HOME 特集

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦
クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

豊田兼(慶大)

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。

異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦

日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、400mハードルには黒川和樹(法大)ら、すでに世界で活躍するハードラーがいる。その2種目ともで世界を目指す異色の男がいる。

慶大4年の豊田兼だ。昨年は110mハードルで、学生世界一を決めるワールドユニバーシティゲームズに優勝。これは全カテゴリーを通じて初の優勝だった。さらに、400mハードルでは、日本インカレを優勝(東洋大・小川大輝と同時優勝)したあと、新潟で400mハードルに出場し、48秒47をマーク。パリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破してみせた。

パリ五輪では「2種目で狙っていく」と強い思いをにじませる。

「大学に入学した時点で、4年生の時にパリ五輪があると思っていたので、そこから4年間での一番の目標にしてきました」

小学生の時にクラブチームで陸上を始め、東京・桐朋中でも陸上部に入った。当初は四種競技に取り組みつつ、ハードルや400mが得意だったこともあり、高校からで400mハードルに挑戦することを見据えていたという。中学時代に全国大会出場はなかった。

中・高一環のため、環境を変えずにトレーニングを積むと、1年目は110mハードルが15秒45、400mハードルは54秒40。その年の秋の新人戦で慶大の髙野大樹コーチが見た際には「とんでもない選手がいる」と感じたそうだ。

高2のインターハイ都大会でも衝撃が走った。110mハードル14秒85で2位、400mハードルは52秒85で優勝。身長190cmを超え、スケールの大きな走りに魅了された。コロナ禍に泣いた高校最終学年は全国高校大会で110mハードル4位、400mハードル5位だった。

慶大に進学すると、22年は飛躍の年に。主要タイトルには届かなかったが、13秒44と49秒76といういずれも学生トップクラスに成長している。そして、昨年、110mハードルでワールドユニバーシティゲームズを勝ち、13秒29(日本歴代6位)まで記録を短縮。これはパリ五輪参加標準記録(13秒27)まであと0.02秒に迫るもの。

「10月末の日本選手権リレーで少しケガをしたので、1ヵ月くらいは療養してから練習を再開しました」。冬場は慶大の競技場が改修のため「坂でハードルを跳んだり、ロング系の練習をしたりしてきました」という。

スマートな風貌とは想像つかないが、高校時代から「吐くほど追い込んで練習していた」と高校の恩師・外堀宏幸先生が明かしている。

身体作りは大学入学時から計画的に進めてきた。ウエイトトレーニングを週1、2回継続し、細身だった身体にも変化が現れている。

400mハードルはパリ五輪の参加標準記録を突破しているため、「2、3月は110mハードルに力を入れてきました」。記録を狙った3月末のシドニークラシック(豪州)は「攻めてタイムを狙いにいったのですが、木製のハードルに慣れていなかった」ことも影響し、6台目で接触して転倒し失格に。「調子が良かった」というだけに悔しい結果となった。

東京六大学対校で400mHのシーズンイン

想定通りにはいかなかったが、すぐに切り換えて400mハードルにシフトチェンジ。4月の東京六大学対校では49秒38でシーズンインした。

「後半の歩数など、少し不安でしたが、ちょっと詰まりながらも確認できたので良かったです。走力も上がっていると思います。去年のこのレースは50秒00だったので、成長を感じています」

予定通り、5月までは世界を見据えて400mハードルの感覚を磨いていく。

4日間行われる6月の日本選手権は、初日に400mハードルの予選、2日目に決勝。そして3日目に110mハードル予選・準決勝、最終日に決勝という日程になった。「2日目にヨンパーで3位以内をしっかり達成して、トッパーは攻めたいです」と思い描いている。

フランスは父の祖国でもある。「モチベーションになります。僕がオリンピックに行ったら喜んでくれると思います」。オリンピックに出場すれば慶大の現役学生としては2012年ロンドンの山縣亮太(現・セイコー)以来、慶大ハードラーとしては1928年アムステルダムの110mハードルに出場した三木義雄以来、実に96年ぶりとなる。そして、ハードル2種目で出場となれば、日本初の快挙だ。

「難しいのはわかっていますが、僕は絞りたくない」

2024年。常識にとらわれないハードラーが、世界への第一歩を刻む1年になりそうだ。

文/向永拓史

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。

異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦

日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、400mハードルには黒川和樹(法大)ら、すでに世界で活躍するハードラーがいる。その2種目ともで世界を目指す異色の男がいる。 慶大4年の豊田兼だ。昨年は110mハードルで、学生世界一を決めるワールドユニバーシティゲームズに優勝。これは全カテゴリーを通じて初の優勝だった。さらに、400mハードルでは、日本インカレを優勝(東洋大・小川大輝と同時優勝)したあと、新潟で400mハードルに出場し、48秒47をマーク。パリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破してみせた。 パリ五輪では「2種目で狙っていく」と強い思いをにじませる。 「大学に入学した時点で、4年生の時にパリ五輪があると思っていたので、そこから4年間での一番の目標にしてきました」 小学生の時にクラブチームで陸上を始め、東京・桐朋中でも陸上部に入った。当初は四種競技に取り組みつつ、ハードルや400mが得意だったこともあり、高校からで400mハードルに挑戦することを見据えていたという。中学時代に全国大会出場はなかった。 中・高一環のため、環境を変えずにトレーニングを積むと、1年目は110mハードルが15秒45、400mハードルは54秒40。その年の秋の新人戦で慶大の髙野大樹コーチが見た際には「とんでもない選手がいる」と感じたそうだ。 高2のインターハイ都大会でも衝撃が走った。110mハードル14秒85で2位、400mハードルは52秒85で優勝。身長190cmを超え、スケールの大きな走りに魅了された。コロナ禍に泣いた高校最終学年は全国高校大会で110mハードル4位、400mハードル5位だった。 慶大に進学すると、22年は飛躍の年に。主要タイトルには届かなかったが、13秒44と49秒76といういずれも学生トップクラスに成長している。そして、昨年、110mハードルでワールドユニバーシティゲームズを勝ち、13秒29(日本歴代6位)まで記録を短縮。これはパリ五輪参加標準記録(13秒27)まであと0.02秒に迫るもの。 「10月末の日本選手権リレーで少しケガをしたので、1ヵ月くらいは療養してから練習を再開しました」。冬場は慶大の競技場が改修のため「坂でハードルを跳んだり、ロング系の練習をしたりしてきました」という。 スマートな風貌とは想像つかないが、高校時代から「吐くほど追い込んで練習していた」と高校の恩師・外堀宏幸先生が明かしている。 身体作りは大学入学時から計画的に進めてきた。ウエイトトレーニングを週1、2回継続し、細身だった身体にも変化が現れている。 400mハードルはパリ五輪の参加標準記録を突破しているため、「2、3月は110mハードルに力を入れてきました」。記録を狙った3月末のシドニークラシック(豪州)は「攻めてタイムを狙いにいったのですが、木製のハードルに慣れていなかった」ことも影響し、6台目で接触して転倒し失格に。「調子が良かった」というだけに悔しい結果となった。 [caption id="attachment_133179" align="alignnone" width="800"] 東京六大学対校で400mHのシーズンイン[/caption] 想定通りにはいかなかったが、すぐに切り換えて400mハードルにシフトチェンジ。4月の東京六大学対校では49秒38でシーズンインした。 「後半の歩数など、少し不安でしたが、ちょっと詰まりながらも確認できたので良かったです。走力も上がっていると思います。去年のこのレースは50秒00だったので、成長を感じています」 予定通り、5月までは世界を見据えて400mハードルの感覚を磨いていく。 4日間行われる6月の日本選手権は、初日に400mハードルの予選、2日目に決勝。そして3日目に110mハードル予選・準決勝、最終日に決勝という日程になった。「2日目にヨンパーで3位以内をしっかり達成して、トッパーは攻めたいです」と思い描いている。 フランスは父の祖国でもある。「モチベーションになります。僕がオリンピックに行ったら喜んでくれると思います」。オリンピックに出場すれば慶大の現役学生としては2012年ロンドンの山縣亮太(現・セイコー)以来、慶大ハードラーとしては1928年アムステルダムの110mハードルに出場した三木義雄以来、実に96年ぶりとなる。そして、ハードル2種目で出場となれば、日本初の快挙だ。 「難しいのはわかっていますが、僕は絞りたくない」 2024年。常識にとらわれないハードラーが、世界への第一歩を刻む1年になりそうだ。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top