HOME 駅伝

2024.01.18

神奈川大・大後栄治前監督が後任の中野剛新監督へ“タスキリレー”「彼なら安心して任せられる」4月から部長兼総監督へ
神奈川大・大後栄治前監督が後任の中野剛新監督へ“タスキリレー”「彼なら安心して任せられる」4月から部長兼総監督へ

神奈川大駅伝監督の座を交代した大後栄治前監督(右)と中野剛新駅伝監督

1月18日、神奈川大は陸上競技部駅伝チーム監督交代に伴う記者会見を行い、1月3日に駅伝監督退任を発表した大後栄治氏と、1月4日付けで就任した中野剛新駅伝監督が出席した。

冒頭に大後氏は挨拶を述べ、「数年前から100回大会を機に、という思いがありました。日体大のマネージャー上がりだった私に指導者としての機会を与えてくれた神奈川大学には感謝しかありません」と現在の心境を口にした。

広告の下にコンテンツが続きます

大後氏は日体大在籍時にマネージャーを務め、指導者不在の中で“実質監督”として指導やマネジメントを行っていた経験がある。その後、同大学の大学院を経て、1989年に神奈川大のコーチに就任。豊富な練習量を背景に学生駅伝界で躍進を遂げる。

96年の箱根駅伝では優勝候補に挙げられながら4区途中棄権の憂き目を見たが、翌年の第73回大会で史上初となる予選会からの総合優勝を果たした。翌年には往路、復路ともに制す完全優勝で2連覇を飾っている。

その後は上位から遠ざかる苦しい時期を経験しながらも2017年の箱根駅伝では現マラソン日本記録保持者の鈴木健吾(当時3年/現・富士通)らを擁して12年ぶりシードとなる5位入賞。同年の全日本大学駅伝では20年ぶりに制するなど再び脚光を浴びた。

大後氏は35年間に及ぶ指導者人生を振り返り、一番印象に残っている出来事として「68回箱根駅伝予選会で18年ぶりに本戦復帰を果たしたこと」を挙げ、「大雨の大井埠頭で4位通過したことは今でも脳裏に刻まれています」と感慨深く語る。

広告の下にコンテンツが続きます

中野新監督は初優勝前の世代のキャプテンとして、シード校から上位校へと駆け上がるチームを牽引。箱根駅伝は1993年~95年の3度(6区、1区、2区)出場している。卒業後は佐川急便(現・SGホールディングス)で活躍し、2008年に同監督就任。21年からは神奈川大コーチ、23年に同ヘッドコーチに就任していた。

そのリーダーシップぶりは大後氏も評価しており、「私にはない豊かなパーソナリティを持っており、学生たちとの接し方も非常に細やかで私の若い頃を見ているよう。これなら安心して任せられると思いました」と太鼓判を押す。

中野氏は大役を引き継ぐことについて「就任が決まった時から背筋が張り詰めたような重責を感じております。実業団では長く指導に携わってきましたが、学生駅伝においては未熟者です。大後先生の冷静に分析して学生たちに伝える部分は真似させていただきながら、まずは連続出場を継続していけるようなチームを作っていきたい」と意気込む。

大後氏は4月から陸上競技部の部長兼総監督として、現場からは一歩引いた身として見守っていくという。「現場については100%中野監督にお任せし、一切口は出さないつもりです。まず出場し続けることが大事。5年後に大学の100周年を控えておりますので、そこでシード権をつかめるようなチームを目指して一歩一歩進んでもらえれば」と、教え子でもある新監督にエールを送った。

広告の下にコンテンツが続きます
1月18日、神奈川大は陸上競技部駅伝チーム監督交代に伴う記者会見を行い、1月3日に駅伝監督退任を発表した大後栄治氏と、1月4日付けで就任した中野剛新駅伝監督が出席した。 冒頭に大後氏は挨拶を述べ、「数年前から100回大会を機に、という思いがありました。日体大のマネージャー上がりだった私に指導者としての機会を与えてくれた神奈川大学には感謝しかありません」と現在の心境を口にした。 大後氏は日体大在籍時にマネージャーを務め、指導者不在の中で“実質監督”として指導やマネジメントを行っていた経験がある。その後、同大学の大学院を経て、1989年に神奈川大のコーチに就任。豊富な練習量を背景に学生駅伝界で躍進を遂げる。 96年の箱根駅伝では優勝候補に挙げられながら4区途中棄権の憂き目を見たが、翌年の第73回大会で史上初となる予選会からの総合優勝を果たした。翌年には往路、復路ともに制す完全優勝で2連覇を飾っている。 その後は上位から遠ざかる苦しい時期を経験しながらも2017年の箱根駅伝では現マラソン日本記録保持者の鈴木健吾(当時3年/現・富士通)らを擁して12年ぶりシードとなる5位入賞。同年の全日本大学駅伝では20年ぶりに制するなど再び脚光を浴びた。 大後氏は35年間に及ぶ指導者人生を振り返り、一番印象に残っている出来事として「68回箱根駅伝予選会で18年ぶりに本戦復帰を果たしたこと」を挙げ、「大雨の大井埠頭で4位通過したことは今でも脳裏に刻まれています」と感慨深く語る。 中野新監督は初優勝前の世代のキャプテンとして、シード校から上位校へと駆け上がるチームを牽引。箱根駅伝は1993年~95年の3度(6区、1区、2区)出場している。卒業後は佐川急便(現・SGホールディングス)で活躍し、2008年に同監督就任。21年からは神奈川大コーチ、23年に同ヘッドコーチに就任していた。 そのリーダーシップぶりは大後氏も評価しており、「私にはない豊かなパーソナリティを持っており、学生たちとの接し方も非常に細やかで私の若い頃を見ているよう。これなら安心して任せられると思いました」と太鼓判を押す。 中野氏は大役を引き継ぐことについて「就任が決まった時から背筋が張り詰めたような重責を感じております。実業団では長く指導に携わってきましたが、学生駅伝においては未熟者です。大後先生の冷静に分析して学生たちに伝える部分は真似させていただきながら、まずは連続出場を継続していけるようなチームを作っていきたい」と意気込む。 大後氏は4月から陸上競技部の部長兼総監督として、現場からは一歩引いた身として見守っていくという。「現場については100%中野監督にお任せし、一切口は出さないつもりです。まず出場し続けることが大事。5年後に大学の100周年を控えておりますので、そこでシード権をつかめるようなチームを目指して一歩一歩進んでもらえれば」と、教え子でもある新監督にエールを送った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top