月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【やり投】佐藤友佳が59m32で初優勝 北口を2cm差で抑える/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)
初日に行われた女子やり投は、昨年のドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)が59m32で初優勝を飾った。「勝負にこだわってきた。優勝できてうれしい」。前回優勝の日本記録保持者・北口榛花(JAL)は2cm差の2位で「抜かれても仕方ない記録だった」と苦笑い。この差は史上最も僅差だった。3位には日本インカレ覇者の上田百寧(福岡大)が自己新で入った。

■女子やり投
佐藤友佳(ニコニコのり)59m32
59m03-×-54m03-56m91-57m45-59m32
北口榛花(JAL)   59m30
上田百寧(福岡大)  58m25



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com