HOME ニュース、大学

2020.09.15

【ハードル】村竹&島野が好記録で1年生V/日本IC
【ハードル】村竹&島野が好記録で1年生V/日本IC


インカレで1年生優勝を飾った島野と村竹

 9月11日から13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで日本インカレが開催。最終日に決勝が行われた男女のスプリントハードルは、ともに好記録で昨年インターハイを制したルーキーが頂点に立った。

 男子110mハードルは村竹ラシッド(順大)の動きが際立っていた。2日目の予選を13秒75(+2.1)で組トップ通過。続く翌日の準決勝では、「後半にピッチアップする走りができました」と、13秒69(+0.1)とさらにタイムを短縮し、樋口陸人(法大)らを抑えた。

「大会記録(13秒67)の更新」を狙った決勝。準決勝同様に樋口が隣におり、準決勝よりも迫られたが「焦らず後半にスピードを上げられたのが良かった」と、向かい風0.3mのなか13秒69で1年生優勝を飾った。

「率直に初出場で優勝できてうれしいです。レース展開もうまく進められたので収穫になりました」

 ルーキーながら、堂々とそう話す村竹。「決勝は前半からもっと突っ込むレースをしたかったのですが、結局準決勝と同じ展開になってしまった」と悔やむのは、さらに上を目指しているから。

「自分では前半が得意だと思っていたのですが、今日の走りを考えると後半が得意なのかなと思ったり……。まだ武器と言えるものは確立できていません」。それでも、今季は8月23日のゴールデングランプリでもU20日本歴代2位となる13秒65(-0.4)をマークしており、安定して13秒6台を出している。

 インターハイを制した高校時代のベストは13秒91(高校歴代3位タイ)。そこからは着実にレベルアップしている。

「コロナ禍もあったので、本格的にハードルを跳んだのは7月に入ってから。それからも課題と向き合って取り組めています。今はハードル技術よりもスプリントを強化しています」

 次の目標は日本選手権。「レベルが高いので、準決勝まで駒を進められれば」と謙遜するが、「あわよくば自己ベストを更新したい」という言葉が現実になれば、厳しい準決勝をかいくぐることができるだろう。

 こちらも昨年のインターハイ女子100mハードルを制した島野真生(日体大)。予選で13秒45(+2.7)、準決勝で13秒45(-0.2)と、いずれも高校時のベスト13秒66を大幅に上回る快走を見せる。

「試合をこなしていくごとに調子もよくなっていって、アップの段階からキレがありました」

 決勝では前年優勝の田中佑美(立命大)と壮絶な競り合いとなったが、最後は13秒36(+0.6)で抑え、見事な1年生優勝。この記録はU20日本歴代3位の好タイムだった。

 決勝のスタートには、田中、小林歩未(筑波大)、そして島野と3人のインターハイ女王が並んだ。それでも、「あまり周りは意識しないようにしました」と島野。「自分が思っているよりも」冷静だった。

「速い方々ばかりで先行されましたが、後半巻き返せました。(福部真子の持つ)大学記録13秒37を1年目に切りたいと思っていたので、それを達成できて良かったです」

 日体大に進学し、大村邦英総監督のもとでチューブトレーニングなどを通して「スプリントが上がったと思います」。技術面でも、「高校時代はハードルに脚を当てることが多かったですが、スプリントが強化されて刻むことができるようになったため、ハードルもスムーズになりました」と成長を感じている。

 今季の目標はクリアしてしまったため、「また次の目標を設定して、それに向けて取り組んでいこうと思います」とはにかむ。

 奇しくも昨年のインターハイ優勝者がそろって1年生インカレ制覇。活況が続く男女スプリントハードルを、伸び盛りの若き力がさらにかき回しそうだ。

■男子110mハードル(-0.3)
村竹ラシッド(順大1)13.69
横地 大雅(法大2) 13.86
樋口 陸人(法大3)13.86※着差あり
寺田 享平(国武大4)13.89
勝田  築(早大3) 13.93
多和田 旭(立命大2)13.97
河嶋 亮太(東海大4)14.09
森戸 信陽(早大3) 14.09※着差あり

■女子100mハードル(+0.6)
島野 真生(日体大1)13.36
田中 佑美(立命大4)13.39
田中陽夏莉(山梨学大4)13.65
古西 清乃(園田学園女大1)13.82
小林 歩未(筑波大2)13.86
中尾あゆみ(青学大2)13.96
千葉 桃香(福島大4)13.99
五百蔵美希(日大3)17.72

■女子100mハードルU20日本歴代5傑
13.05 1.9 寺田明日香(北海道ハイテクAC) 2009. 6.26
13.34 -0.3 小林 歩未(市船橋高3千葉) 2018. 8. 2
13.36 0.6 島野 真生(日体大1) 2020. 9.13
13.40 1.7 青木 益未(環太平洋大1) 2013. 6.22
13.42 1.0 芝田 愛花(恵庭南高3北海道) 2018.10. 8

インカレで1年生優勝を飾った島野と村竹  9月11日から13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで日本インカレが開催。最終日に決勝が行われた男女のスプリントハードルは、ともに好記録で昨年インターハイを制したルーキーが頂点に立った。  男子110mハードルは村竹ラシッド(順大)の動きが際立っていた。2日目の予選を13秒75(+2.1)で組トップ通過。続く翌日の準決勝では、「後半にピッチアップする走りができました」と、13秒69(+0.1)とさらにタイムを短縮し、樋口陸人(法大)らを抑えた。 「大会記録(13秒67)の更新」を狙った決勝。準決勝同様に樋口が隣におり、準決勝よりも迫られたが「焦らず後半にスピードを上げられたのが良かった」と、向かい風0.3mのなか13秒69で1年生優勝を飾った。 「率直に初出場で優勝できてうれしいです。レース展開もうまく進められたので収穫になりました」  ルーキーながら、堂々とそう話す村竹。「決勝は前半からもっと突っ込むレースをしたかったのですが、結局準決勝と同じ展開になってしまった」と悔やむのは、さらに上を目指しているから。 「自分では前半が得意だと思っていたのですが、今日の走りを考えると後半が得意なのかなと思ったり……。まだ武器と言えるものは確立できていません」。それでも、今季は8月23日のゴールデングランプリでもU20日本歴代2位となる13秒65(-0.4)をマークしており、安定して13秒6台を出している。  インターハイを制した高校時代のベストは13秒91(高校歴代3位タイ)。そこからは着実にレベルアップしている。 「コロナ禍もあったので、本格的にハードルを跳んだのは7月に入ってから。それからも課題と向き合って取り組めています。今はハードル技術よりもスプリントを強化しています」  次の目標は日本選手権。「レベルが高いので、準決勝まで駒を進められれば」と謙遜するが、「あわよくば自己ベストを更新したい」という言葉が現実になれば、厳しい準決勝をかいくぐることができるだろう。  こちらも昨年のインターハイ女子100mハードルを制した島野真生(日体大)。予選で13秒45(+2.7)、準決勝で13秒45(-0.2)と、いずれも高校時のベスト13秒66を大幅に上回る快走を見せる。 「試合をこなしていくごとに調子もよくなっていって、アップの段階からキレがありました」  決勝では前年優勝の田中佑美(立命大)と壮絶な競り合いとなったが、最後は13秒36(+0.6)で抑え、見事な1年生優勝。この記録はU20日本歴代3位の好タイムだった。  決勝のスタートには、田中、小林歩未(筑波大)、そして島野と3人のインターハイ女王が並んだ。それでも、「あまり周りは意識しないようにしました」と島野。「自分が思っているよりも」冷静だった。 「速い方々ばかりで先行されましたが、後半巻き返せました。(福部真子の持つ)大学記録13秒37を1年目に切りたいと思っていたので、それを達成できて良かったです」  日体大に進学し、大村邦英総監督のもとでチューブトレーニングなどを通して「スプリントが上がったと思います」。技術面でも、「高校時代はハードルに脚を当てることが多かったですが、スプリントが強化されて刻むことができるようになったため、ハードルもスムーズになりました」と成長を感じている。  今季の目標はクリアしてしまったため、「また次の目標を設定して、それに向けて取り組んでいこうと思います」とはにかむ。  奇しくも昨年のインターハイ優勝者がそろって1年生インカレ制覇。活況が続く男女スプリントハードルを、伸び盛りの若き力がさらにかき回しそうだ。 ■男子110mハードル(-0.3) 村竹ラシッド(順大1)13.69 横地 大雅(法大2) 13.86 樋口 陸人(法大3)13.86※着差あり 寺田 享平(国武大4)13.89 勝田  築(早大3) 13.93 多和田 旭(立命大2)13.97 河嶋 亮太(東海大4)14.09 森戸 信陽(早大3) 14.09※着差あり ■女子100mハードル(+0.6) 島野 真生(日体大1)13.36 田中 佑美(立命大4)13.39 田中陽夏莉(山梨学大4)13.65 古西 清乃(園田学園女大1)13.82 小林 歩未(筑波大2)13.86 中尾あゆみ(青学大2)13.96 千葉 桃香(福島大4)13.99 五百蔵美希(日大3)17.72 ■女子100mハードルU20日本歴代5傑 13.05 1.9 寺田明日香(北海道ハイテクAC) 2009. 6.26 13.34 -0.3 小林 歩未(市船橋高3千葉) 2018. 8. 2 13.36 0.6 島野 真生(日体大1) 2020. 9.13 13.40 1.7 青木 益未(環太平洋大1) 2013. 6.22 13.42 1.0 芝田 愛花(恵庭南高3北海道) 2018.10. 8

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top