月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】神野が「コンディション向上プロジェクト」会見に出席

【長距離】神野 プロランナーとしての決意新たに
「ニッスイ×AuB コンディション向上プロジェクト」記者会見に出席

男子マラソンの神野大地(セルソース)が9月15日、水産・食品大手の「日本水産」と、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏(39歳)が代表を務めるアスリートの腸内細菌を研究するスタートアップ企業「AuB(オーブ)」とのオンライン共同記者会見に出席した。

27歳となり、決意を新たにしたプロランナーの神野大地(セルソース)〔主催者提供〕

神野と両社は昨年9月から「ニッスイ×AuB 神野大地選手コンディション向上プロジェクト」をスタート。青魚に多く含まれ、持久力向上や筋肉痛・筋肉損傷の軽減などに効果がある必須脂肪酸EPA(エイコサペンタエン酸)を配合したニッスイのアスリート向けサプリメント「SPORTS EPA ウルトラピュア」を摂取しながら、腸内細菌との相関関係の調査とコンディション向上に取り組んでいる。

今年3月の東京マラソンでは39位(2時間12分11秒)と結果を残せず、目標にしていた東京五輪マラソン代表の座に届かなかった神野。コロナ禍で大会の中止や延期が相次ぎ、特にロードレースは先行きが不透明だが、「こういう状況で前向きにがんばれる選手がどんな困難にも立ち向かっていける。次のチャンスに向けて準備するだけです」と前向き。2日前に27歳の誕生日を迎えたが、「プロランナーとしてまだ納得のいく成果がないので、結果を出せるように引き続きがんばっていきたい」と意気込んだ。

オンライン共同記者会見の出席者。左からAuBの冨士川凛太郎取締役・研究統括責任者、AuBの鈴木啓太社長、神野、EPAがアスリートに及ぼす効果について講演した日本体育大学の杉田正明教授(日本陸連科学委員会委員長)、日本水産の関口洋一常務執行役員〔主催者提供〕



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com