HOME 特集

2023.12.08

パリ五輪代表内定なるか!?エース・廣中璃梨佳、世界陸上代表の五島莉乃、復活の木村友香、好調・樺沢和佳奈が注目/日本選手権10000m
パリ五輪代表内定なるか!?エース・廣中璃梨佳、世界陸上代表の五島莉乃、復活の木村友香、好調・樺沢和佳奈が注目/日本選手権10000m

木村、廣中、五島

パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権10000mが12月10日に国立競技場で行われる。今年6月にその他の種目は実施されているが、パリ五輪を見据えて10000mに関しては記録が出やすい冬開催に。参加標準記録を突破して優勝すればパリ五輪代表に内定する。女子有力選手を見ていこう。

【男子みどろはこちら】パリ五輪代表内定なるか!?世界陸上代表・田澤廉、2大会連続五輪狙う相澤晃、好調・塩尻和也らが覇権争う/日本選手権10000m

広告の下にコンテンツが続きます

女子の参加標準記録は30分40秒00で、一つのターゲットとなる。何と言っても日本女子長距離のエース・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)に大きな注目が集まる。東京五輪5000m7位、ブダペスト世界選手権10000m7位。2つの世界大会入賞は千葉真子以来の快挙だった。

今シーズン前は左アキレス腱を痛めて調整が遅れ、悔しい思いをしてきた。だが、ブダペスト世界選手権前に調子を上げると、本番でしっかり7位入賞。秋のアジア大会でも5000m・10000mで2位に入った。

世界と勝負するためにスピードとラストスパートに磨きをかけてきた廣中。10000mのベストは日本歴代2位の30分39秒71。全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は3区(10.6km)で33分04秒をマークし、1週間後の記録会5000mではシーズンベストの15分07秒43のシーズンベストだった。

日本郵政グループの高橋昌彦監督も記録会の後は「日本選手権はおもしろいかもしれない」と状態の良さを感じていた。自己新をマークして優勝すれば、パリ五輪代表に決まる。

広告の下にコンテンツが続きます

日本歴代上位のうち、日本記録(30分20秒44)保持者の新谷仁美(積水化学)、同3位の30分45秒21を持つ不破聖衣来(拓大)は出走せず。

廣中を追う一番手となりそうなのが、オレゴン・ブダペストと2大会連続で世界選手権に出場した五島莉乃(資生堂)だ。世界選手権では力を発揮できず悔し涙に終わっているが、クイーンズ駅伝では1区を爆走して区間新と好調だ。自己記録は31分10秒02だが、廣中に食らいついて30分台突入なるか。

ドーハ世界選手権5000m代表の木村友香(積水化学)はダークホースの一人。廣中とともに出場した12月2日の記録会は15分21秒60にとどまったが、序盤から積極的な走りを見せた。覚悟を持って強豪チームに移籍。新天地で再びの日本代表を狙っていく。

好調なのが樺沢和佳奈(三井住友海上)でこちらも今季移籍。中学時代から世代トップで、元々は1500mを中心としていたスピードランナー。慶大に進学するなど個性的な道を進んできた。昨年10月の32分58秒17がベストだが、12月2日には5000m15分18秒76と大幅自己新。持ち味の積極的な走りで勝負を仕掛ける。

広告の下にコンテンツが続きます

アジア選手権金メダリストの小海遥(第一生命グループ)、マルチな活躍を見せる森智香子(積水化学)、学生の山崎りさ(日体大)、ベテランの高島由香(資生堂)あたりも上位進出なりそうだ。

トラックの内周をライトで照らしてペースを示す「電子ペーサー(ウエーブライト)」も日本選手権として初採用。電子ペーサーの最も速い設定タイムは30分50秒(1周74秒)で、このペースで刻んで行ってラストで上げた先に、オリンピック代表がある。

例え参加標準記録を突破できなくても、もう一つの条件であるワールドランキングでターゲットナンバー(出場枠:27人)に入るために、1秒でも速いタイムと順位が求められる。

女子は16時03分スタート。レースの模様はNHK BSで16時~中継。観戦チケットはチケットぴあ、当日Eゲート(外苑門)チケットカウンターで購入可能(一部売り切れ)。パリ五輪代表を巡る熱き戦いの一歩目。冬の聖地・国立競技場で火蓋が切って落とされる。

広告の下にコンテンツが続きます
パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権10000mが12月10日に国立競技場で行われる。今年6月にその他の種目は実施されているが、パリ五輪を見据えて10000mに関しては記録が出やすい冬開催に。参加標準記録を突破して優勝すればパリ五輪代表に内定する。女子有力選手を見ていこう。 【男子みどろはこちら】パリ五輪代表内定なるか!?世界陸上代表・田澤廉、2大会連続五輪狙う相澤晃、好調・塩尻和也らが覇権争う/日本選手権10000m 女子の参加標準記録は30分40秒00で、一つのターゲットとなる。何と言っても日本女子長距離のエース・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)に大きな注目が集まる。東京五輪5000m7位、ブダペスト世界選手権10000m7位。2つの世界大会入賞は千葉真子以来の快挙だった。 今シーズン前は左アキレス腱を痛めて調整が遅れ、悔しい思いをしてきた。だが、ブダペスト世界選手権前に調子を上げると、本番でしっかり7位入賞。秋のアジア大会でも5000m・10000mで2位に入った。 世界と勝負するためにスピードとラストスパートに磨きをかけてきた廣中。10000mのベストは日本歴代2位の30分39秒71。全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は3区(10.6km)で33分04秒をマークし、1週間後の記録会5000mではシーズンベストの15分07秒43のシーズンベストだった。 日本郵政グループの高橋昌彦監督も記録会の後は「日本選手権はおもしろいかもしれない」と状態の良さを感じていた。自己新をマークして優勝すれば、パリ五輪代表に決まる。 日本歴代上位のうち、日本記録(30分20秒44)保持者の新谷仁美(積水化学)、同3位の30分45秒21を持つ不破聖衣来(拓大)は出走せず。 廣中を追う一番手となりそうなのが、オレゴン・ブダペストと2大会連続で世界選手権に出場した五島莉乃(資生堂)だ。世界選手権では力を発揮できず悔し涙に終わっているが、クイーンズ駅伝では1区を爆走して区間新と好調だ。自己記録は31分10秒02だが、廣中に食らいついて30分台突入なるか。 ドーハ世界選手権5000m代表の木村友香(積水化学)はダークホースの一人。廣中とともに出場した12月2日の記録会は15分21秒60にとどまったが、序盤から積極的な走りを見せた。覚悟を持って強豪チームに移籍。新天地で再びの日本代表を狙っていく。 好調なのが樺沢和佳奈(三井住友海上)でこちらも今季移籍。中学時代から世代トップで、元々は1500mを中心としていたスピードランナー。慶大に進学するなど個性的な道を進んできた。昨年10月の32分58秒17がベストだが、12月2日には5000m15分18秒76と大幅自己新。持ち味の積極的な走りで勝負を仕掛ける。 アジア選手権金メダリストの小海遥(第一生命グループ)、マルチな活躍を見せる森智香子(積水化学)、学生の山崎りさ(日体大)、ベテランの高島由香(資生堂)あたりも上位進出なりそうだ。 トラックの内周をライトで照らしてペースを示す「電子ペーサー(ウエーブライト)」も日本選手権として初採用。電子ペーサーの最も速い設定タイムは30分50秒(1周74秒)で、このペースで刻んで行ってラストで上げた先に、オリンピック代表がある。 例え参加標準記録を突破できなくても、もう一つの条件であるワールドランキングでターゲットナンバー(出場枠:27人)に入るために、1秒でも速いタイムと順位が求められる。 女子は16時03分スタート。レースの模様はNHK BSで16時~中継。観戦チケットはチケットぴあ、当日Eゲート(外苑門)チケットカウンターで購入可能(一部売り切れ)。パリ五輪代表を巡る熱き戦いの一歩目。冬の聖地・国立競技場で火蓋が切って落とされる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top