HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.02.09

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~山梨学大~髙木翔瑛「自分の考えを持って」弓削「最低限の走りができた」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~山梨学大~髙木翔瑛「自分の考えを持って」弓削「最低限の走りができた」

山梨学大の髙木から和田への中継

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

●山梨学大
総合23位(往路15位、復路23位)  11時間11分11秒
監督:飯島理彰

1区 北村惇生(4年) 区間16位
(1)自分の走りに点数をつけるなら120点。上出来だったと思います。六郷橋あたりがきつかったです。
(2)ペースが速すぎて15km通過時点で死を悟りました。
(3)――
(4)――

2区 ブライアン・キピエゴ(1年) 区間9位
(1)自身の走りとしてはあまり納得がいっていないです。13~15kmがきつかったです。そこではリズムを意識して走りました。
(2)足が痛くて万全ではなかったです。
(3)「ブライアン、リズム!」
(4)次回こそは満足のいく走りをして区間上位で走りたいです。

3区 髙木翔瑛(4年) 区間22位
(1)スピードに乗っていけなかったです。チーム目標が達成できなかった。入りのスピードが重要で、同じ力なら下半身を使うのがポイントだと思いました。
(2)復路を走るために距離走だけやっていました
(3)「お前の陸上生活はあと30分しかない」
(4)悔しい言葉はいらないからやり切ったコメントで終わろう。ケガをしないこと。自分の希望の区間や身体の状態などはっきりと意思表示すること。自分の考えを持って大切にすること。

4区 和田瑛登(1年) 区間17位
(1)チームに貢献する走りができず悔しかったです。ラストに待ち受けるだらだらとした上り坂はきついです。
(2)風が強かったら出走ができていなかった。
(3)「設定ペース通りいってるから焦らず行こう」自分は前半突っ込んでしまう癖があるから。
(4)来年はチームに貢献できるように頑張ります。

5区 弓削征慶(2年) 区間11位
(1)個人としては最低限の走りができましたが、チームとしては良くなかったです。コースとしては下り切ってからの平地がきつかった。
(2)レース用の靴下を忘れたり、時計を押し忘れたりしました。
(3)「上りに入ってからが勝負」平地と下りは遅いから
(4)チーム目標に貢献できる走りをします。

6区 髙田尚暉(3年) 区間21位
(1)悔しい結果でした。大平台のカーブがポイントだと思いました。
(2)インフルエンザにかかってしまった。
(3)「前を見ろ!」
(4)最終学年らしくチームを引っ張ります。

7区 徳田秋斗(3年) 区間23位
(1)まったく不甲斐ない走りをしてしまいました。コースの攻略以前にまったく走れませんでした。
(2)体調不良になった
(3)「キャプテンの川原さんに申し訳が立たない」
(4)リベンジする

8区 新本駿(3年) 区間19位
(1)タスキを自分のとこで途切れてしまい悔しかったです。遊行寺の坂がきついので、前半の平地でつこっこみ過ぎないことがポイントだと思いまし。
(2)――
(3)――
(4)しっかり自己ベストを出して、チームに勢いづけれるようにします。

9区 平八重充希(2年) 区間22位
(1)とても悔しいです。コースについては終始きつ過ぎてあまり覚えていません。
(2)とても緊張しました。
(3)鹿児島実業高校時代からの先輩である砂川さんから給水をもらったときに、「先輩からの力水だからね、これは頑張らないといけないよ」という言葉が印象に残っています。
(4)シード権を獲得できるように頑張ります。

10区 占部大和(1年) 区間19位
(1)区間19位、総合23位という結果で、区間10位を狙っていたので非常に悔いの残る結果になってしまいました。ラスト3kmは少し風もありきつかったです。日頃からしっかりと距離を踏む練習をすることだ重要だと感じました。
(2)ゴールシーンで笑顔でゴールと言われましたが、実はきつくて歯を食いしばった顔をしていました。
(3)ラスト3kmで「お前は次にチームを引っ張っていく存在にならなきゃ行けないんだぞ」、と言われて少しペースを上げられました。
(4)次回大会は予選会から厳しい戦いになるので、これまで以上に気合を入れて、箱根でリベンジできるようにします。

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●山梨学大 総合23位(往路15位、復路23位)  11時間11分11秒 監督:飯島理彰 1区 北村惇生(4年) 区間16位 (1)自分の走りに点数をつけるなら120点。上出来だったと思います。六郷橋あたりがきつかったです。 (2)ペースが速すぎて15km通過時点で死を悟りました。 (3)―― (4)―― 2区 ブライアン・キピエゴ(1年) 区間9位 (1)自身の走りとしてはあまり納得がいっていないです。13~15kmがきつかったです。そこではリズムを意識して走りました。 (2)足が痛くて万全ではなかったです。 (3)「ブライアン、リズム!」 (4)次回こそは満足のいく走りをして区間上位で走りたいです。 3区 髙木翔瑛(4年) 区間22位 (1)スピードに乗っていけなかったです。チーム目標が達成できなかった。入りのスピードが重要で、同じ力なら下半身を使うのがポイントだと思いました。 (2)復路を走るために距離走だけやっていました (3)「お前の陸上生活はあと30分しかない」 (4)悔しい言葉はいらないからやり切ったコメントで終わろう。ケガをしないこと。自分の希望の区間や身体の状態などはっきりと意思表示すること。自分の考えを持って大切にすること。 4区 和田瑛登(1年) 区間17位 (1)チームに貢献する走りができず悔しかったです。ラストに待ち受けるだらだらとした上り坂はきついです。 (2)風が強かったら出走ができていなかった。 (3)「設定ペース通りいってるから焦らず行こう」自分は前半突っ込んでしまう癖があるから。 (4)来年はチームに貢献できるように頑張ります。 5区 弓削征慶(2年) 区間11位 (1)個人としては最低限の走りができましたが、チームとしては良くなかったです。コースとしては下り切ってからの平地がきつかった。 (2)レース用の靴下を忘れたり、時計を押し忘れたりしました。 (3)「上りに入ってからが勝負」平地と下りは遅いから (4)チーム目標に貢献できる走りをします。 6区 髙田尚暉(3年) 区間21位 (1)悔しい結果でした。大平台のカーブがポイントだと思いました。 (2)インフルエンザにかかってしまった。 (3)「前を見ろ!」 (4)最終学年らしくチームを引っ張ります。 7区 徳田秋斗(3年) 区間23位 (1)まったく不甲斐ない走りをしてしまいました。コースの攻略以前にまったく走れませんでした。 (2)体調不良になった (3)「キャプテンの川原さんに申し訳が立たない」 (4)リベンジする 8区 新本駿(3年) 区間19位 (1)タスキを自分のとこで途切れてしまい悔しかったです。遊行寺の坂がきついので、前半の平地でつこっこみ過ぎないことがポイントだと思いまし。 (2)―― (3)―― (4)しっかり自己ベストを出して、チームに勢いづけれるようにします。 9区 平八重充希(2年) 区間22位 (1)とても悔しいです。コースについては終始きつ過ぎてあまり覚えていません。 (2)とても緊張しました。 (3)鹿児島実業高校時代からの先輩である砂川さんから給水をもらったときに、「先輩からの力水だからね、これは頑張らないといけないよ」という言葉が印象に残っています。 (4)シード権を獲得できるように頑張ります。 10区 占部大和(1年) 区間19位 (1)区間19位、総合23位という結果で、区間10位を狙っていたので非常に悔いの残る結果になってしまいました。ラスト3kmは少し風もありきつかったです。日頃からしっかりと距離を踏む練習をすることだ重要だと感じました。 (2)ゴールシーンで笑顔でゴールと言われましたが、実はきつくて歯を食いしばった顔をしていました。 (3)ラスト3kmで「お前は次にチームを引っ張っていく存在にならなきゃ行けないんだぞ」、と言われて少しペースを上げられました。 (4)次回大会は予選会から厳しい戦いになるので、これまで以上に気合を入れて、箱根でリベンジできるようにします。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top