HOME 国内

2023.10.13

日本記録保持者・鈴木健吾「強い思いを持って」最速の男が「最強」の称号狙う/MGC
日本記録保持者・鈴木健吾「強い思いを持って」最速の男が「最強」の称号狙う/MGC

日本記録保持者としてMGCに臨む鈴木健吾

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。

「1位か2位」。2度目のMGCに挑む鈴木健吾(富士通)は、そうフリップに抱負を書いた。

4年前とは、立場が一変した。前回は、最後の最後でMGC出場権を獲得し、本番は「爪痕を残す」ことがメインだった。その中で、第2集団を引っ張ったり、終盤の優勝争いで仕掛けたりと、確かな爪痕を残している。

だが、今回は日本記録(2時間4分56秒)とパフォーマンス歴代2位(2時間5分28秒)を持つ、日本最速ランナーとして臨むことになる。

加えて、昨年のオレゴン世界選手権を新型コロナウイルス陽性のため欠場したことを皮切りに、ケガを繰り返す負の連鎖に陥った。直前まで充実のトレーニングを積んできただけに、その積み上げが失われたこと、そして何より「走ることが好き」なのに走れない日々に、「モヤモヤがずっと続いていた」と振り返る。

それでも、6月の函館ハーフで1年3ヵ月ぶりのレースに出場(1時間2分46秒で7位)し、ようやくMGCに集中できるようになった。「何を強化というよりは、生活、練習すべてにおいてMGCのためにやってきました」と鈴木。その成果を2度目のMGCでどう発揮するか。

「走ってみないとわからない部分はありますが、チャレンジしたい。前回のMGCのあと、次はパリを走りたいと思った。それを実現させるため、当日は強い思いを持ってしっかりと走りたい」

一昨年12月の結婚した一山麻緒(資生堂)とともに日本人トップを占めた昨年3月の東京マラソンなど、短時間の準備でも、大舞台で力を発揮してきた実績がある。中盤からの飛び出し、ロングスパートなどで優勝や日本人トップを勝ち取ってきた経験もある。

日本最速と「最強」の称号を目指し、国立競技場のスタートラインに立つ。

スタートは午前8時。TBS系列で生中継される予定。

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。 「1位か2位」。2度目のMGCに挑む鈴木健吾(富士通)は、そうフリップに抱負を書いた。 4年前とは、立場が一変した。前回は、最後の最後でMGC出場権を獲得し、本番は「爪痕を残す」ことがメインだった。その中で、第2集団を引っ張ったり、終盤の優勝争いで仕掛けたりと、確かな爪痕を残している。 だが、今回は日本記録(2時間4分56秒)とパフォーマンス歴代2位(2時間5分28秒)を持つ、日本最速ランナーとして臨むことになる。 加えて、昨年のオレゴン世界選手権を新型コロナウイルス陽性のため欠場したことを皮切りに、ケガを繰り返す負の連鎖に陥った。直前まで充実のトレーニングを積んできただけに、その積み上げが失われたこと、そして何より「走ることが好き」なのに走れない日々に、「モヤモヤがずっと続いていた」と振り返る。 それでも、6月の函館ハーフで1年3ヵ月ぶりのレースに出場(1時間2分46秒で7位)し、ようやくMGCに集中できるようになった。「何を強化というよりは、生活、練習すべてにおいてMGCのためにやってきました」と鈴木。その成果を2度目のMGCでどう発揮するか。 「走ってみないとわからない部分はありますが、チャレンジしたい。前回のMGCのあと、次はパリを走りたいと思った。それを実現させるため、当日は強い思いを持ってしっかりと走りたい」 一昨年12月の結婚した一山麻緒(資生堂)とともに日本人トップを占めた昨年3月の東京マラソンなど、短時間の準備でも、大舞台で力を発揮してきた実績がある。中盤からの飛び出し、ロングスパートなどで優勝や日本人トップを勝ち取ってきた経験もある。 日本最速と「最強」の称号を目指し、国立競技場のスタートラインに立つ。 スタートは午前8時。TBS系列で生中継される予定。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top