HOME 国内

2024.02.09

東京マラソンに挑む鈴木健吾「やれる準備をして後悔ないように」順調に脚作り パリ五輪への思い強く
東京マラソンに挑む鈴木健吾「やれる準備をして後悔ないように」順調に脚作り パリ五輪への思い強く

オンラインで取材に応じた鈴木健吾(富士通)

男子マラソンの日本記録保持者(2時間4分56秒)である鈴木健吾(富士通)が2月9日、エントリーしている東京マラソンに向けてオンラインで取材に応じた。

「このマラソンに向けて練習を継続でき、予定していた練習は消化できています」。久しぶりに笑顔をのぞかせる。昨年10月のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)は途中棄権。そこに向けては「脚の状態も良くなかった」と打ち明ける。それでも、「どうしてもスタートラインに立たないと次がない」と覚悟の上で走り出したという。

広告の下にコンテンツが続きます

21年に日本新、そして22年は東京でパフォーマンス歴代2位となる2時間5分28秒をマーク。オレゴン世界選手権代表を勝ち取った。だが、そこから苦しい日々が待っていた。

「(体調不良で)オレゴンを辞退してから、歯車が噛み合わない時期が長く続き、大会の欠場も多かったです」。大小のケガも重なり、22年の東京以来、フルマラソンの完走はない。走れない時期も長く、「気持ちが沈む時もありました」。ただ、心に火を灯し続けられたのは、オリンピックに向けた強い思いがあるからだった。

2019年の東京五輪MGCは7位。「勝負することができなかった」。それからは「次こそは、という思いで、いろいろなサポートのお陰でここまで取り組んできました。自分の大きな目標としてオリンピックがあったので、ぶらさずにやってこられて今があります」。

昨年のMGCを経て「今の自分の立ち位置、状態が良くも悪くもわかりました。もう一回じっくり作り直す必要があると思い、じっくりやっていきました」。自身が「走るのが好きなので、(故障していても)なるべく走り続けたいタイプ」と言うが、ここまでは「状態を整えてから練習に入った」と耐えた。それには福嶋正・総監督は「苦しい時も糧になって精神的にも成長しています」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

1月は徳之島で合宿。あの高橋尚子もこなしたアップダウンの多い“尚子コース”で「脚作りをしてきました」。福嶋・総監督も「予定通りできた」と順調をアピールする。「22年に比べ、練習の内容からするとそこまで大きく変わらない」(鈴木)といい、「あと1ヵ月で仕上げていきたい」。

パリ五輪代表の残り1枠のために必要なのは2時間5分50秒。それ以上のタイムを出して、日本人トップにならなければならない。もちろん、先に行われる大阪マラソンの結果次第でも展開は変わりそう。ただ、初マラソンも東京で、2年前には設定記録を上回るタイムを出しているだけに「比較的平坦で、記録が出やすいコース。相性は悪くない」。

「やれる準備をして後悔ないように走りたい。まずは代表にならないと本当の勝負の場に立てない。代表になることを第一目標にチャレンジしていきたい」

強い覚悟を持って臨む東京マラソンで完全復活し、夢のオリンピック代表をつかみ取るつもりでいる。

広告の下にコンテンツが続きます

東京マラソンは3月3日、9時10分に号砲が鳴る。

男子マラソンの日本記録保持者(2時間4分56秒)である鈴木健吾(富士通)が2月9日、エントリーしている東京マラソンに向けてオンラインで取材に応じた。 「このマラソンに向けて練習を継続でき、予定していた練習は消化できています」。久しぶりに笑顔をのぞかせる。昨年10月のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)は途中棄権。そこに向けては「脚の状態も良くなかった」と打ち明ける。それでも、「どうしてもスタートラインに立たないと次がない」と覚悟の上で走り出したという。 21年に日本新、そして22年は東京でパフォーマンス歴代2位となる2時間5分28秒をマーク。オレゴン世界選手権代表を勝ち取った。だが、そこから苦しい日々が待っていた。 「(体調不良で)オレゴンを辞退してから、歯車が噛み合わない時期が長く続き、大会の欠場も多かったです」。大小のケガも重なり、22年の東京以来、フルマラソンの完走はない。走れない時期も長く、「気持ちが沈む時もありました」。ただ、心に火を灯し続けられたのは、オリンピックに向けた強い思いがあるからだった。 2019年の東京五輪MGCは7位。「勝負することができなかった」。それからは「次こそは、という思いで、いろいろなサポートのお陰でここまで取り組んできました。自分の大きな目標としてオリンピックがあったので、ぶらさずにやってこられて今があります」。 昨年のMGCを経て「今の自分の立ち位置、状態が良くも悪くもわかりました。もう一回じっくり作り直す必要があると思い、じっくりやっていきました」。自身が「走るのが好きなので、(故障していても)なるべく走り続けたいタイプ」と言うが、ここまでは「状態を整えてから練習に入った」と耐えた。それには福嶋正・総監督は「苦しい時も糧になって精神的にも成長しています」と言う。 1月は徳之島で合宿。あの高橋尚子もこなしたアップダウンの多い“尚子コース”で「脚作りをしてきました」。福嶋・総監督も「予定通りできた」と順調をアピールする。「22年に比べ、練習の内容からするとそこまで大きく変わらない」(鈴木)といい、「あと1ヵ月で仕上げていきたい」。 パリ五輪代表の残り1枠のために必要なのは2時間5分50秒。それ以上のタイムを出して、日本人トップにならなければならない。もちろん、先に行われる大阪マラソンの結果次第でも展開は変わりそう。ただ、初マラソンも東京で、2年前には設定記録を上回るタイムを出しているだけに「比較的平坦で、記録が出やすいコース。相性は悪くない」。 「やれる準備をして後悔ないように走りたい。まずは代表にならないと本当の勝負の場に立てない。代表になることを第一目標にチャレンジしていきたい」 強い覚悟を持って臨む東京マラソンで完全復活し、夢のオリンピック代表をつかみ取るつもりでいる。 東京マラソンは3月3日、9時10分に号砲が鳴る。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top