈指の名門として知られ、宗茂・宗猛兄弟、谷口浩美、森下広一ら、多くのオリンピアンを輩出。かつては競歩選手も在籍しており、1964年の東京五輪50km競歩には三輪寿美雄が出場した。また、現在長距離には東洋大の先輩である相澤晃らも在籍している。

2人は東洋大を通じてコメントを以下の通り発表した。

池田向希
「私は来春より、旭化成株式会社に入社いたします。志望理由としては、これまでの酒井コーチからの指導と東洋大学での練習環境の継続を一番のポイントとして就職活動を行っていたため、それを実現することができたのが旭化成でした。
旭化成はマラソンや駅伝の伝統があり、多くの実績を残しているため、同じ長距離種目である競歩で様々なことを学び、会社に貢献できる選手になりたいと考えています。今回の就職にあたり、正社員として採用していただいた旭化成、そして学生指導との兼務を引き受けていただいた酒井コーチ、恵まれた環境を使用させてくださる東洋大学に感謝し、まずは来年に控える東京オリンピックで世界への挑戦をし、競技力だけではなく、人間性も高め、人としても認められるように精進したいと思います」

川野将虎
「来春より、旭化成株式会社に入社となりました。旭化成への入社を希望したのは、これまで東洋大学で取り組んできた、酒井コーチのもとでの指導と練習環境の継続を実現できること。そして、旭化成の伝統あるマラソン文化を学び、自分の競歩競技に生かすことで更なる成長のきっかけになると考えたからです。4月から旭化成の一員であることに誇りと感謝の気持ちを持って、競技に取り組んでいきたいと思います。まずは東京オリンピックで世界の舞台へ挑戦し、その後も長く競技を続けて活躍することで、旭化成の社員の皆様に感動や勇気を与えられるような選手になれるように日々精進していきます」

広告の下にコンテンツが続きます
競歩の男子20kmと50kmでそれぞれ東京五輪代表に内定している東洋大の池田向希と川野将虎が来春、旭化成に入社することが決まった。2人は卒業後も東洋大を練習拠点とし、酒井瑞穂コーチに師事しながら東京五輪へと向かう。 池田は昨年のドーハ世界選手権20km競歩で6位、今年3月の全日本能美競歩で優勝して東京五輪に内定。川野は昨年の全日本50km競歩高畠を日本新記録で制して五輪代表に内定している。9月の日本インカレ10000m競歩では、池田が大会新で制して川野が3位と表彰台に上った。東洋大はオリンピック競歩代表に12年ロンドン、16年リオと2大会連続で選手を送り込んでいる。 旭化成は陸上界屈指の名門として知られ、宗茂・宗猛兄弟、谷口浩美、森下広一ら、多くのオリンピアンを輩出。かつては競歩選手も在籍しており、1964年の東京五輪50km競歩には三輪寿美雄が出場した。また、現在長距離には東洋大の先輩である相澤晃らも在籍している。 2人は東洋大を通じてコメントを以下の通り発表した。 池田向希 「私は来春より、旭化成株式会社に入社いたします。志望理由としては、これまでの酒井コーチからの指導と東洋大学での練習環境の継続を一番のポイントとして就職活動を行っていたため、それを実現することができたのが旭化成でした。 旭化成はマラソンや駅伝の伝統があり、多くの実績を残しているため、同じ長距離種目である競歩で様々なことを学び、会社に貢献できる選手になりたいと考えています。今回の就職にあたり、正社員として採用していただいた旭化成、そして学生指導との兼務を引き受けていただいた酒井コーチ、恵まれた環境を使用させてくださる東洋大学に感謝し、まずは来年に控える東京オリンピックで世界への挑戦をし、競技力だけではなく、人間性も高め、人としても認められるように精進したいと思います」 川野将虎 「来春より、旭化成株式会社に入社となりました。旭化成への入社を希望したのは、これまで東洋大学で取り組んできた、酒井コーチのもとでの指導と練習環境の継続を実現できること。そして、旭化成の伝統あるマラソン文化を学び、自分の競歩競技に生かすことで更なる成長のきっかけになると考えたからです。4月から旭化成の一員であることに誇りと感謝の気持ちを持って、競技に取り組んでいきたいと思います。まずは東京オリンピックで世界の舞台へ挑戦し、その後も長く競技を続けて活躍することで、旭化成の社員の皆様に感動や勇気を与えられるような選手になれるように日々精進していきます」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top