HOME 駅伝

2023.11.12

中大・柴田大地が1時間3分26秒で青学大勢抑える 3000m障害U20日本チャンピオンがハーフでも好走/宮古サーモン・ハーフマラソン
中大・柴田大地が1時間3分26秒で青学大勢抑える 3000m障害U20日本チャンピオンがハーフでも好走/宮古サーモン・ハーフマラソン

23年U20日本選手権3000m障害優勝の柴田大地

11月12日、岩手県宮古市で第37回宮古サーモン・ハーフマラソンが行われ、中大のルーキー・柴田大地が1時間3分26秒で優勝した。

同大会は1987年にスタート。近年は青学大など関東の学生ランナーも参加し、盛り上がりを見せている。2020年から昨年まではコロナ禍により非公認コースで行われてきたが、今年から新しく設定された公認コースで行われることになった。

試合は序盤から柴田や青学大の皆渡星七(2年)、山下悠河(4年)、石原正翔(2年)らが先頭集団を作る展開に。13km過ぎの下り坂を利用して柴田が仕掛けると、16km付近で優勝争いは皆渡と山下を加えた3人に絞られた。勢いに乗る柴田は21km手前でさらにギアを切り替えてスパートし、粘る皆渡を振り切ってトップでフィニッシュ。皆渡は1時間3分30秒で2位だった。

柴田は京都府出身。桂中時代には全中駅伝で日本一に輝くなど早くから駅伝で活躍しているランナー。洛南高では3000m障害に取り組み、2年生のインターハイでは8位に入賞。全国高校駅伝は3年次に1区12位の成績を残している。

大学入学前の今年2月には世界クロスカントリー選手権のU20の部で24位と世界を経験しているほか、6月のU20日本選手権では3000m障害で優勝を飾った。

夏合宿では距離を踏みスタミナを強化。出雲駅伝、全日本大学駅伝には出場できなかったが、初のハーフマラソンで好走し、箱根駅伝のメンバー入りを大きくアピールした。

11月12日、岩手県宮古市で第37回宮古サーモン・ハーフマラソンが行われ、中大のルーキー・柴田大地が1時間3分26秒で優勝した。 同大会は1987年にスタート。近年は青学大など関東の学生ランナーも参加し、盛り上がりを見せている。2020年から昨年まではコロナ禍により非公認コースで行われてきたが、今年から新しく設定された公認コースで行われることになった。 試合は序盤から柴田や青学大の皆渡星七(2年)、山下悠河(4年)、石原正翔(2年)らが先頭集団を作る展開に。13km過ぎの下り坂を利用して柴田が仕掛けると、16km付近で優勝争いは皆渡と山下を加えた3人に絞られた。勢いに乗る柴田は21km手前でさらにギアを切り替えてスパートし、粘る皆渡を振り切ってトップでフィニッシュ。皆渡は1時間3分30秒で2位だった。 柴田は京都府出身。桂中時代には全中駅伝で日本一に輝くなど早くから駅伝で活躍しているランナー。洛南高では3000m障害に取り組み、2年生のインターハイでは8位に入賞。全国高校駅伝は3年次に1区12位の成績を残している。 大学入学前の今年2月には世界クロスカントリー選手権のU20の部で24位と世界を経験しているほか、6月のU20日本選手権では3000m障害で優勝を飾った。 夏合宿では距離を踏みスタミナを強化。出雲駅伝、全日本大学駅伝には出場できなかったが、初のハーフマラソンで好走し、箱根駅伝のメンバー入りを大きくアピールした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top