HOME 国内

2023.11.03

円盤投日本記録保持者・堤雄司 競技に導いた父の他界を明かす「情熱を競技に注いだ指導者」
円盤投日本記録保持者・堤雄司 競技に導いた父の他界を明かす「情熱を競技に注いだ指導者」

23年日本選手権男子円盤投で10回目の優勝を飾った堤雄司

男子円盤投の日本記録(62m59)保持者で日本選手権10度の優勝を誇る堤雄司(ALSOK群馬)が自身のSNSを更新。今年4月に競技に導いてくれた最愛の父が他界していたことを明かした。

円盤投選手であり、北海道の高校の体育教師だった父・裕之さんは、部活動の指導に携わりながら自身も現役を続けてきた。「円盤投をやってみないか」と、中1の夏休みに声を掛けられたのが堤の円盤投選手としてのキャリアのスタート。当時は「どうやってこんな重たいものを投げるんだろうって思いました」。

そこからは、高校卒業までの6年間指導を受け、国士大進学後も動画を送ってはアドバイスを受けていたといい、「ほぼつきっきりと言っていい形で指導を受けてきました」という。社会人になってからも主要大会に必ず駆けつけてくれた。堤は中3でジュニア五輪優勝。高校記録も樹立し、インターハイもV。国士大時代には日本インカレ4連覇を果たしている。

その後は日本人3人目の60m超えを果たし、日本記録を3度樹立。33歳で迎えた今年の日本選手権で通算10度目の優勝を成し遂げた。初出場した2008年から、一度も入賞を外さず14年連続で表彰台に立っている。7月のアジア選手権にも出場して5位入賞した。

堤は長時間にわたって説教を受けたことや、技術のことで討論したことなど父との思い出を綴る。そのエピソードは厳しくも愛情たっぷりに育てられたことがわかるものばかり。そんな父を「とにかく真面目で妥協せず、頑固で意見を曲げず、何よりも情熱に溢れ、その情熱を円盤投と投てき競技に注いだ指導者」と表現した。

約4年前に肺がんが発覚し、抗がん剤治療を続けてきたというが、今年4月21日に他界。同23日には兵庫リレーカーニバル出場のため通夜には参加せず、告別式のみ出席した。

実は6月の日本選手権の取材エリアでこのことを数人の記者に明かしていたが、「シーズンが終わるまで他の選手に気を使わせたくないので書かないでいただけますか」と話していたのも堤らしい。その時は「兵庫リレーでも、スタンドのいつもの場所に父がいないのが寂しい」と心境を語っていた。

堤は「まだ他に僕のことを応援してくれる方々のためにも、頑張っていきたいと思います」と、父と同じように競技への情熱を持ち続けていくことを誓っている。

男子円盤投の日本記録(62m59)保持者で日本選手権10度の優勝を誇る堤雄司(ALSOK群馬)が自身のSNSを更新。今年4月に競技に導いてくれた最愛の父が他界していたことを明かした。 円盤投選手であり、北海道の高校の体育教師だった父・裕之さんは、部活動の指導に携わりながら自身も現役を続けてきた。「円盤投をやってみないか」と、中1の夏休みに声を掛けられたのが堤の円盤投選手としてのキャリアのスタート。当時は「どうやってこんな重たいものを投げるんだろうって思いました」。 そこからは、高校卒業までの6年間指導を受け、国士大進学後も動画を送ってはアドバイスを受けていたといい、「ほぼつきっきりと言っていい形で指導を受けてきました」という。社会人になってからも主要大会に必ず駆けつけてくれた。堤は中3でジュニア五輪優勝。高校記録も樹立し、インターハイもV。国士大時代には日本インカレ4連覇を果たしている。 その後は日本人3人目の60m超えを果たし、日本記録を3度樹立。33歳で迎えた今年の日本選手権で通算10度目の優勝を成し遂げた。初出場した2008年から、一度も入賞を外さず14年連続で表彰台に立っている。7月のアジア選手権にも出場して5位入賞した。 堤は長時間にわたって説教を受けたことや、技術のことで討論したことなど父との思い出を綴る。そのエピソードは厳しくも愛情たっぷりに育てられたことがわかるものばかり。そんな父を「とにかく真面目で妥協せず、頑固で意見を曲げず、何よりも情熱に溢れ、その情熱を円盤投と投てき競技に注いだ指導者」と表現した。 約4年前に肺がんが発覚し、抗がん剤治療を続けてきたというが、今年4月21日に他界。同23日には兵庫リレーカーニバル出場のため通夜には参加せず、告別式のみ出席した。 実は6月の日本選手権の取材エリアでこのことを数人の記者に明かしていたが、「シーズンが終わるまで他の選手に気を使わせたくないので書かないでいただけますか」と話していたのも堤らしい。その時は「兵庫リレーでも、スタンドのいつもの場所に父がいないのが寂しい」と心境を語っていた。 堤は「まだ他に僕のことを応援してくれる方々のためにも、頑張っていきたいと思います」と、父と同じように競技への情熱を持ち続けていくことを誓っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top