HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.04

國學院大は5位で目標達成ならず「次回は自信を持って優勝を目指すチームに」新主将は平林清澄/箱根駅伝
國學院大は5位で目標達成ならず「次回は自信を持って優勝を目指すチームに」新主将は平林清澄/箱根駅伝

24年箱根駅伝の1区、2区でタスキをつないだ國學院大の伊地知賢造(左)と平林清澄

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

「表彰台(3位以内)」を目指しながら、頂点も視野に入れて臨んだ100回大会だった。

広告の下にコンテンツが続きます

前回4位の國學院大は、1区17位スタートから一度も3位以内に絡めず総合5位。12月にインフルエンザの集団感染があり、ベストコンディションで臨めない悔しさが残った。

前田康弘監督は「目標は達成できませんでしたが、数字に表れていない逆境を乗り越えたことは価値があるものだと思う」と選手を称えつつ、「結果として出ていない部分に関しては、優勝した青山学院さんとの差を感じました。選手だけでなく、我々スタッフにも改善点はある」と厳しい目線で見ている。

決して満足のいく結果ではなかったが、来季に向けての収穫はあった。2区の平林清澄(3年)は8人抜きの区間3位と好走すると、3区の青木瑠郁(2年)と4区の辻原輝(1年)は区間4位。復路でも2年生2人、1年生3人というオーダーながら全員が区間10位以内で走り切った。

来季は新主将に平林清澄(3年)を置き、本格的に「てっぺん」を狙いにいく年になる。

広告の下にコンテンツが続きます

「今季の4年生は主将の伊地知(賢造)を中心にとても頑張ってくれましたが、入学当初は箱根駅伝を『走る』ことが目標だった世代。3年生以下の学年は入学当時から優勝を目指して入って世代なので、全体的に意識の高い選手が多いです。来季の1年生も野心を持った選手がたくさん入る予定なので、本当の意味で優勝を狙えるフェーズに入ると思います」と前田監督は言う。

今回の結果で、昨年度の学生駅伝から6大会連続で5位以内と死守したことになる。かつて新興大学と呼ばれた面影はもうない。強豪校として、堂々の優勝宣言ができるチーム作りを目指す。

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 「表彰台(3位以内)」を目指しながら、頂点も視野に入れて臨んだ100回大会だった。 前回4位の國學院大は、1区17位スタートから一度も3位以内に絡めず総合5位。12月にインフルエンザの集団感染があり、ベストコンディションで臨めない悔しさが残った。 前田康弘監督は「目標は達成できませんでしたが、数字に表れていない逆境を乗り越えたことは価値があるものだと思う」と選手を称えつつ、「結果として出ていない部分に関しては、優勝した青山学院さんとの差を感じました。選手だけでなく、我々スタッフにも改善点はある」と厳しい目線で見ている。 決して満足のいく結果ではなかったが、来季に向けての収穫はあった。2区の平林清澄(3年)は8人抜きの区間3位と好走すると、3区の青木瑠郁(2年)と4区の辻原輝(1年)は区間4位。復路でも2年生2人、1年生3人というオーダーながら全員が区間10位以内で走り切った。 来季は新主将に平林清澄(3年)を置き、本格的に「てっぺん」を狙いにいく年になる。 「今季の4年生は主将の伊地知(賢造)を中心にとても頑張ってくれましたが、入学当初は箱根駅伝を『走る』ことが目標だった世代。3年生以下の学年は入学当時から優勝を目指して入って世代なので、全体的に意識の高い選手が多いです。来季の1年生も野心を持った選手がたくさん入る予定なので、本当の意味で優勝を狙えるフェーズに入ると思います」と前田監督は言う。 今回の結果で、昨年度の学生駅伝から6大会連続で5位以内と死守したことになる。かつて新興大学と呼ばれた面影はもうない。強豪校として、堂々の優勝宣言ができるチーム作りを目指す。

第100回箱根駅伝5位の國學院大メンバー

1区 伊地知賢造(4年) 区間17位 2区 平林清澄(3年) 区間3位 3区 青木瑠郁(2年) 区間4位 4区 辻原輝(1年) 区間4位 5区 上原琉翔(2年) 区間17位 6区 後村光星(1年) 区間10位 7区 田中愛睦(1年) 区間7位 8区 鎌田匠馬(2年) 区間6位 9区 吉田蔵之介(1年) 区間7位 10区 高山豪起(2年) 区間10位 ◎補欠 瀬尾秀介(4年) 板垣俊佑(3年) 佐藤快成(3年) 山本歩夢(3年) 嘉数純平(2年) 野中恒亨(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top