HOME 高校

2023.10.21

ドルーリー朱瑛里がU18女子800mで自己新V!「昨年より成長できています」/U18・16大会
ドルーリー朱瑛里がU18女子800mで自己新V!「昨年より成長できています」/U18・16大会

23年U18大会女子800mを制したドルーリー朱瑛里

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日日が行われ、U18女子800mはドルーリー朱瑛里(津山高1岡山)が2分07秒77で制した。

インターハイ3位の実績を持つ亀井咲里(東大阪大敬愛高3大阪)が序盤から引っ張る展開。400mを62秒で通過し、ドルーリーはその真後ろにピタリとつける。

レースが動いたのは残り100m。亀井とドルーリーの一騎打ちとなり、スパートをかけるもなかなかその差が縮まらない。残り15mでドルーリーがやや前に出て、そのまま差し切った。

フィニッシュタイムの2分07秒77は高1歴代8位となる自己新。「亀井選手はインターハイでも一緒に走って負けているあこがれの存在。自己新で勝ててうれしいです」と喜んだ。

ドルーリーは昨年の全中1500m、U16大会1000mを制し、今季はインターハイ1500mで田中希実(西脇工高・兵庫/現・New Balance)の持つ高1最高記録を8年ぶりに更新する高校歴代5位の4分15秒50で日本人トップの3位に入っていた。

中学3年時だった昨年のこの大会はU16の1000mに出場して大会新V。出場区分や種目は違うものの、秋の全国大会で2年連続の頂点に立った。

今シーズンを振り返り、「いろいろな大会に出て、昨年よりまた1つ成長できています」とドルーリー。今後は駅伝シーズンに入るが、「持ち味であるスピードを生かしていきたい」と再びの激走を見せるつもりだ。

直前のU16女子1000mでは全中1500m覇者の黒田六花(京山中3岡山)が2分48秒49で優勝。昨年のドルーリーに続き、岡山県勢が制した。

「昨年まではドルーリーさんの後ろを常に走っていました。いつまでもあこがれていては勝てないので、いつか追いつけるように頑張ります」と、高校では尊敬する先輩との再戦を心待ちにしている様子だった。

黒田は3000m障害でインターハイ優勝の実績を持つ黒田将由さんを父に持ち、2人の兄はそれぞれ同種目で活躍する黒田朝日(青学大)、黒田然(玉野光南高3)という陸上一家だ。

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日日が行われ、U18女子800mはドルーリー朱瑛里(津山高1岡山)が2分07秒77で制した。 インターハイ3位の実績を持つ亀井咲里(東大阪大敬愛高3大阪)が序盤から引っ張る展開。400mを62秒で通過し、ドルーリーはその真後ろにピタリとつける。 レースが動いたのは残り100m。亀井とドルーリーの一騎打ちとなり、スパートをかけるもなかなかその差が縮まらない。残り15mでドルーリーがやや前に出て、そのまま差し切った。 フィニッシュタイムの2分07秒77は高1歴代8位となる自己新。「亀井選手はインターハイでも一緒に走って負けているあこがれの存在。自己新で勝ててうれしいです」と喜んだ。 ドルーリーは昨年の全中1500m、U16大会1000mを制し、今季はインターハイ1500mで田中希実(西脇工高・兵庫/現・New Balance)の持つ高1最高記録を8年ぶりに更新する高校歴代5位の4分15秒50で日本人トップの3位に入っていた。 中学3年時だった昨年のこの大会はU16の1000mに出場して大会新V。出場区分や種目は違うものの、秋の全国大会で2年連続の頂点に立った。 今シーズンを振り返り、「いろいろな大会に出て、昨年よりまた1つ成長できています」とドルーリー。今後は駅伝シーズンに入るが、「持ち味であるスピードを生かしていきたい」と再びの激走を見せるつもりだ。 直前のU16女子1000mでは全中1500m覇者の黒田六花(京山中3岡山)が2分48秒49で優勝。昨年のドルーリーに続き、岡山県勢が制した。 「昨年まではドルーリーさんの後ろを常に走っていました。いつまでもあこがれていては勝てないので、いつか追いつけるように頑張ります」と、高校では尊敬する先輩との再戦を心待ちにしている様子だった。 黒田は3000m障害でインターハイ優勝の実績を持つ黒田将由さんを父に持ち、2人の兄はそれぞれ同種目で活躍する黒田朝日(青学大)、黒田然(玉野光南高3)という陸上一家だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top