HOME 国内

2023.10.21

田中希実1000m「タイムより勝負」で連覇達成!シーズン締めくくりオフは「気の向くままに」賞金100万円は自身のプロジェクト費用に/MDC
田中希実1000m「タイムより勝負」で連覇達成!シーズン締めくくりオフは「気の向くままに」賞金100万円は自身のプロジェクト費用に/MDC

レース後ファンと触れ合う田中希実

◇Middle Distance Circuit(10月20、21日/東京・駒沢陸上競技場)2日目

日本グランプリシリーズG3のMiddle Distance Circuitの2日目に行われたGP女子1000mで田中希実(New Balance)が2分39秒49で連覇を達成し、優勝賞金100万円を手にした。

前日の800mの際に右膝に違和感もあったと話していたが、リカバリーして「いい感じに筋肉がほぐれてぶり返さなかった」と出場を決めた。1000mについては「タイムより勝つことが大事。疲労もあって身体も思うように動かなかったですが、その中でも勝てたのが収穫」。木村友香(積水化学)が追いすがったが、しっかり抑えて逃げ切った。

「ラスト500mから仕掛けましたが、そこからさらに200mでスパートができないと世界では通用しない。そこは最後までこだわり抜く姿勢を見せたかった。苦しさに負けずに走り切れました」

賞金100万円の使い道を聞かれ、自身が立ち上げた次世代向けのプロジェクト「NON STOP PROJECT」の来季以降の活動資金に充てたいと話す。これで今季はラストレースとなり、「11月いっぱいは休養に充てたい」。その間は「いろいろなイベントを楽しむことと、自分の気の向くままに好きなことができたり、いろんな人に会ったり、楽しむ余裕ができると思います」と笑顔を浮かべる。

その視線の先には、2024年のパリ五輪がある。「今年は世界の仲間入りを果たせたと思えたので、今シーズン残せたことを昇華させたい」と語った。

◇Middle Distance Circuit(10月20、21日/東京・駒沢陸上競技場)2日目 日本グランプリシリーズG3のMiddle Distance Circuitの2日目に行われたGP女子1000mで田中希実(New Balance)が2分39秒49で連覇を達成し、優勝賞金100万円を手にした。 前日の800mの際に右膝に違和感もあったと話していたが、リカバリーして「いい感じに筋肉がほぐれてぶり返さなかった」と出場を決めた。1000mについては「タイムより勝つことが大事。疲労もあって身体も思うように動かなかったですが、その中でも勝てたのが収穫」。木村友香(積水化学)が追いすがったが、しっかり抑えて逃げ切った。 「ラスト500mから仕掛けましたが、そこからさらに200mでスパートができないと世界では通用しない。そこは最後までこだわり抜く姿勢を見せたかった。苦しさに負けずに走り切れました」 賞金100万円の使い道を聞かれ、自身が立ち上げた次世代向けのプロジェクト「NON STOP PROJECT」の来季以降の活動資金に充てたいと話す。これで今季はラストレースとなり、「11月いっぱいは休養に充てたい」。その間は「いろいろなイベントを楽しむことと、自分の気の向くままに好きなことができたり、いろんな人に会ったり、楽しむ余裕ができると思います」と笑顔を浮かべる。 その視線の先には、2024年のパリ五輪がある。「今年は世界の仲間入りを果たせたと思えたので、今シーズン残せたことを昇華させたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top