HOME 駅伝、大学

2024.03.16

須磨学園高・折田壮太が3000m8分00秒13の高校歴代4位! 青学大への入学前に快走
須磨学園高・折田壮太が3000m8分00秒13の高校歴代4位! 青学大への入学前に快走

折田壮太(須磨学園高)

3月16日、宮崎県小林市で第2回小林市長距離記録会が行われ、5000mで高校歴代2位の13分28秒78を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)が3000mで8分00秒13の高校歴代4位の好タイムをマークした。

4月から青学大に入学する折田は1週間前に陸上部寮へ入寮。他の新1年生らとともに、熊本県水上村での合宿に参加している。

広告の下にコンテンツが続きます

レースでは5000m13分34秒20を持つ飯田翔大(出水中央高・鹿児島)や全国高校駅伝2年連続3位に貢献した小河原陽琉(八千代松陰高・千葉)ら春からチームメイトになる同学年だけでなく、今年1月の箱根駅伝Vメンバーの若林宏樹、塩出翔太など青学大の主力級や、OBの吉田祐也(GMOインターネットグループ)も出場。そうそうたるメンバーが揃うなか、終盤で持ち前のスピードをいかして抜け出すと、8分06秒87の2着に入った小河原に6秒以上の差をつけてトップでフィニッシュした。

3着には塩出が8分07秒43で続き、8分07秒48で4着安島莉玖(大垣日大高・岐阜)までが8分10秒切り。吉田が8分15秒47、飯田が8分15秒50、若林は8分15秒94と僅差で続いている。

折田は5000mで昨年のインターハイ日本人トップ(5位)、国体少年A優勝といった実績を持ち、12月の全国高校駅伝では1区区間賞と、2023年高校ナンバーワンのランナーとして活躍。昨年9月の日体大長距離競技会5000mで13分28秒78と高校歴代2位のタイムを出していた。

新年度の青学大には折田や飯田をはじめ、3000m障害で活躍した黒田然(玉野光南高・岡山)、遠藤大成(佐久長聖高・長野)など有力な選手が多数入学。箱根駅伝連覇、学生三大駅伝制覇に向け、早くもルーキーたちが躍動している。

広告の下にコンテンツが続きます
3月16日、宮崎県小林市で第2回小林市長距離記録会が行われ、5000mで高校歴代2位の13分28秒78を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)が3000mで8分00秒13の高校歴代4位の好タイムをマークした。 4月から青学大に入学する折田は1週間前に陸上部寮へ入寮。他の新1年生らとともに、熊本県水上村での合宿に参加している。 レースでは5000m13分34秒20を持つ飯田翔大(出水中央高・鹿児島)や全国高校駅伝2年連続3位に貢献した小河原陽琉(八千代松陰高・千葉)ら春からチームメイトになる同学年だけでなく、今年1月の箱根駅伝Vメンバーの若林宏樹、塩出翔太など青学大の主力級や、OBの吉田祐也(GMOインターネットグループ)も出場。そうそうたるメンバーが揃うなか、終盤で持ち前のスピードをいかして抜け出すと、8分06秒87の2着に入った小河原に6秒以上の差をつけてトップでフィニッシュした。 3着には塩出が8分07秒43で続き、8分07秒48で4着安島莉玖(大垣日大高・岐阜)までが8分10秒切り。吉田が8分15秒47、飯田が8分15秒50、若林は8分15秒94と僅差で続いている。 折田は5000mで昨年のインターハイ日本人トップ(5位)、国体少年A優勝といった実績を持ち、12月の全国高校駅伝では1区区間賞と、2023年高校ナンバーワンのランナーとして活躍。昨年9月の日体大長距離競技会5000mで13分28秒78と高校歴代2位のタイムを出していた。 新年度の青学大には折田や飯田をはじめ、3000m障害で活躍した黒田然(玉野光南高・岡山)、遠藤大成(佐久長聖高・長野)など有力な選手が多数入学。箱根駅伝連覇、学生三大駅伝制覇に向け、早くもルーキーたちが躍動している。

男子3000m高校歴代10傑

7.50.81 佐藤圭汰(洛南3京都)    2021.11.21 7.58.18 吉岡大翔(佐久長聖3+長野)  2023. 3.25 7.59.18 遠藤日向(学法石川3福島)  2016.10.16 8.00.13 折田壮太(須磨学園3+長野)  2024. 3.16 8.01.26 鈴木琉胤(八千代松陰1千葉) 2022.10.10 8.02.52 永原颯磨(佐久長聖3長野)  2023. 6. 4 8.03.16 谷本昂士郎(大牟田3福岡)  2023. 7. 1 8.04.46 池間凛斗(小林3宮崎)    2023. 7. 1 8.04.86 大野聖登(秋田工3+秋田)   2023. 3.24 8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016. 9.17

男子3000m U20歴代10傑

7.48.07 三浦龍司(順大2)      2021. 6.12 7.50.81 佐藤圭汰(洛南高3京都)   2021.11.21 7.54.79 遠藤日向(住友電工)     2017. 7. 9 7.57.58 大野龍二(旭化成)      2004. 6.26 7.58.18 吉岡大翔(佐久長聖高3+長野) 2023. 3.25 7.58.26 石原翔太郎(東海大1+)    2021. 3.28 7.59.49 甲木康博(東洋大1)     2021. 7. 3 8.00.13 折田壮太(須磨学園高3+長野) 2024. 3.16 8.01.26 鈴木琉胤(八千代松陰高1千葉)2022.10.10 8.01.29 白井勇佑(東京国際大2)   2022. 4. 2

小林市長距離記録会成績(2024年3月16日)

3000m6組 折田壮太(須磨学園高3)   8分00秒13 小河原陽琉(八千代松陰高3) 8分06秒87 塩出翔太(青学大2)     8分07秒43 安島莉玖(大垣日大高3)   8分07秒48 白石光星(青学大3)     8分12秒15 平松享祐(青学大1)     8分12秒95 吉田祐也(GMOインターネットグループ) 8分15秒47 飯田翔大(出水中央高3)   8分15秒50 若林宏樹(青学大3)     8分15秒94 植村真登(いわき秀英高3)  8分21秒54 佐藤有一(青学大2)     8分22秒50 鳥井健太(青学大1)     8分22秒59 片山宗哉(青学大3)     8分24秒18 佐々木大輝(花咲徳栄高3)  8分24秒74 佐藤愛斗(小林高3)     8分25秒16 黒田然(玉野高南高3)    8分25秒43 熊井渓人(青学大1)     8分28秒35 橋本昊太(滋賀学園高3)   8分33秒23 皆渡星七(青学大2)     8分38秒02 浜川舜斗(青学大1)     8分39秒87 徳本陽(東農大二高3)    8分48秒07

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top