HOME 国内

2024.04.15

走高跳・戸邉直人 アキレス腱断裂から再び世界へ「技術が噛み合えば跳べる」
走高跳・戸邉直人 アキレス腱断裂から再び世界へ「技術が噛み合えば跳べる」

完全復活を期す走高跳の戸邉直人

JALがアスリート社員が集まり、社内への挨拶を終えたあと、新年度スタートの取材対応を行った。

男子走高跳の日本記録(2m35)保持者の戸邉直人は、5月9日にカタール・ドーハで行われる競技会に出場を予定。東京五輪金メダリストのムタズ・エッサ・バルシム(カタール)が立ち上げた競技会で、昨年秋に本人から誘いの話があったという。

東京五輪でファイナルに進んだ戸邉。だが、22年の日本選手権の練習跳躍で左アキレス腱を断裂。同年11月にトレーニングを再開し、1年前ほどから本格的に技術練習を始めた。

昨年10月の新潟で競技会に復帰して2m15。今年は室内でも連戦するなど、徐々に調子を上げている。

「冬は良い感じに練習を積めていて室内シーズンでは2m20くらい跳びたかったのですがうまくいかず(※2戦目の2m14が最高)。記録はもうちょっとほしかったですが、トレーニングは概ね順調です」

アキレス腱については今は痛みも違和感もなく「怖さもない」という。「せっかくと言ってはなんですが、アキレス腱が切れたので、そこから定期的に数値を測定してきた」というのも戸邉らしい。リバウンドジャンプなどの数値を確認し、「断裂前と同じくらいの数値になってきた」とも。

ただ、まだ反発をもらう感覚は完全ではなく、違う部位で補完する形での跳躍。「もう少し足首がスムーズに動いてくれて、技術が噛み合ってくれば跳べるんじゃないかという感じはあります」と手応えを語る。

戸邉が不在の間に、世界選手権では22年のオレゴンで真野友博(九電工)、昨年のブダペストでは赤松諒一(アワーズ)が入賞。「うれしい意味でやってくれたな、というのはあります。日本人がこれまでずっと届かなかったところ。うれしいです」。

今年のパリ五輪、そして来年は東京での世界選手権が控え、ハイレベルな日本のハイジャンプにあって「実業団で競技をしている以上、僕もそこに戻らないといけない。高いレベルでやれることを楽しみにして頑張ります」と復活を誓った。

JALがアスリート社員が集まり、社内への挨拶を終えたあと、新年度スタートの取材対応を行った。 男子走高跳の日本記録(2m35)保持者の戸邉直人は、5月9日にカタール・ドーハで行われる競技会に出場を予定。東京五輪金メダリストのムタズ・エッサ・バルシム(カタール)が立ち上げた競技会で、昨年秋に本人から誘いの話があったという。 東京五輪でファイナルに進んだ戸邉。だが、22年の日本選手権の練習跳躍で左アキレス腱を断裂。同年11月にトレーニングを再開し、1年前ほどから本格的に技術練習を始めた。 昨年10月の新潟で競技会に復帰して2m15。今年は室内でも連戦するなど、徐々に調子を上げている。 「冬は良い感じに練習を積めていて室内シーズンでは2m20くらい跳びたかったのですがうまくいかず(※2戦目の2m14が最高)。記録はもうちょっとほしかったですが、トレーニングは概ね順調です」 アキレス腱については今は痛みも違和感もなく「怖さもない」という。「せっかくと言ってはなんですが、アキレス腱が切れたので、そこから定期的に数値を測定してきた」というのも戸邉らしい。リバウンドジャンプなどの数値を確認し、「断裂前と同じくらいの数値になってきた」とも。 ただ、まだ反発をもらう感覚は完全ではなく、違う部位で補完する形での跳躍。「もう少し足首がスムーズに動いてくれて、技術が噛み合ってくれば跳べるんじゃないかという感じはあります」と手応えを語る。 戸邉が不在の間に、世界選手権では22年のオレゴンで真野友博(九電工)、昨年のブダペストでは赤松諒一(アワーズ)が入賞。「うれしい意味でやってくれたな、というのはあります。日本人がこれまでずっと届かなかったところ。うれしいです」。 今年のパリ五輪、そして来年は東京での世界選手権が控え、ハイレベルな日本のハイジャンプにあって「実業団で競技をしている以上、僕もそこに戻らないといけない。高いレベルでやれることを楽しみにして頑張ります」と復活を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top