HOME 駅伝

2023.11.26

最優秀選手は積水化学・佐藤早也伽!3区で激走、廣中璃梨佳との競り合い制し優勝に貢献/クイーンズ駅伝
最優秀選手は積水化学・佐藤早也伽!3区で激走、廣中璃梨佳との競り合い制し優勝に貢献/クイーンズ駅伝

クイーンズ駅伝大会最優秀選手に選ばれた積水化学の佐藤

積水化学の優勝メンバーをチェック!

1区(7.0km) 田浦英理歌 22分10秒(5位)
2区(4.2km) 山本有真  13分13秒(1位)
3区(10.6km) 佐藤早也伽 33分27秒(2位)
4区(3.6km) 佐々木梨七 11分11秒(7位)
5区(10.0km) 新谷仁美 31分57秒(2位)
6区(6.795km) 森智香子  21分35秒(6位)

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。 大会最優秀選手に選ばれたのは積水化学3区の佐藤早也伽。山本有真から2位でタスキを受けると、34秒差前を行く資生堂を追いかける。5kmを前に捕らえてトップへ。すると7.5kmで後ろから廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)の猛追を受けて並ぶ。 一度は離されかけたが「ここは譲れない」と粘る佐藤。デッドヒートは残り400mを切るまで続き、互いにタスキを手にラストスパート合戦に。佐藤は懸命に腕を振って廣中を突き放した。区間記録では33分27秒の2位だったが、結果的にここでトップに立って優勝への足掛かりを作った走りが評価された。 佐藤は今年のブダペスト世界選手権マラソンに出場するも夏のマラソンや海外勢のペースアップへの対応に苦しみ20位。パリ五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は疲労もあり「今の状態で出ても勝負にならない」と見送り、10月末のミドルディスタンスサーキット5000mで復帰。15分34秒00をマークしていた。パリ五輪に向けて「ファイナルチャレンジに挑戦したい」と意欲を示している。 ミドルディスタンスサーキットの際は「クイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)ではちゃんとチームを引っ張っていく存在になりたい」と語っていたが、まさにチームの原動力として優勝に貢献した。

積水化学の優勝メンバーをチェック!

1区(7.0km) 田浦英理歌 22分10秒(5位) 2区(4.2km) 山本有真  13分13秒(1位) 3区(10.6km) 佐藤早也伽 33分27秒(2位) 4区(3.6km) 佐々木梨七 11分11秒(7位) 5区(10.0km) 新谷仁美 31分57秒(2位) 6区(6.795km) 森智香子  21分35秒(6位)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

「自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった」 箱根以降、近田は自分を見つめ直した。自覚した弱さ、大舞台で力を発揮する選手との違い。「今やらなければならないことは何か」。 まずは走行距離を伸ばした。ポイント練習も、ジョ […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

男子5000mの出場選手をチェック! (○は既に発表済み) キエラン・トゥンティワテ(タイ) ○佐藤圭汰(駒大) ○遠藤日向(住友電工) キプロノ・シトニク(黒崎播磨) ○塩尻和也(富士通) マシュー・ラムズデン(オース […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top