HOME 高校

2023.11.03

相洋が1区から首位を守り3年ぶり2回目の優勝 女子は昨年全国5位の白鵬女が3連覇/神奈川県高校駅伝

全国高校駅伝の出場権を懸けた神奈川県高校駅伝は11月3日、横浜市の日産フィールド小机及び付設ハーフマラソンコースで行われた。男子(7区間42.195km)は、相洋が2時間11分13秒で3年ぶり2回目のV。女子(5区間21.0975km)は、昨年の全国大会5位だった白鵬女が1時間11分29秒で3年連続15回目の優勝を果たした。

男子の相洋は1区から首位を守って、3年ぶり2回目の全国切符を手にした。1区(10.39km)の秋山流星(2年)が32分21秒、2区(2.856km)の小松和久也(2年)が8分31秒でいずれも区間賞を獲得。2位に14秒リードする。3区終了時で、2位に浮上した川崎橘に9秒差まで迫られたが、4区(7.89km)に起用された1年生の上出陸仁が、24分44秒の区間賞でリードを35秒まで拡大。7区(5.25km)の馬場航汰(3年)も区間賞(16分16秒)でフィニッシュした。川崎橘は59秒差の2位だった。

女子の白鵬女は、1区こそトップと5秒差の2位発進だったが、2区(3.916km)で勝呂遥香(2年)が12分56秒の区間賞で逆転し、36秒リード。そのままトップを守り、5区(5.25km)を務めたインターハイ1500m2位のジェシンタ・ニョカビ(2年)が、区間賞(17分26秒)で締めくくった。全国大会は3年連続16回目の出場となる。2位は2分22秒差で東海大相模。インターハイ3000m5位の近藤希美(3年)が、1区(6.2195km)を20分39秒で制した。

神奈川県高校駅伝の各区間は前回大会から変更され、区間記録もリセットされている。同じ設定で行われた今大会は、男子で3区を除く6区間で、女子は2区と5区の2区間で区間新記録が生まれた。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝の出場権を懸けた神奈川県高校駅伝は11月3日、横浜市の日産フィールド小机及び付設ハーフマラソンコースで行われた。男子(7区間42.195km)は、相洋が2時間11分13秒で3年ぶり2回目のV。女子(5区間21.0975km)は、昨年の全国大会5位だった白鵬女が1時間11分29秒で3年連続15回目の優勝を果たした。 男子の相洋は1区から首位を守って、3年ぶり2回目の全国切符を手にした。1区(10.39km)の秋山流星(2年)が32分21秒、2区(2.856km)の小松和久也(2年)が8分31秒でいずれも区間賞を獲得。2位に14秒リードする。3区終了時で、2位に浮上した川崎橘に9秒差まで迫られたが、4区(7.89km)に起用された1年生の上出陸仁が、24分44秒の区間賞でリードを35秒まで拡大。7区(5.25km)の馬場航汰(3年)も区間賞(16分16秒)でフィニッシュした。川崎橘は59秒差の2位だった。 女子の白鵬女は、1区こそトップと5秒差の2位発進だったが、2区(3.916km)で勝呂遥香(2年)が12分56秒の区間賞で逆転し、36秒リード。そのままトップを守り、5区(5.25km)を務めたインターハイ1500m2位のジェシンタ・ニョカビ(2年)が、区間賞(17分26秒)で締めくくった。全国大会は3年連続16回目の出場となる。2位は2分22秒差で東海大相模。インターハイ3000m5位の近藤希美(3年)が、1区(6.2195km)を20分39秒で制した。 神奈川県高校駅伝の各区間は前回大会から変更され、区間記録もリセットされている。同じ設定で行われた今大会は、男子で3区を除く6区間で、女子は2区と5区の2区間で区間新記録が生まれた。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top