HOME 駅伝

2023.11.26

最優秀選手は積水化学・佐藤早也伽!3区で激走、廣中璃梨佳との競り合い制し優勝に貢献/クイーンズ駅伝
最優秀選手は積水化学・佐藤早也伽!3区で激走、廣中璃梨佳との競り合い制し優勝に貢献/クイーンズ駅伝

クイーンズ駅伝大会最優秀選手に選ばれた積水化学の佐藤

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km)

実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

大会最優秀選手に選ばれたのは積水化学3区の佐藤早也伽。山本有真から2位でタスキを受けると、34秒差前を行く資生堂を追いかける。5kmを前に捕らえてトップへ。すると7.5kmで後ろから廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)の猛追を受けて並ぶ。

一度は離されかけたが「ここは譲れない」と粘る佐藤。デッドヒートは残り400mを切るまで続き、互いにタスキを手にラストスパート合戦に。佐藤は懸命に腕を振って廣中を突き放した。区間記録では33分27秒の2位だったが、結果的にここでトップに立って優勝への足掛かりを作った走りが評価された。

佐藤は今年のブダペスト世界選手権マラソンに出場するも夏のマラソンや海外勢のペースアップへの対応に苦しみ20位。パリ五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は疲労もあり「今の状態で出ても勝負にならない」と見送り、10月末のミドルディスタンスサーキット5000mで復帰。15分34秒00をマークしていた。パリ五輪に向けて「ファイナルチャレンジに挑戦したい」と意欲を示している。

ミドルディスタンスサーキットの際は「クイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)ではちゃんとチームを引っ張っていく存在になりたい」と語っていたが、まさにチームの原動力として優勝に貢献した。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。 大会最優秀選手に選ばれたのは積水化学3区の佐藤早也伽。山本有真から2位でタスキを受けると、34秒差前を行く資生堂を追いかける。5kmを前に捕らえてトップへ。すると7.5kmで後ろから廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)の猛追を受けて並ぶ。 一度は離されかけたが「ここは譲れない」と粘る佐藤。デッドヒートは残り400mを切るまで続き、互いにタスキを手にラストスパート合戦に。佐藤は懸命に腕を振って廣中を突き放した。区間記録では33分27秒の2位だったが、結果的にここでトップに立って優勝への足掛かりを作った走りが評価された。 佐藤は今年のブダペスト世界選手権マラソンに出場するも夏のマラソンや海外勢のペースアップへの対応に苦しみ20位。パリ五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は疲労もあり「今の状態で出ても勝負にならない」と見送り、10月末のミドルディスタンスサーキット5000mで復帰。15分34秒00をマークしていた。パリ五輪に向けて「ファイナルチャレンジに挑戦したい」と意欲を示している。 ミドルディスタンスサーキットの際は「クイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)ではちゃんとチームを引っ張っていく存在になりたい」と語っていたが、まさにチームの原動力として優勝に貢献した。

積水化学の優勝メンバーをチェック!

1区(7.0km) 田浦英理歌 22分10秒(5位) 2区(4.2km) 山本有真  13分13秒(1位) 3区(10.6km) 佐藤早也伽 33分27秒(2位) 4区(3.6km) 佐々木梨七 11分11秒(7位) 5区(10.0km) 新谷仁美 31分57秒(2位) 6区(6.795km) 森智香子  21分35秒(6位)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top